【黒革の手帖】2話あらすじと視聴率!仲里依紗の豹変ぶりに武井咲が圧倒される!?

【黒革の手帖】第2話のあらすじと視聴率!

「武井咲、“銀座の女王”になる」

不朽の名作『黒革の手帖』で松本清張作品に初挑戦で話題沸騰。

武井版・最強悪女が愛と欲望渦巻く夜の世界で孤高の戦いを挑んでいく…。

7月27日(木)にテレビ朝日系で【黒革の手帖】2話が放送されました。

【黒革の手帖】2話視聴率、あらすじ、感想をまとめます。

ドラマ【黒革の手帖】キャストとあらすじ!主演・米倉涼子からの武井咲に「大丈夫?」の声!
「武井咲、“銀座の女王”になる」 不朽の名作『黒革の手帖』で松本清張作品に初挑戦で話題を呼んでいます! 武井版・最強悪女…
スポンサーリンク

【黒革の手帖】2話視聴率

2話視聴率は、12.3%

1話が11.7%でしたので、2話ではさらに0.6ポイント数字を上げる結果となりました。

このまま2桁をキープしながら、米倉版の【黒革の手帖】に対抗できるのか今後も注目です。

【黒革の手帖】2話あらすじ

東林銀行から横領した1億8千万円と借名口座のリストを記した“黒革の手帖”を元に、銀座にクラブ『カルネ』をオープンさせた原口元子(武井咲)。

若き銀座のママとして新たな道を歩み始めた元子はある日、銀座の街で元同僚の山田波子(仲里依紗)と再会する。

元カレのために使ったカードの支払いのために必死に働く波子に、元子は「なにかあったら電話して」と名刺を渡すのだった。

『カルネ』開店から1カ月が経とうとする頃、元子を訪ねて、安島富夫(江口洋介)が店にやってくる。お世話になった大臣と、その妻のために次の選挙への出馬は見送る、と話す安島に、元子は「戦うべきだと思う」と進言。

元子の言葉に力づけられる安島だったが…?

ほどなくして、波子が元子の店で働くことに。

入店早々、楢林謙治(奥田瑛二)に見初められるが、次第に親密になっていくふたりに元子は一抹の不安を感じる。

さらに波子は、ほかのホステスの客に手を出したという話が広まり『カルネ』の中で孤立。

「あんな女とは一緒に働けない」とホステスたちが次々と辞めてしまう!

やがて元子の不安が的中。なんと波子が思いもよらぬ行動に出る!

波子は楢林謙治に出資してもらい、『カルネ』と同じビルに店を出すと言う行動に出たのだ。

『銀座の掟』を無視するかのような行動を繰り返す波子に制裁を加えるため、元子は波子、楢林、そして楢林クリニックの看護師長・中岡市子(高畑淳子)にある仕掛けを…。

中岡市子に連絡を取った元子は、波子と楢林の関係と出資の事実を伝える。

新たな病院を構える為に、借名口座を作り資金作りに協力していた中岡市子は激怒した。

元子から、波子の居場所と元子の連絡先が書いてあるメモを手元に、中岡市子は波子のマンションへ押し入った。

しかし、波子は反省どころか中岡市子に皮肉を浴びせ、その場に駆け付けた楢林も波子の肩を持った。

行き場をなくした中岡市子は、元子に電話を取る。

そして元子は中岡市子の退職金を貰えるように、代わりに交渉すると言って中岡市子に一つ頼みごとをした。

中岡市子はクリニックに、自身の荷物の整理をしに来たと言ってやってきたが別の企みが…。

中岡市子は人の目を盗み、病院の裏帳簿を確保して元子に渡した。

元子は、裏帳簿と借名口座の事実が記載された黒革の手帖を手にし、楢林と決着を付けることに…。

口外されたくなければ5000万円の金銭を用意するように提示した元子に、楢林はそんな金は無いと言う。

元子は、波子のお店の契約をやめれば契約金が戻ると楢林に言った。

借名口座の事実や、裏帳簿の事実が世間に明るみになれば、楢林は医師はく奪も免れない。

楢林は渋々了承することになった…。

その後、波子は楢林から自身のクラブの出店は出来ないと事実を告げられた。

楢林から「理由はカルネのママに聞け。」と言われ、元子の仕業だと激怒した波子が『カルネ』に乗り込んだ。

元子は手の付けようがない波子に、どう対応していくのか…?

【黒革の手帖】2話感想まとめ

2話では、武井咲さんの悪女ぶりもさることながら、仲里依紗さんの豹変ぶりに衝撃を受けた感想が多かったです。

高畑淳子さんの演技も高評価でした!

次回は、仲里依紗さんとの対決に加え、修羅場の嵐の3話となりそうです!

3話も見逃せない内容となっています。

見逃した方はU-NEXTで!

U-NEXT

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク