【刑事7人シーズン3】の視聴率と最終回ネタバレ!東山紀之が対決する闇の存在は内部か!?

7月12日(水)スタートのドラマ【刑事7人シーズン3】の視聴率と最終回ネタバレ!

東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが帰ってくる!
天樹の妻子の死に隠された“衝撃の真相”もついに明らかに…
最強の敵”を打ち砕く!!

今回はドラマ【刑事7人シーズン3】の視聴率と最終回ネタバレについてまとめます。

視聴率とあらすじは全話更新しますので、是非毎話チェックしてみて下さい。

ドラマ【刑事7人第3シリーズ】のキャストとあらすじ!東山紀之ら7人が臨海エリアに再結集!
7月12日スタート!!ドラマ【刑事7人第3シリーズ】のキャスト・あらすじ・みどころ テレビ朝日系で2015年、16年と続い…
【夏ドラマ】2017年7月期ドラマ一覧![38番組掲載中]
2017年の夏ドラマが発表され始めたのでまとめていきます。 今期はいつも発表が遅い「月9」が春クール開始前に早々と発表! しかも…
スポンサーリンク

【刑事7人シーズン3】の視聴率

【刑事7人シーズン3】の視聴率は毎週木曜日に更新していきます。

第1話「開戦」の視聴率は11.8%。好スタートです。

【刑事7人】1話視聴率は11.8%!東山紀之のシリアスキャラと映像にクライシス彷彿!?
ドラマ【刑事7人】第1話のあらすじと視聴率、感想! 2017年7月12日(水)にテレビ朝日で第1話が放送されました。 …

第2話「最愛」の視聴率は12.1%。シリーズ過去最高です。

【刑事7人】2話視聴率は過去最高12.1%!視聴者騒然の片岡愛之助退場もなぜか楽観的!?
ドラマ【刑事7人】第2話のあらすじと視聴率! 東山紀之・主演の第3シーズン。第1話は映画のようにかっこいいと話題沸騰! …

【刑事7人シーズン3】の最終回ネタバレ

第3弾の人気シリーズ、主演の東山紀之らが帰ってくると話題のドラマ。他のキャストは、

第11方面本部準備室・室長の片桐正敏(吉田鋼太郎)、沙村康介(髙嶋政宏)・水田環(倉科カナ)・青山新(塚本高史)、山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が再結集!!

今回の舞台は『東京臨海エリア』。最強の敵登場で、天樹の妻子の真相もわかるという触れ込みです。

黒幕は内部に…!?

臨海エリアに潜む闇の存在!!…現実の豊洲新市場には利害関係も噂されました。臨海エリアでの何らかの不正があって、しかもその臨海エリアで事故死した天樹の妻子が関係している。ということは、妻子が不正を目撃、つかんでしまった可能性は高いです。

制作開始時のあらすじによると、臨海エリアの倉庫で銃声が聞こえた後、4人の遺体が発見されます――被害者は2人が化学工業の社員、1人が清掃会社の社員、もう1人が弁当業者だと判明する。

妖しい人物は、元機動捜査隊の退官者・桜田春樹

化学会社≒某ガス会社

清掃・弁当≒豊洲新市場の業者

似ていませんか?こじつけでしょうか。そして天樹の先輩・桜田が何かを知っている…。

⇒つまり警察組織が何か隠している…。

そして、結末は…登場人物は多いですし、犯人は実は内部にいるとなるパターンを予想します。

誰か殉職か!?

鈴木浩介さん演じる、永沢圭太が第2シリーズ第4話で殉職。30年前の事件が絡んで…。永沢刑事の弔い合戦として5話が描かれました。

「波乱含みの展開」とプロデュ―サーが語ることを思えば、豪華キャストの中で、往年の刑事ドラマ「太陽にほえろ」のように殉職もまたあり得そうです。不謹慎ですが他の刑事ものと差別化になりますし。

塚本高史さんが怪しいのでは…。『臨海エリアでは、ワル時代に親交があった仲間たちが一定の力を持って』いるそうです。情報源となるのですが、裏切りで…。

次点は倉科さんですが紅一点のキャスト、最後まで活躍してくださるでしょう。

しかし、煽るだけの展開ではなく、「人間ドラマ」が描かれると予想しています。せっかくの湾岸エリアなので、社会派エンタメになると評価も高まりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク