ドラマ【過保護のカホコ】全話視聴率と最終回ネタバレ!過保護に育った箱入り娘が家族を救う

日本テレビ系の2017年水曜夏ドラマ「過保護のカホコ」が7/12に始まりました。
主演は演技力に定評のある高畑充希さん、脚本は「家政婦のミタ」などでおなじみの遊川和彦さんです。

何不自由なく親の庇護のもと育った超箱入り娘のカホコが少しずつ成長し家族の持つ問題を解決するというホームドラマです。

今回はドラマ「過保護のカホコ」の全話視聴率と最終回ネタバレについて書いています。

スポンサーリンク

ドラマ「過保護のカホコ」の全話視聴率

ドラマ【過保護のカホコ】の視聴率は、毎週木曜日に更新予定です。

 ドラマ【過保護のカホコ】1話の視聴率とあらすじ

ドラマ【過保護のカホコ】1話の視聴率は、11.6%! 

初回としては順調な視聴率ですね。カホコの演技がオーバーと言う意見もありますがドラマとしてはちょうど良いのではないでしょうか?

【過保護のカホコ】1話あらすじと視聴率!史上最高の箱入り娘が見つけた働く意味とは?
7/12(水)にスタートした日本テレビの新ドラマ【過保護のカホコ】 史上最高の箱入り娘である主人公が家族の問題を解決していくと…

 ドラマ【過保護のカホコ】2話の視聴率とあらすじ

ドラマ【過保護のカホコ】2話の視聴率は、10.8%! 

初回より0.8ポイント下げましたが、それでも2桁。順調な滑り出しですね。

【過保護のカホコ】2話あらすじと視聴率!カホコの頭の中でグルグル回っている言葉とは?
【過保護のカホコ】2話の視聴率 【過保護のカホコ】2話の視聴率は10.8%。 前回よりも0.8ポイント下回りましたが、それでも2…

 ドラマ【過保護のカホコ】3話の視聴率とあらすじ

ドラマ【過保護のカホコ】3話の視聴率は、12.0%! 

前回より1.2ポイントアップ。カホコが切れるシーンの予告が良かったかも?

【過保護のカホコ】3話あらすじと視聴率!カホコ、はじめての反抗期とはじめての告白!
【過保護のカホコ】3話の視聴率 【過保護のカホコ】3話の視聴率は12.0%でした。 今回は初回を上回る高視聴率でしたね。予告の段…

 ドラマ【過保護のカホコ】4話の視聴率とあらすじ

ドラマ【過保護のカホコ】4話の視聴率は、11.1%! 

0.9ポイントダウンも2桁視聴率はキープ。4話連続2桁は立派ですね。

【過保護のカホコ】4話あらすじと視聴率!はじめての失恋からカホコが得たものとは?
【過保護のカホコ】4話の視聴率 【過保護のカホコ】4話の視聴率は11.1%。 前回よりも0.9ポイント減少しました。ここまで初回…

 ドラマ【過保護のカホコ】5話の視聴率とあらすじ

ドラマ【過保護のカホコ】5話の視聴率は、12.1%! 

ここまでで最高視聴率。高畑充希の演技力の評判が良いですね。

【過保護のカホコ】5話あらすじと視聴率!麦野の絵具の秘密とは?カホコは親離れ出来るのか?!
【過保護のカホコ】5話の視聴率 【過保護のカホコ】5話の視聴率は12.1%。 前回よりも1ポイントアップで自己最高視聴率となりま…

ドラマ【過保護のカホコ】6話の視聴率とあらすじ

ドラマ【過保護のカホコ】6話の視聴率は、10.9%! 

少し落ちましたね。話の展開が遅いのが影響しているのかもしれませんね。

【過保護のカホコ】6話あらすじと視聴率! カホコが麦野初に出した2つのお願いとは?
【過保護のカホコ】6話の視聴率 【過保護のカホコ】6話の視聴率は10.9%。 前回より1.2ポイントダウン。前回が過去最高だった…

ドラマ【過保護のカホコ】の最終回ネタバレ

ドラマ「過保護のカホコ」は遊川和彦脚本のオリジナルストーリーですので原作がありません。

そこで、これまでの展開と過去の遊川和彦さんの作品の傾向や公式サイトの情報などから最終回ネタバレ予想をしたいと思います。

公式サイトには次のように書かれています。

カホコの「自分探し」が始まり、毎回「こんなの初めて!」な経験を通して自分の中に眠っていた本当の”力”が、家族の問題を次々と解決していく痛快ホームドラマを目指します。

引用:公式サイト

カホコの中に眠っている本当の力と言うのは既に少しずつ出てきていますが、一度決めたらやり通す芯の強さではないでしょうか?

1話では麦野初(竹内涼真)に押し付けられたアルバイトを一生懸命こなし家族との誕生会をキャンセルするまで頑張りました。

従姉妹の糸(久保田紗友)の怪我のことも自分のこと以上に心配していました。

これまでは母親の泉(黒木瞳)が全てやってしまっていたのでカホコの中に眠っていましたが本当はやればできる強い信念をもっていて、それが本当の力なのでしょう。

また「家族の問題を次々に解決」というのは「家政婦のミタ」に似ていますね。「家政婦のミタ」は命令されれば何でもやる家政婦という設定でしたが一見メチャクチャに見える行為が結果的に家族のためになっているというものでした。

そして少しずつミタさんを理解してくれる人が増えていたのも特徴で同じ遊川和彦脚本のGTOとも共通する特徴だったと思います。

カホコも思い込んだから結構無茶をする性格なので無茶なことをしつつ周りを巻き込んでいき、結果的に家族を救っていくお話になるのではないでしょうか?

また、カホコの理解者も少しずつ増え始めていますね。祖母の初代(三田佳子)に麦野初。カホコの本当の力に気づいた人が味方になってくれているような気がします。

今カホコの周りでは様々な問題が起こっています。従姉妹の糸が怪我をして非行に走り両親ともうまく言っていません。

環(中島ひろ子)、衛(佐藤二郎)夫妻も衛のお酒を巡ってもめています。

叔母の教子(濱田マリ)はパソコン教室開業をめぐって借金を背負っています。

最終回までには当然これらの問題は全て解決すると思いますが、おそらく最終回で解決する問題は麦野の母親ではないでしょうか?

お金がないのに子供のために絵の具を買ってくれた母親が大切な子供を置いておにぎりだけを残していなくなるのは何か重要な訳があるような気がします。

麦野が母親と再開して和解しカホコが人を幸せにできる仕事につくというのが最終回になるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク