ドラマ【僕たちがやりました】視聴率と最終回ネタバレ!攻めに攻めた青春逃亡劇の結末は?

2017年夏のフジ火9ドラマ【僕たちがやりました】。

窪田正孝さん演じるトビオの苦しくて辛い青春逃亡劇もついに終了! 原作とは表現が180度違う、辛過ぎる結末に賛否の議論が巻き起こりましたが、近年まれに見る、攻め続けた青春ドラマとして視聴者の心に数々の爪痕を遺しました。

今回は、ドラマ【僕たちがやりました】の視聴率と最終回ネタバレ、見どころ、一気見情報について。

10月1日からU-NEXTで【僕やり】全話配信中です! この機会にぜひ!

スポンサーリンク

ドラマ【僕たちがやりました】の視聴率

ドラマ【僕たちがやりました】の視聴率は、毎週水曜日に更新します。

ドラマ【僕たちがやりました】1話の視聴率とあらすじ

ドラマ【僕たちがやりました】1話の視聴率は、7.9%! 2ケタは確実と思っていたので意外な結果です。やはり過激なシーンがあるのでリアタイで家族と見られないのが問題か? タイムシフト視聴率は5.8%、総合視聴率は13.1%でした。

ドラマ【僕たちがやりました】2話の視聴率とあらすじ

ドラマ【僕たちがやりました】2話の視聴率は、6.5%! リアタイ離れが加速? これだけ話題になっているので、タイムシフト視聴率を足した総合視聴率が気になりますね。

【僕たちがやりました】2話視聴率は6.5%! エロくてリビングで家族との視聴が恥ずかしい、と下降気味? プチ爆弾攻撃が大爆発になりトビオ(窪田正孝)たち4人組は罪の意識を感じつつも何もなかったことにしようとするが、パイセン(今野浩喜)の似顔絵が公表され大ピンチ! 初キスの後、蓮子(永野芽郁)にふられたトビオは…?

ドラマ【僕たちがやりました】3話の視聴率とあらすじ

ドラマ【僕たちがやりました】3話の視聴率は、6.6%! SNSではかなり盛り上がっているのに、僕やりファンとしては歯がゆいです。

【僕たちがやりました】3話のあらすじと視聴率! パイセン(今野浩喜)とプーケットに逃亡するつもりだったトビオ(窪田正孝)だがパイセンが逮捕されてしまい逃げ出す。クズなマルに逃亡資金も奪われ大ピンチ!今宵(川栄李奈)と初体験?かと思いきや、首吊りをはかりいかれた伊佐美(間宮祥太朗)戻ってきたり市橋が復讐にやってきて…

【僕たちがやりました】4話の視聴率とあらすじ

【僕たちがやりました】4話の視聴率は5.8%。リアタイではなかなか伸びない予感。

【僕たちがやりました】4話あらすじと視聴率!仲間のマル(葉山奨之)ばかりか蓮子(永野芽郁)にも裏切られたと思い込み孤独なホームレスになったトビオ。救いの手を差し伸べてくれたのは、イケメンなホームレス・ヤングさん(桐山漣)だったが、ヤングさんには未知の世界に誘われる。蓮子と市橋(新田真剣佑)も急接近で大ピンチ!

【僕たちがやりました】5話の視聴率とあらすじ

【僕たちがやりました】5話の視聴率は5.4%。さらに下がってしまいました。

【僕たちがやりました】5話のあらすじと視聴率!ホームレスのヤング(桐山漣)に関係を迫られ、絶体絶命のピンチに陥ったトビオ(窪田正孝)。市橋(新田真剣佑)とトビオを探す蓮子(永野芽郁)を見て2人の関係を勘違い。今宵(川栄李奈)との関係に溺れる。一方、市橋は有原正樹(吉村界人)らに襲われる蓮子を助けようとして…

【僕たちがやりました】6話の視聴率とあらすじ

【僕たちがやりました】6話の視聴率は5.2%。リアタイ視聴はふるわないのですが、動画再生回数はトップの座に君臨しているとか。

【僕たちがやりました】6話のあらすじと視聴率!8/22放送の【僕たちがやりました】6話は衝撃の展開に。真犯人自首で罪の意識から解放され、"そこそこ"な日常を取り戻したトビオ(窪田正孝)。蓮子(永野芽郁)ともいいムードに。菜摘先生(水川あさみ)はパイセン(今野浩喜)をデートに誘う、西塚(板尾)と会うなど謎の行動をとり…

【僕たちがやりました】7話の視聴率とあらすじ

【僕たちがやりました】7話の視聴率は5.4%でした。永野芽郁ちゃんと窪田正孝さんの初ベッドシーンがまぶしい回でしたが、たしかにリビング視聴には向かないのかも。

6話ラストのパイセン(今野浩喜)の衝撃告白で"やっぱり僕たちがやりました"という事実を知ったトビオ(窪田正孝)は飛び降り自殺。俺流な贖罪に努める伊佐美(間宮翔太朗)とそれを支える今宵(川栄李奈)、闇に葬るマル(葉山奨之)。トビオは病院で市橋(新田真剣佑)と親交を深め、その恋を応援するが蓮子(永野芽郁)とまさかの展開に!

【僕たちがやりました】8話の視聴率とあらすじ

【僕たちがやりました】8話の視聴率は5.2%でした視聴熱や動画再生回数は上位にいるのですが、リアタイではずっと低迷です。

【僕たちがやりました】8話のあらすじと視聴率! 蓮子 (永野芽郁)とつきあい始めたトビオ(窪田正孝)は市橋(新田真剣佑)に言えずに悩んでいた。ついに親子対面を果たしたパイセン(今野浩喜)は輪島の外道ぶりに呆然。伊佐美(間宮翔太朗)は今宵(川栄李奈)から絶縁される。ラストは市橋がトビオの目の前で自殺という衝撃の展開!

【僕たちがやりました】9話の視聴率

【僕たちがやりました】9話の視聴率は6.2%でした。最終回はのびるでしょうか。

【僕たちがやりました】9話のあらすじと視聴率!逃亡しながら罪や人生と向き合い「自首して罪を償う」ことに決めたトビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮翔太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)。自首の前にトビオは蓮子、伊佐美は今宵とけじめをつけようとする。いざ決戦の日、人気バンドDISH//のライブで公開自首するが…。

【僕たちがやりました】最終回の視聴率

【僕たちがやりました】最終回の視聴率は6.0%でした。リアタイではのびませんでしたが、人々の心に爪痕を残す名作として完結したと思います。

この夏爆走し続けた【僕たちがやりました】も、いよいよ最終回! トビオたちの逃亡劇もついに終わり。主演・窪田正孝さんの独壇場に胸をしめつけられる神回でした。窪田正孝さんが「トビオとして悔いがない、スッキリした」と 語っていた 原作と違う衝撃の結末に、「リアルで深い」「トビオだけ救いがなくてかわいそう」と賛否の声!

ドラマ【僕たちがやりました】最終回の見どころ

トビオと蓮子の恋の行方は?

9話では蓮子(永野芽郁)に「もう二度と会わない」と別れを告げたトビオ(窪田正孝)ですが、最終回予告には2人のシーンが!

原作通り、蓮子はトビオにキスをして「あなたが一生逢いたくなくても、私は逢いたい」といいましたね。

窪田正孝の独白シーンがすごすぎる!

罪を償うことさえできないトビオはその苦しさをぶちまけます! 長い独壇場も目が離せないさすがの演技力。

まさかのマッケン(新田真剣佑)=市橋が再登場!

最後の選択を迫るのは市橋なのか? 市橋に「楽になれよ」といわれたトビオは…。

エンディングは「DISH//と凡下高がやりました」のコラボ・バージョン

コラボバンドも見納めなので必見です!→コラボバージョンの映像が流れるかと思ったら、ありませんでした。歌もフルで聞きたかったな…。

ドラマ【僕たちがやりました】の最終回ネタバレ

原作コミック【僕たちがやりました】のネタバレ

原作コミック【僕たちがやりました】(講談社刊)は、全9巻で物語は完結。

原作のラストはこんな感じです。

さまざまな経験を通して逃亡することを辞めたトビオたち爆弾犯の4人は、野外音楽堂に人やマスコミを集め、テレビカメラの前で「僕たちがやりました!」とゲリラ作戦で事実を語るが、輪島の一味に拉致される。

輪島はパイセンを殺せと西塚と玲夢に命令。トビオたちにはパイセンのことを忘れれば生かしてやるから10秒以内に逃げろという。

逃げるマルと伊佐美。死ぬ覚悟があると言って残ったトビオがワゴンの運転を妨害すると車は横転。パイセンは自分を襲う玲夢を逆に殺してしまう。

ワゴンを追ってきた警察がパイセンを現行犯逮捕。トビオは保護される。

蓮子はトビオにキスをして「あなたが一生逢いたくなくても、私は逢いたい。待ってる」という。

最高の自首も裏組織のドンであるパイセンの父親・輪島によってすべて握りつぶされ、トビオたちの罪はまたもやなかったことに…。

-10年後-殺人犯のパイセン以外の3人は、結局爆破事件の罪を償うこともできず、それぞれの道を歩いていた…。

芸能事務所で働き、恋人との結婚も間近。そこそこな幸せを取り戻したかに見えたトビオ。出所したパイセンの召集でマル、伊佐美とも再会するが結局喧嘩別れになってしまう。

罪の意識をずっと幸せで蓋していたことに気づいたトビオ。

「ヒーローになりたい」と無差別殺人をもくろむ高校生にナイフを向けられると、「殺してくれ」と懇願。どうしようもない気持ちをわかってくれるのはパイセンだけ。お笑い芸人を目指すというパイセンに励まされる。

出産の知らせに喜び病院に向かう途中、矢波高爆破事件の被害者と路上で出くわして、罪の重さがふたたびトビオにのしかかる。

最後にトビオが出した結論は…?

ドラマ【僕たちがやりました】の原作を超える結末とは?

ドラマ【僕たちがやりました】では、原作と異なる、原作を超える衝撃の結末が用意されてます。

ドラマ版では、原作と異なる展開でラストへと向かいます。米田孝プロデューサーは、15通りほどの案を用意したと言い、「トビオたちの犯した罪は許されませんが、自らの過ちにどう向き合い、どう行動するか?“生きる”ことをテーマにし、原作とは違う、一歩進んだ罪との向き合い方をします。その先をどう生きていくのかを感じられるようなラストで、原作の金城(宗幸)先生にも太鼓判をいただけました!」と、自信をのぞかせます。
さらに窪田さん自身も「僕からもアイディアを出させてもらいました」と明かしました。
そんな結末について窪田さんは「トビオとして、悔いはないラスト。原作を読んでいても違和感もなく、気持ちはスッキリしました」と語りました。

カンテレ「僕たちがやりました」公式HPトピックより

窪田正孝さんが「悔いはない」「スッキリした」というラストは、いったいどんなストーリーでしょうか。

プロデューサーもラストにかける思いを語っていました。

トビオたちの犯した罪は許されませんが、“生きる”ことをテーマに原作とは違う、一歩進んだ罪との向き合い方をします。トビオたちなりの答えを見出して、その先をどう生きていくのかという部分を感じられるようなラストにしたかったんです。原作の金城(宗幸)先生にも太鼓判をいただけました!

最終話は真面目なシーンが多いですし、このドラマを見てくださった方は泣けるシーンもたくさんあると思います。これまで、バカみたいなことをやってきたという風に見えていたことが、実はラストに向かって「すべてが伏線だったんだな」と思ってもらえる終わりになっています。ラストの彼らはとにかくかっこいいです!

NewsWalker【僕やり連載】ラスト2話!気になる結末をプロデューサーに直撃!より引用

10年後のシーンは原作とはかなり違っていて、トビオにまったく救いのない結果になり、そのリアリティに賛否の声があがっています。

一歩進んだ罪との向き合い方としてトビオは意外な行動に出ます。

個人的には、トビオに蓮子とともに罪と向き合いながら生きていってほしくもありましたが、それじゃまるで「愛してたって、秘密はある。」みたいwだし、リアルな結末に見ているこちらも苦しくなりましたが、ドラマの一貫したテーマ「生きろ」というのが伝わってきてよかったと思います。

ドラマ【僕たちがやりました】を一気見のチャンス!

数ある批判もなんのその、原作の世界観でぶっちぎってきた【僕たちがやりました】は間違いなく人々の心に爪痕を残す名作です!

攻め続けたカンテレさん、窪田正孝さんや今野浩喜さんほか名演技を見せてくれたキャストのみなさん、ありがとうございました。

そして【僕やり】ファンにうれしいニュース!

数々の爪痕を遺した青春逃亡劇【僕たちがやりました】は、10月1日よりU-NEXT
で配信中。トライアルキャンペーンでもらえる600円分のポイントで1話分(324円)の視聴が可能です。

【僕たちがやりました】のキャストとあらすじ! 2017年夏、話題をさらった火9ドラマ【僕たちがやりました】。イタズラのつもりが多くの犠牲者を出した爆弾犯として生きる道を模索するクズな高校生たちの青春逃亡劇。窪田正孝、間宮祥太朗、新田真剣佑、永野芽郁らの名演技が光りました。10/1からU-NEXTで全話が見放題です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク