【3人のパパ】9話のあらすじと感想!母に渡すのか、3パパが走る結末は視聴者やっぱり!?

水ドラ!【3人のパパ】第9話のあらすじ・感想!

テッペン!水ドラ!!『3人のパパ』が6/14(水)夜に放送されました。前回の衝撃ラストは、ドアを開けると晴大の母親・亜沙美が!!でした。

セミファイナルの今回。亜沙美の態度が気に食わない恭平と朔は彼女に冷たくします。晴大もまた亜沙美との記憶はなく、拒絶。拓人だけ何かに引っかかっていて…。

母親と対決姿勢の第9話。拓人たちが下す決断とは…。今回は【3人のパパ】9話のネタバレあらすじと感想をまとめます。

スポンサーリンク

ドラマ【3人のパパ】第9話のあらすじ

拓人(堀井新太)、恭平(山田裕貴)、朔(三津谷 亮)がDNA鑑定書の封を切ろうとした瞬間、インターホンが鳴る。シェアハウスを訪ねて来たの は、晴大(室野慶心)の母だと名乗る坪井亜沙美 (小島梨里杏)という女性だった。

亜沙美が過去に関係を持ってしまった相手だと気付いた拓人は、自分が晴大の本当のパパかもしれないと動揺する。そして亜沙美は晴大の本当の名前は“翔馬”だといい、引き取りに来たと告げる。しかし恭平と朔は、1年間も自分の子供を放っておいた無責任な人には返すことができないと引渡しを断固拒否。

本当の母親が現れたことによって、晴大の本当の幸せについて考え始める3人のパパたち。一方、亜沙美が晴大の母親だと知った華(松井愛 莉)は、詳しい話を聞くために亜沙美に会いに行く。そんな中、拓人は恭平と朔に「3人で話し合って、晴大のこれからを決めたい」と相談。晴大の幸せを願う3人のパパが出した答えとは・・・!?

亜沙美と華。亜沙美は花見の写真にも写っていた幽霊(謎の人物)だった。

ずっと仕事を探していたが見つかったという。

拓人の所へ引き取るために行ったけれど、と亜沙美は迷いを口にする。

るいと華。拓人に亜沙美の力になるよう頼むつもりだ、という華の話しを聞く。

自分の気持ちを無視したら後悔すると反対する、るい。

拓人と華。拓人はどうすればいいか迷っていた。

自分の想いを抑え、亜沙美の覚悟を伝えて「あの人以外、母はいない。たっくんファイト!」

家で。3人で決めたいという拓人に、お前が決めろ、と恭平・朔。

夜の街を拓人は阿沙美の元へ走り、伝える、「結婚しよう」。

恭平と朔は走る!!・・・拓人と晴大の親子鑑定は0%だったのだ。

ドラマ【3人のパパ】第9話の感想

  • 9話のハイライトは華ちゃんの、10年の片想いを抑えて拓人の背中を押しだすシーン。もらい泣き続出の迫真に迫るものでした。
  • 3人の友情とプロポーズの決断も視聴者の心を掴んでいます!
  • やっぱり派も!?・・・鑑定書を開ける前に話しが進んだので、ラストに「きた!」の声も。

【3人のパパ】第9話のまとめ

6/21(水)11:00~ラインライブ配信決定!DVD発売決定!ファンには、うれしい情報ばかりです。

いよいよ最終回。晴大と3人のパパの行方は!拓人と華は実らず?るいと恭平は?

9話までの振り返りもアップ中!

ドラマ【3人のパパ】最終回は6/21(水)11:56~0:26!!お見逃しなく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク