【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】のキャストとあらすじ!篠原涼子が市議会で大暴れ

2017年10月期のフジ月9は、【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】に決定!

主演は、篠原涼子さん。

学歴・資格なしの主婦が、“高額収入=家族の幸せ”を求めて市議会議員に立候補。持ち前の正義感を生かして、女性・主婦目線で、行政の闇をぶった斬るというストーリーです。

高橋一生さん、石田ゆり子さん、田中圭さん、千葉雄大さん、余貴美子さん、古田新太さんなど豪華キャストが脇を固めているので、おもしろいドラマになりそうですね。

今回は、月9ドラマ【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】の基本情報、キャスト、あらすじ、みどころについて。

スポンサーリンク

【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】の基本情報

放送時間 毎週月曜よる9時~
脚 本 黒沢久子(『東京女子図鑑』『お父さんと伊藤さん』『キャタピラー』ほか)
プロデュース 草ヶ谷大輔
演出 金井紘、石井祐介
制作著作 フジテレビ
放送網 フジテレビ系

【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】のキャスト

篠原涼子(役:佐藤智子)

登場人物

佐藤智子…フリーターの夫と保育園児の家族3人でアパート暮らし。両親の失踪で自暴自棄になり高校を中退。資格なし。真面目な性格が災いし、会社に逆らって職場をクビになる。“高額報酬=家族の幸せ”を求めて市議会議員に立候補するが…。

キャスト

篠原涼子…1973年生まれ。1990年東京パフォーマンスドールのメンバーとしてデビュー。主演大ヒットドラマに『ハケンの品格』『アンフェア』『ラスト・シンデレラ』『anego~アネゴ~』など。

高橋一生(役:藤堂誠)

登場人物

藤堂 誠…選挙戦で議席を争う智子のライバル。代々続く政治家一家の次男で、市政のプリンス。ゆくゆくは総理大臣も夢じゃない環境に育ちながらも、政治家になりたくないと葛藤するうちに誰も知らない裏の顔を持つように…。

キャスト

高橋一生…1980年生まれ。子役で映画デビューした後、人気ドラマに多数出演していたが、2016年『僕のヤバい妻』『民王』、2017年『カルテット』で大ブレイク。

石田ゆり子(役:平田和美)

登場人物

平田和美…智子のママ友。一流大学卒業後、新聞社の政治部記者になるという“できる女”だったが、40歳で出産。育休後に会社に戻ると、事務職へ配属されてしまう。市議会議員に立候補する智子を応援する。

キャスト

石田ゆり子…1969年生まれ。上品でかわいらしい雰囲気がデビュー当時から変わらず、“奇跡のアラフィフ”といわれている。女優・石田ひかりは実の妹。2016年の『逃げるは恥だが役に立つ』で再ブレイク。2017年は『クライシス』にも出演。

古田新太(役:犬崎和久)

犬崎和久…市議会のドンといわれる市議会議員。最大会派の犬崎派を形成している。議会や経済界に太いパイプを持つが、表だってリーダーにはならず陰でコントロールする。

古田新太…1965年生まれ。劇団☆新感線の看板役者。テレビドラマ、映画、舞台での活動のほか、ラジオのパーソナリティ、声優など多方面で活躍。2017年は『僕たちがやりました』『下北沢ダイハード』などに出演。

前田敦子(役:小出未亜)

小出未亜…元グラビアアイドル。犬崎のすすめで市議会議員に立候補。SNSが得意。

前田敦子…1991年生まれ。2005年にAKB48の1期生としてデビュー。AKB48卒業後は女優として活動。2016年は『毒島ゆり子のせきらら日記』、2017年は『就活家族~きっと、うまくいく~』、映画『散歩する侵略者』に出演。

千葉雄大(役:岡本 遼)

岡本 遼…父親の借金で夜逃げ同然で去った町に“勝ち組”として返り咲き。必死に勉強して市議会議員になったため、智子の勉強不足にイライラする。

千葉雄大…1989年生まれ。ファッション誌専属モデルを経て、『天装戦隊ゴセイジャー』で俳優デビュー。『きょうは会社休みます。』『家売るオンナ』などの人気ドラマに多数出演。2017年は『ソースさんの恋』、ドラマ・映画『兄に愛されすぎて困ってます』、映画『Bros.マックスマン』『暗黒女子』『ReLIFE』『帝一の國』『亜人』に出演。

斎藤 司(トレンディエンジェル)(役:園田龍太郎)

園田龍太郎…智子と市議会選挙で争う。代々農家を営む園田家3人兄弟の長男。農家を継いでいたが、付近の農家には、自分たちの畑を守るために身内から毎期市議会議員を出馬させるという習わしがあり、龍太郎に白羽の矢が立つ。農家に有利な条例を作ることを公約を掲げて立候補するが…。

斎藤 司…お笑いコンビ「トレンディエンジェル」のボケ担当。2017年は『黒革の手帖』第1話に本人役でゲスト出演した。

余 貴美子(役:河原田晶子)

河原田晶子…市長。クリーンなイメージとアメリカ仕込みのディベートのうまさ、洗練された魅力で圧倒的な人気を誇る。犬崎とは対決し、あらゆる利権の撲滅に注力する。

余貴美子…自由劇場、東京壱組という劇団を経て、テレビドラマや映画で活躍。2008年「おくりびと」、2009年「ディア・ドクター」で2年連続日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。ヒューマンドラマからサスペンスまで主演・助演を問わず、情感あふれる演技で魅せる大女優。2017年は、『そして誰もいなくなった』『眩~北斎の娘』などに出演。

田中 圭(役:佐藤公平)

佐藤公平…智子の夫。ひと目惚れから智子に猛アタックして結婚。イクメン・パパとして智子を全面バックアップする。

田中 圭…1984年生まれ。「WATER BOYS」で注目を浴びて以降さまざまなドラマや映画で活躍する塩顔イケメン。2017年は「東京タラレバ娘」「恋がヘタでも生きてます」「警視庁・捜査一課長2」「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?」と3期連続で連ドラ出演。24時間テレビのドラマスペシャル『時代をつくった男 阿久悠物語』にも出演。

キャストはほかに、 若旦那(役:若宮 寛)、細田善彦(役:望月 守)、大澄賢也(役:前田 康)が発表されています。詳しい情報が出次第更新していきます。

【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】のあらすじ

オリジナル作品となる本作で、今回篠原さんが演じる佐藤智子(さとう・ともこ)は夫と保育園に通う子ども1人の家族3人、アパートでごく平凡な生活を送ってきました。
智子は両親が次々と失踪し自暴自棄になり高校を中退してしまいました。その後、職を転々としながら、決して両親のようにはなるまいと真面目に生きてきたのです。
そして、バイト先で知り合った夫と結婚。それまでもフリーターの夫は転職を繰り返し、結局、智子がパートで家計を助けていたのです。
しかし、そんな智子も会社のルールに納得がいかず、逆らったため職場をクビになってしまいました。
40代、高校中退、資格なしで職が見つかるのか?・・・。

意気消沈する智子でしたが、ある時ワイドショーで取り上げていた市議会議員の汚職事件が気になり調べてみることに。
そこで目にしたのは市議会議員の高額報酬。
学歴も教養もない智子ですが、さらに調べていくと、あるデータが彼女を完全後押し!
なんと、実際に市区町村議員の当選確率は80%超というデータが(2010年NPO法人ドットジェイピー調べ)。全く政治経験のない新人にとって無謀な挑戦ではなかったのです。
猪突猛進する性格の智子は、“高額報酬=家族の幸せ”を求め市議会議員に立候補することを早くも決意します。
ママさん議員になるべく“就職活動“をスタートさせた智子。最初はポスター製作や演説原稿作成などに悪戦苦闘ながらも、夫やママ友の協力のもと市民目線で選挙戦を戦います。
キャッチコピーは
「しあわせになろうね!」。
政治になど全く興味を持っていなかった中卒の素人が、番狂わせを起こすことができるのでしょうか? 私利私欲にまみれた海千山千の候補者たちに翻弄されながらも一か八かの大勝負、“無所属の新人、佐藤智子候補“にとって運命の開票が始まります・・・。

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~公式サイトより

40代、資格なし、高校中退の智子(篠原涼子)が、なんと市議会議員に立候補!

高額報酬を求めて、家族の幸せのために奮闘します。

とはいっても、政治に関してはまったくの素人。

選挙戦のライバルは、地元農家から担ぎ出された園田(斎藤司・トレンディエンジェル)。斎藤さんってば、このポスターを見る限り、ハマりすぎの予感!

智子の政治家人生は、当選してからがスタート。

「おかしいことは、おかしい!」と信念を貫く実直な智子が、“市議会のドン”犬崎(古田新太)をはじめ、政界の魑魅魍魎どもや、さまざまな“民衆の敵”と戦っていくというストーリー。

政治を一般市民、そして女性目線でぶった斬る痛快劇というから、毎回スカッとさせてくれそうです。

【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】のみどころ

「現在、国内外問わず、女性政治家の活躍が目立ち、もはや女性の活躍は当然の時代になっています。常にエネルギッシュでたくましく、頼りがいがあってカッコいい。そんな彼女たちの活躍には共感も寄せられますが、アンチが多いことも事実です。しかし、それは彼女たちが、どこか目が離せない存在だからではないでしょうか。主人公・智子も、そんなカリスマ性を持つ女性です。彼女は自分の幸せのため、軽い気持ちで市議会議員になりますが、持ち前の曲げられない意志の強さで社会全体の幸せのために突き進んでいきます。常に庶民目線で主婦感覚の彼女の姿は、幅広い視聴者の皆様から共感と支持を得られると確信しています。
 また、このドラマは平凡な主婦が政界のエリートや権力者に打ち勝っていく下克上ドラマでもあります。取り込みや裏切りが当たり前の世界で、次々と新しいキャラクターが智子の前に立ちはだかります。篠原涼子さん・高橋一生さん・石田ゆり子さんをはじめとする豪華キャストの方々の演技対決にもぜひともご注目下さい!」

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~公式サイトより

市議会を取り巻く2大対決が見モノ!?

普通の主婦・智子(篠原涼子)VS 政界のサラブレッド・藤堂(高橋一生)

クリーンな市長・晶子(余貴美子)VS 市議会のドン・犬崎(古田新太)

正反対のキャラクター同士の対決は、このキャストを見ても絶対おもしろいハズ。

代々政治家という環境で育ちながらも、家に敷かれたレールからはみ出すことができずに闇を抱えているという藤堂を高橋一生さんがどう演じるのかもとても楽しみです。

個性豊かな同期議員たち

グラドル出身で犬崎の息のかかった未亜(前田敦子)は、SNSが得意というイマドキのキャラクター。ツッコミどころがたくさんありそう。

苦労人で勉強家の岡本(千葉雄大)は、勉強不足の智子に毎回いいツッコミを入れてくれると期待しています。

智子の味方

市議会議員になる智子を全力で応援するイクメン・佐藤(田中圭)との家族愛、智子のブレーンとして活躍するという“できる女”和美(石田ゆり子)との友情も描かれることでしょう。

智子の決め台詞は?

戦う主人公系のドラマではお約束の決め台詞。【民衆の敵】には何かあるでしょうか?

タイトルにある「世の中、おかしくないですか!?」なのか、ドラマのイントロダクションにあった「おかしい事はおかしい!」なのか、選挙戦で掲げた「しあわせになろうよ」か。

はたまたもっとエッジのきいた決め台詞が飛び出すのか…。勝手に大きく期待しています!

【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】の視聴率予想

これまで篠原涼子さん主演の連続ドラマはいくつも高視聴率をあげています。

  • 「アットホーム・ダッド」(2004)・・・・・・・・平均視聴率16.9%
  • 「anego~アネゴ~」(2005)・・・・・・・・・・・平均視聴率15.6%
  • 「アンフェア」(2006)・・・・・・・・・・・・・平均視聴率15.4%
  • 「ハケンの品格」(2007)・・・・・・・・・・・・平均視聴率20.1%
  • 「黄金の豚 ー会計検査庁 特別調査課―」(2010)・平均視聴率13.6%
  • 「月の恋人~Moon Lovers~」(2010)・・・・・・平均視聴率16.8%
  • 「ラスト・シンデレラ」(2013)・・・・・・・・・平均視聴率15.2%
  • 「オトナ女子」(2015)・・・・・・・・・・・・・平均視聴率8.74%

最近の「オトナ女子」の視聴率が伸び悩んだのは気になりますが、今回は、普通の主婦が篠原涼子さんが市議会議員となり下剋上!という内容なので、「パンチのきいた篠原涼子、待ってました!」となれば、高視聴率が望めそうです。

夏ドラマの「コードブルー」が月9の勢いを取り戻したところに、【民衆の敵】は高橋一生さんや石田ゆり子さんなどキャストも豪華なので15%はいくのではないかと予想します。

【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】の主題歌

【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】の主題歌は、まだ発表されていません。

歌手でもある篠原涼子さんが主演ドラマの主題歌を担当したことはないようなので、今回も篠原さんが歌うことはなさそうです。

「湘南乃風」の若旦那がドラマに出演するので、「湘南乃風」が担当する可能性はあると思います。

主題歌が発表され次第、情報を更新します。

【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】のまとめ

普通の主婦が議員となって民衆の敵と戦い、市議会の闇をぶった斬るという、篠原涼子さん主演の痛快な下剋上ドラマ。

篠原涼子さんをはじめ、高橋一生さん、石田ゆり子さん、千葉雄大さんなど旬真っ盛りの豪華キャストが魅力なのはもちろんですが、主婦や女性目線で日頃から「おかしいんじゃないの?」と思われているテーマが取り上げられれば、広く共感と議論を呼ぶ、新感覚の社会派ドラマになりそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報が出次第、更新してまいります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク