【コード・ブルー 3rdシーズン】3話あらすじと視聴率!山Pが一人の少女の為悩む理由は?

月9ドラマ【コード・ブルー 3rdシーズン】第3話の視聴率・あらすじ・感想

スポンサーリンク

【コード・ブルー 3rdシーズン】3話の視聴率

【コード・ブルー 3rdシーズン】3話の視聴率は14.0%

下がってはきているものの、未だ好調をキープしています。

【コード・ブルー 3rdシーズン】3話のあらすじ

”命とその人が命よりも大事だと思っているもの。どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?“。藍沢耕作(山下智久)はあらためてこの問題に向き合っていた。

藍沢が脳外科医で出会った患者の天野奏(田鍋梨々花)は将来を期待される14歳の天才ピアニスト。しかし彼女の脳は腫瘍におかされていた。指先の動きなどを司る様々な中枢が入り込んでいる部分に腫瘍を抱えている。今手術をすれば奏の命は守られるが、ピアノを弾けなくなるというリスクが伴う。両親は早期の手術を望むが、拒否し続ける奏に現在の担当医、新海広紀(安藤政信)は頭を悩ませていた。

一方、救命には渓流で足を滑らせて転落した男性、緒方博嗣(丸山智己)が運び込まれる。こだわりの料理人として注目を集めている緒方だが、頸椎に脱臼骨折というダメージを受けていた。この状況下にあって自分が仕留めたイワナのことを心配する緒方に緋山美帆子(戸田恵梨香)は興味を持つ。

そんな中、森林公園で倒れていた男性救出のためドクターヘリ要請が入り白石恵(新垣結衣)らが救出に向かった。藍沢たちが病院で待機していると、白石からドクターヘリの機内に原因不明の汚染が発生したとの報告が入る。藍沢たちは初療室周辺とヘリポート、緊急外来を立ち入り禁止にするなど異例な事態に備える。藤川一男(浅利陽介)は身重の冴島はるか(比嘉愛未)も汚染されたヘリに同乗していることを思い出し、即座に走り出すのだった。

『命とその人が命よりも大切だと思っているもの、どちらかを選ばなければならない。中には命を捨ててでも大切なものを選びたいと望む人もいる。それでも医師は命を優先する』

藍沢が脳外科医で出会った患者の天才ピアニスト・天野奏(田鍋梨々花)は、手術をすればピアノが弾けなくなるかもしれない。

あっさりとピアノを選び、手術を拒んでいた。

救命救急にドクターヘリ要請が入り、白石・冴島・灰谷が向かう。

ヘリ内で患者が嘔吐。

吐瀉物を浴びた冴島は意識を失い、白石と灰谷もめまいや頭痛がしていた。

二人から症状を聞き出した藍沢は、毒物を特定。

自殺を図った患者・秋元は目を覚ましたが、冴島は意識がないままだった。

更に秋元が再び自殺を図り病院の渡り廊下から飛び降りた。

出血もありオペを中断するなどして、助けた。

冴島も意識を取り戻し、藤川はプロポーズ。

手を握り合い、幸せになることを誓った。

奏は、「弾けなくしないで」と悲しげにつぶやき手術の同意書を見て泣いてしまう。

「先生、私やっぱり怖い」

『命と命より大切だと思うものどちらかを選ばなければならないとき、医者は命を優先する。命さえあればいつか大切なものを失った時の辛さを乗り越えられると医者は信じているから』

白石「天野奏さん、やっぱり手術はしたくないってね。難しい選択だよね」

『けれど失うものがあまりにも大きい時は』

藍沢「彼女が普通の女の子だったらこんなに悩むことはなかった」

『医者はどうすればいいのだろう』

【コード・ブルー 3rdシーズン】3話の感想まとめ

冴島先生の意識が戻って本当に良かったです。

プロポーズも素敵でしたね。

「命よりも大切なもの」

藍沢先生だけでなく、このテーマについて考えさせられる人が多くいました。

天才ピアニスト・天野奏が今後もキーパーソンになっていきそうですね。

見逃してしまった方は、FODにて視聴できます。

【コード・ブルー 3rdシーズン】のキャストとあらすじ!山P×ガッキー月9の危機を救出?
2017年夏ドラマ月9【コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 3rd SEASON】。 7月に新シーズンが帰ってきました!! …
【コード・ブルー 3rdシーズン】の視聴率と最終回ネタバレ!山下智久がフジを緊急救命?
2017年夏の月9ドラマ【コード・ブルー ードクターヘリ緊急救命ーTHE THIRD SEASON】が7/17よりスタート。 …

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク