ドラマ【ファイブ】5話のあらすじと感想! 佐藤流司と浅川梨奈の初キスにキュン死続出!

ドラマ【ファイブ】5話のあらすじと感想!

FOD(フジテレビオンデマンド)先行配信、地上波フジテレビ:7/31(月)深夜に第5話が放送されました。※FODにて見逃し配信あり!

佐藤流司さん主演で人気マンガ実写化!

ヒロインに「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈(なな)さん。

特Aクラスに所属する男子の「メンズ5」VS転校生のメガネ少女!!

学園バトル&ラブコメディで話題沸騰中!

スポンサーリンク

ドラマ「ファイブ」5話のあらすじ

第5話「校外学習旅行 熱海編

特Aクラスで「校外学習旅行のおしらせ」のプリントが配られる。1泊2日の遠足だが、行き先は各班代表のくじ引きにより決定し、しかも候補地は世界各国だ。身の安全を確保するのも行事目的のひとつともなっていて、普通ではない学園とは言え、行き先がアラスカ、ブラジル、無人島!?のくじを引いてしまい落胆して戻ってくる各班の代表たち。くじ引きを終えて戻ってきた拓依が手にしていた行き先のカードは、熱海!!
一行は、いざ熱海へ。

熱海には生徒会執行部もきていた。会長がずるして選んだらしい。

フォトハンティングのゲームをすることに。

【ルール】

1.箱の中の数字を引いてペアを組む

2.10か所すべてで記念撮影して一番早く戻ってきたペアが勝者

3.1位のペアは最下位のペアにひとつだけ命令ができる

くじが引かれ、ペアが決まった。

第1組:有沢ナオ(西井幸人)と岩淵拓依(松岡広大)

第2組:中込充(水田航生)と泰楽ジュン(黒羽麻璃央)

第3組:小諸佳那(加弥乃)と矢内小次郎(根岸拓哉)

第4組:山近亨・会長(戸谷公人)と麻生ひな・姫(浅川梨奈)

第5組:清水トシ(佐藤流司)と中込悦(岡本杏理)

ゲームはスタート…

ミス中込はトシに問いかける。「麻生さんがほかの人と一緒で不安にならないのですか」

トシはひめとは友人以上ではないと答える。「今まで本気で好きになったことがないんだ」

一方、トシを心配するひなに会長は「トシは大丈夫。洞窟でもあの日を思い出さなければ…」と意味深発言。暗闇が嫌いな理由を教えようとすると…

ひな「いいたくなったらあいつが言うし、他の人から聞くのはちがうと思うし」

拒否するひなは、中学の同級生・渓幸平/たにこうへい(阿部快征)と偶然再会。好きだった、今でも好きだ、と告白される。返事は今日の夜、待っていると言われ…。

旅館でそのことを聞いたメンズ5たちは絶対に危険だ、遊んでると思うのだが…、トシは「どうするか選ぶのは姫だよ。止める権利はない」と気にしていないそぶり。

夜、ひなは出かけていく。疑うことを知らないひな、そこがいいところだとメンズ5は思っていた。拓依と小次郎は風呂に行く。しかしトシはでかけない。みかねた泰楽は「トシ、コンビニでジュース買ってきてよ」と勝者の権利を使用。

トシが出かけると、拓依が渓を含む若者たちの話を立ち聞きしていた。遊び相手であり皆で共有すると話していた。トシと拓依が飛び込む!

トシ「止める理由見つけたんだよ。俺たちは姫の友達だ」

撃退するもバットを持って反撃するチンピラ。そのまえに小次郎が現れ、すべて叩きのめした、おみやげの刀で。

トシは来れなくなったらしいと姫に伝える。ひなは断るつもりだった。

花火があがった。きれいで複雑な気持ちが吹き飛んだが、トシにキスされた。

トシ「どう?もっと吹き飛んだ?(否定するひな)…そりゃ初めてじゃないもんな」

否定するひなはひとりコンビニへ行く。(初めだっつーの)

ドラマ「ファイブ」5話のみんなの感想

ドラマ「ファイブ」5話の感想

「キュン死」「やばい」というワードが多いツイッターでの視聴者の声!

若者人気が健在のようです。

直接、口を合わせるシーンすらなかったことには驚きでした。あれだけ花火のカットがきれいだったのに。

それでも批判されないというか安心されてしまうのは佐藤流司ファンとスパガでアイドルの浅川さんだからか?

バラエティ「ラストキス」の方が長いしハムハムと何度もディ―プなのですが…。視聴者はそこを求めていないわけですね。

男性として筆者がよかったポイントは暗闇が嫌いなトシの理由を、本人の口から聞きたいというスジを通したところです。

こんな純粋でまっすぐな女性がいるのかと思ってしまいます。今後トラウマが明かされ、乗り越えていくのでしょうがその点も楽しみです。

学際や修学旅行なんてお約束の学園ラブコメ満載ですが、それがいいところの「ファイブ」

若手イケメンの青田買いにも最適のドラマです。

※ドラマ「ファイブ」完全版と過去エピソードはFODにて!

FODプレミアム(31日間無料)新規入会受付中!

スポンサーリンク