窪田正孝プロフィールや性格、趣味は?実は筋肉質!過去出演ドラマから人気の理由を探る!

今月18日夜9時から放送されます「僕たちがやりました」の主演を務める窪田正孝さん。窪田正孝さんが主演ということで、始まる前から絶対楽しくなる!と確信させる演技力に定評がある俳優さんです。

今回は、若手俳優の中でも実力派と知られる窪田正孝さんのプロフィールから生い立ちデビューのきっかけ幼少期素顔までお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

【窪田正孝】プロフィール

本名・芸名:窪田 正孝(クボタ マサタカ)

生年月日:1988年8月6日

年齢:28歳

血液型:B型

身長:175cm

出身:神奈川県

家族構成:3兄弟の三男

所属事務所:スターダストプロモーション

(他、所属有名人は椎名桔平・山田孝之・岡田将生・柴田コウ・北川景子等)

趣味:音楽鑑賞・バイク

特技:バスケットボール(スラムダンクの影響より)・ダンス

【窪田正孝】デビューのきっかけ

そもそも窪田正孝さんが芸能界に一切興味はなく、ガソリンスタンドでバイトをし大好きなバイクの整備士を目指して工業高校に通っていたそうです。そんな窪田正孝さんが芸能界デビューしたきっかけは、「De☆View」で今の事務所のオーディションを見つけて応募したところから始まりました。もちろん自分でと言うよりは、お母さまからの勧めだそうです。

そして入所してすぐの2006年4月17歳の頃、テレビドラマ「チェケラッチョ!!in TOKYO」で俳優デビューされます。しかも主演を務めてる点から早くから素質を評価され俳優としての期待値が高かったことがうかがえますね。

【窪田正孝】ブレイクのきっかけ

その後も様々作品に出演し、その中には主演を務めるなど順調満帆の窪田正孝さんですが、大きな作品に恵まれることなくパッとしない時間を過ごします。そんな窪田正孝さんが世間に名を広めた作品…

2014年NHK連続テレビ小説「花とアン」

主人公に長年片思いする幼馴染の役(役名:木場朝市)を務め、一気に世間から注目を浴びます。またその演技力から役に感情移入する方が多くでたことから、スピンオフ作品「朝市の嫁さん」が出るなど人気を博しました。

【TV LIFE年間ドラマ大賞 助演男優賞、新人賞 受賞】

その翌年、大人気漫画「DEATH NOTE」を原作としたテレビドラマ「デスノート」の主演を務め窪田正孝=演技がうまい若手俳優と世間に認識させます。

【第86回ザテレビジョンアカデミー賞主演男優賞 受賞】

【2015年ブレイク俳優 首位】

【2015年 Yahoo!検索大賞 俳優部門 受賞】

その後は「ラストコップ」であの唐沢寿明さんとタックを組むなど俳優・窪田正孝の本領を発揮していきました。

【窪田正孝】人物像

窪田正孝の家族構成

■男三人の末っ子

兄は4歳上と1歳上。年が近い故、喧嘩が絶えなかったそう。兄弟あるあるですよね、笑。それでも窪田正孝さんは流血事件が起きるほどの喧嘩をしていたというのですから、相当激しかったのでしょう。

※流血事件:窪田正孝さんの左側頭部に傷跡が残るほどの大喧嘩

窪田正孝の幼少期

■活発なスポーツマン

兄弟喧嘩からも分かるように、窪田正孝さんは活発な男の子だったそうです。小学校に上がると、学校が終わり次第友人と野球やサッカーをしていたそう。また、「花とアン」に出演したときインタビューで明かしていましたが、小学6年間ずっと片思いしていた子がいたというほどの一途っぷり。

また、昔から筋肉質でそれを生かした役を演じたことも。(映画「ヒーローマニア-生活-」で運動神経抜群、下着泥棒役)

■モノづくりが好き

高校では整備士を目指し工業高校に通います。結果俳優の道に進みますが、あるインタビューで窪田正孝さんは「僕はゼロから形にしていく”モノづくり”がたまらなく好き。」と述べていることから、整備士も俳優もその原点からくる”好き”に通じるものがあるのが分かります。

■人見知り

高校に通いながらガソリンスタンドでバイトをしていた窪田正孝さん。その時まだ芸能人ではなかったのに帽子を深くかぶっていたのは「人と目を合わせない」ため。その人見知りは芸能界に入った今もあるらしく、バラエティー番組でもほかの共演者の後ろに隠れ人としゃべらないようにしてしまうそうです。

窪田正孝の趣味・好き

■EXILE

音楽が好きな窪田正孝さんはその中でもATSUSHIさんの大ファン。

■猫

猫派という言葉で収まり切れないくらいの、大の猫好き。実家には4匹いる。

■焼肉

ザ、男子!笑

■甘いもの

その中でもアイスなど氷菓子が好きで仕事の合間にも食べるという。「身体が引き締まって気合が入る」そうですが、窪田正孝さんは冷え性のはず。笑

■ねじ

さすが元整備士を目指していたのもあり、バラエティー番組(しゃべくり007)では六角穴付きねじについて熱弁したり、インパクトドライバーの使い方をみんなに披露。

■動画鑑賞

ねじに続き、休みの日は製造過程を動画で鑑賞するほどの重度のモノづくり好き。

■好きなタイプは飾らない人

飾らない・陰ながらの努力家が好きという窪田正孝さん。見た目じゃなくて内面的な部分がぱっと出てくるあたり…らしいです!

窪田正孝の苦手・嫌い

■お酒

その代わり炭酸を好む。

■暗闇

幼少期、布団でグルグル巻きにされ身動きがとれなくなったのがトラウマで苦手になった。

■注射

「注射されるくらいなら風邪になってもいい!」と言ってしまうほど。

以外に怖がりなのかもしれませんね。(かわいい!)

【窪田正孝】主な出演作品

■テレビドラマ

「ケータイ捜査官7」主演、網島ケイタ

「SUMMER NUDE」桐畑光

「花とアン」木場朝市

「Nのために」成瀬慎司

「デスノート」主演・夜神月

「THE LAST COP/ラストコップ」望月亮太

「4号警備」主演・朝比奈準人

■映画

「ガチバン」シリーズ 主演・黒永勇人

「ふがいない僕は空を見た」福田良太

「飛べ!ダコタ」木村健一

「カノジョは嘘を愛しすぎている」篠原心也

【窪田正孝】まとめ

いかがでしたか?窪田正孝さんは今年初オフィシャルカレンダーを発売されました。

写真を撮ったのはあのMr.childrenなど人気アーティストのジャケット写真を撮る「齋藤陽道」さん。このことからも窪田正孝さんの現在の人気が伺えますね。

今でこそ人気俳優ですがあまり売れていない時から窪田正孝さんがいつか人気俳優になるのを予想していた方がいます。それは…2008年主演「ケータイ捜査官7」総監督、三池崇史氏。まだ名が売れていなかった窪田正孝さんを起用したことに対し当時こう語っていました。

「10年後に窪田正孝を選んだ理由がわかる」

そうおっしゃったとおり、10年も経たないうちに世間はその理由を理解します。素敵ですね。

ここには書ききれませんでしたが、窪田正孝さんはほんとに多くのドラマや映画、CMに出演されています。20代でここまで多くの作品に出てしかもどれも役柄が異なっているにも関わらず役をこなしている姿は、もう完全なる実力ベテラン俳優です。「カメレオン俳優」と巷で言われているのも納得できます。この演技力で今年の夏ドラマも盛り上げてくれるの間違いなしでしょう。楽しみにしています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク