【ひよっこ】第110話のあらすじと視聴率、感想!宮本信子のみね子にかける言葉が沁みる!

朝ドラ【ひよっこ】第19週・第110話(8月8日火曜日)のあらすじと視聴率!

前回は“奥茨城母の会”で泣かせる回でした。世津子の手紙もネットで話題に!

父と娘の暮らしがあかね荘で始まり1週間、田植えの季節になりました。

有村架純さん主演、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」第19週「ただいま。おかえり」第110話が8月8日火曜日に放送されました。

今回は「ひよっこ」第110話の視聴率、ネタバレあらすじ、みんなの感想、感想をまとめます。

朝ドラ【ひよっこ】第19週・第109話(8月7日月曜日)のあらすじと視聴率! 前回はあかね荘の歓迎会で明るくなったと話題! 母…
2017年春から放送となった連続テレビ小説【ひよっこ】。 東京オリンピックの時代、父が出稼ぎに行ったまま帰ってこなかったことを…
朝ドラ【ひよっこ】後編(7月~9月)の追加キャストとあらすじ! 朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」も4月スタートから早や…
スポンサーリンク

【ひよっこ】第110話(8/8放送)の視聴率

110話視聴率は23.7%!

自己最高更新です!勢いが止まりません。(ビデオリサーチ、関東地区)

朝ドラ【ひよっこ】の全話視聴率と最終回ネタバレ、あらすじ! 2017年前期(4月~9月)のNHK朝ドラヒロインは有村架…

【ひよっこ】第110話(8/8放送)のあらすじ

みね子(有村さん)は実(沢村一樹さん)に、“記憶をなくす前の父”がどんな人だったのか、ゆっくり時間をかけて伝える。建築現場で働いていたこと。靴を買ってもらったこと。

しかし父親としての谷田部実しか私は知らない、生まれてからの今までの谷田部実は祖父や叔父、男としての谷田部実は母に聞いてほしいと伝える。話を聞いて「みね子ちゃん、いや、みね子、奥茨城に帰ってみようかな」と言う実。

ねうたの愛子、ね踊りの富で盛り上がるあかね荘。そこへみね子が浮かない表情でくる。みね子は父のことを喜び半分で話した。自分も一緒に帰ることを決意するが、人手不足のすずふり亭を思って休めないから悩んでいた。愛子は鈴子に相談してみればと助言する。

すずふり亭にて。鈴子に顔色を読まれる。「何でもない」そう言ってキッチンへ逃げていくが、鈴子が入ってきて聞き出す。

鈴子「あんたは大事な戦力、休まれたら大変、だけど、あんたの人生にとって大事なことでしょ。ちゃんと一緒に帰って、お父さんがそこでうまく生きていけるかどうか、見届けておいで。」

省吾「おまえがいなかったら、みんな大変だけど、大切な仲間だから、みんなそれは頑張れる。だから大丈夫だ。な!」

元治「行っておいで!」

ヒデも笑顔でうなずく。

善は急げ!鈴子は今から帰るようすすめる。みね子は部屋に走り実に叫ぶ、「お父ちゃん帰ろう!」

【ひよっこ】第110話(8/8放送)のみんなの感想

【ひよっこ】第110話(8/8放送)の感想

帰省前夜の回でした。

予告で奥茨城にもどるとわかってはいてもこの流れにほっこり。

どうして? 順にみていきます…

谷田部実とは!

谷田部実を父親としてしか知らないというみね子の話し。とても楽しくみね子は話すので、ほかの面も知りたいと思わせてくれます。

ほっぺをはさむシーンも再現。そんなことされて嬉しいのかって、実さんあなたがしたんじゃないかとテレビの前でツッコミました。

みね子がいうように年頃の娘にするもんじゃない。でも、島谷さんが中庭で同じようにやっていました。そのときは父のこと忘れていたし、みね子も思い出す感じではなかったけれど、筆者が島谷再登場を願っているからか思わぬリンクに驚きました。

父と娘、彼氏と彼女、触れ合いたいし、たぬきのように(?)ふっくら顔のみね子(東京編で痩せたけれど)、ほっぺをつぶしたい?

あかね荘のねうた、ね踊り!

あかね荘の笑いも癒されます。愛子さんがきて富さんが輪に入ってくるようになりましたね。

ね踊りに早苗さんがつっこむのが気持ちがいい。認知症、徘徊の始まりでは?と自分も心配しました。

鈴子は経営者の鑑!

鈴子さん、省吾さんの台詞が印象的で、鈴子さんの考えに絶賛する視聴者が多いです。

休みをとること。特に飲食業なんて大変です! すずふり亭はシフト組んでなさそうだし。それでも鈴子と省吾の言葉があたたかくて優しさにあふれていて!

”人生には仕事より大事なことがある。”

仕事は人生そのものという考えがあります。「365日24時間死ぬまで働け」「営業12時間の内にメシを食える店長は二流だ 」という発言をする経営者もいます。

しかし、生きること以上の仕事はない、と過労自殺の遺族が語っていたことも思い出されます。

鈴子さんは過労で亡くしたお嫁さんがいたわけで、時間内でお金をもらって取り組む大切さや生きることの方が大事だと知っています。

といっても、鈴子さんが過労で倒れないかと心配です。年齢的にしんどいのでは?

ああ、それでも行かせる覚悟、日本の会社も見習ってほしいところ。

「お父さんがそこでうまく生きていけるかどうか」を見届けてという鈴子さんの台詞は、戻っても上手くいかない場合があるわけで、だからこそ大事なのです。

その気遣いも心に沁みます。

また愛子さんが指摘したようあに「帰る」と実さんはいっていました。帰る場所で記憶は戻るのか、あるいは関係はつくれるのでしょうか。

いよいよ奥茨城編再スタート!娘・息子との再会、弟の再会にまた視聴者は泣かされそうですが、楽しみです。

スポンサーリンク