日曜劇場【ごめん、愛してる】4話のあらすじと視聴率!長瀬のリミットは?花火の演出が切ない

日曜劇場【ごめん、愛してる】第4話の視聴率・あらすじ・感想

スポンサーリンク

日曜劇場【ごめん、愛してる】4話の視聴率

日曜劇場【ごめん、愛してる】4話の視聴率は9.2%。

前回よりも下がった結果となりました。

なんとか再び10%以上のところまで持ち直してほしいものです。

日曜劇場【ごめん、愛してる】4話のあらすじ

サトルが音楽番組に出演することになり、そこで凜華は「付き人を辞めさせてもらいたい」と告げた。

「僕には凜華が必要なんだよ」と引き止められるが、「アメリカに留学したい」と言い「その後はどうするの?」と聞かれ答えはない。

話し合いをしているところに塔子が現れ、サトルはデートの約束を取り付ける。

凜華は先に一人で帰ることになり、律の待つ車へ。

「見てて辛いなら、見なくていいどこかへ行けばいい」と付き人を辞めてアメリカに行こうとしている凜華を見て、律はイライラ。

凜華もイライラしはじめ、車中の空気は悪くなった。

日本に来てもうすぐ一か月が経とうとしている律だが、体に異変はなく元気で医者の誤診だったのではないかと思い始める。

そんな時、凜華とサトルの熱愛報道の記事が週刊誌に載ってしまう。

麗子はサトルのイメージダウンに繋がることを心配し、またサトルは塔子に誤解されているのではと心配。

凜華がそばで聞いていることも気づかず、塔子に「凜華の事は何とも思っていない」と電話した。

麗子に付き人を辞めたいことを伝える凜華。

凜華が帰った後、サトルは麗子が辞めることを許したのが不思議だったが、凜華の気持ちに気付いていないサトルに耐えられなかったのだ、と麗子は話した。

律は若菜を手伝うため、料理をするが目の前がぼんやりとして見え手を怪我してしまう。

そして凜華がアメリカへ発つ日、律が送っていくことになるが、「アメリカに何があるんだ」と引き止める。

凜華「そばにいてほしいの?」

律「そうだよ。お前がいなくなると、俺は寂しい」

凜華「私が好きなのはサトルだし」

律「分かってる」

空港に到着し凜華を見送る律だったが、再び症状が出て頭を抱え込み倒れ込んでしまう。

突然のクラクションに驚いた凜華は車まで戻り、救急車を呼ぼうとするが律に止められ、若菜の家へと戻った。

横になった律を看病・子守歌を歌い、いつの間にか一緒に寝ていた。

そこへ若菜と魚が帰宅し、お互いの紹介をした。

律の事を「チャン」と呼ぶ凜華に、若菜は「チャンじゃないよ。りっくんだよ」と紙に「律」と書いた。

律「やっぱりアメリカに行くのか?」

凜華「行くよ。しつこいよ」

律「悪かったな」

凜華「明日は送らなくていいからね」

律「分かったよ」

凜華「ねぇ、今日みたいなのって結構あるの?」

律「いや」

凜華「お医者さん行ったほうが良いよ」

律は自分の容体が気になり、韓国の医師に電話をした。

翌日、ホットドッグを売る若菜の元に再び男が現れた。

拒む若菜を無理やり連れだそうとしていたところを凜華が目撃し、撃退した。

若菜の手当てをしてあげた凜華は、魚と三人で花火をしていた。

そこへ帰ってきた律が凜華を見て驚く。

律「アメリカ行くのやめたのか?」

凜華「んー。前に言ってたじゃん?捨て子だから誰かの役に立ちたいって。ここにいたら私でも役に立つんじゃないかなって」

律「行かなくていい。俺が死ぬまでここにいろ。人には運命がある。韓国で会ったのは偶然。日本でまた会えたのは運命」

冗談と言いつつも「あと三か月だけ…」そう律は呟いた。

四人で花火をすることになったが、律の花火だけが先に消えてしまう。

そして、新しい花火を取りに行った律からは鼻血が出てきていた…。

日曜劇場【ごめん、愛してる】4話の感想まとめ

律のセリフに…

『お前がいなくなると、俺は寂しい』

思わず「イケメンかよ!」とツッコんでしまいました。笑

キュンとさせられたセリフが多かったのでは?

残された時間は3か月!

「あと3か月だけ」

頭の中の時限爆弾が活動し始めてしまいました。

花火で命の儚さを演出?

最後の花火のシーンには「切ない」「泣ける」と多くの声がありました。

律の花火が誰よりも早く消え、儚い命を思わせていましたね。

二週間後なんて待てない!

日曜劇場【ごめん、愛してる】第5話は、8/13に10分拡大で放送です。

次週はお休みとなりますので、お間違いなく!

2017年夏ドラマの日曜劇場は【ごめん、愛してる】。 韓国で最高視聴率29.2%と、大ヒットのドラマが舞台を日本にリメイクし放…
2017年7月期のTBS日曜劇場 ドラマ【ごめん、愛してる】が7/9からスタートしました。 韓国で大ヒットとなったドラマのリメ…
スポンサーリンク