【クライシス最終回】視聴率とあらすじ!視聴者は続編熱望も絶対映画化できない結末に困惑!

6/13(火)放送のクライシス最終回の視聴率・あらすじ・感想!

遂に最終回を迎えた人気ドラマ【クライシス】。

放送終了後にはとんでもない数の映画化や続編熱望の声が響きました。

あまりにスッキリしない終わり方にこれは…続編あるぞ??と思われた方も多かったようです。

スポンサーリンク

クライシス最終回の視聴率

クライシス最終回の視聴率9.6%。

裏番組のサッカーの影響を大きく受け、リアルタイムの視聴率は伸び悩ました。

見逃し配信等は好調のようです。

CRISIS(クライシス)の動画を見るには?

クライシスの動画は以下の2つの動画サイトで配信中です。

U-NEXT

U-NEXTはHuluと同じく、ドラマや映画が非常に充実していることで知られています。

ハリーポッターシリーズやシンゴジラも見れるので話題作をまとめて観たい方にはもってこいの動画サイトとなっています。

FODはご存知フジテレビの動画サイトです。

今期放送の「クライシス」「貴族探偵」「人は見た目が100パーセント」なども配信されるので無料期間で一気見を狙ってみて下さい。

クライシス最終回のあらすじ

稲見(小栗 旬)の自衛隊時代の同期で、特殊部隊員の結城(金子ノブアキ)が隊を抜け出し、テロを企てていることが判明。鍛治(長塚京三)は結城の射殺を辞さないで任務にあたるように命じるが、稲見はかつての仲間に銃口を向けることをためらう。そんな稲見の気持ちをよそに、結城は特捜班のオフィスに侵入し、大山(新木優子)を脅して閣僚の個人情報を入手。さらに、パイプ爆弾を使って、駆けつけた特捜班のメンバーもろともオフィスごと吹き飛ばし、宣戦布告。怒りに震える稲見は、結城と戦うことを決意する。

やがて、大山が仕掛けたワナから結城の居場所を突き止めた特捜班。現地へ向かった稲見は自らの命と引き換えに結城を制止しようとするが、間一髪のところで田丸(西島秀俊)に助けられる。

特捜班のオフィスでは、大山が入手した結城のパソコン内のデータから、あるものを見つけていた。テロの動機解明につながるかもしれない――誰もがそう思った矢先、吉永(田中哲司)の元に結城が総理大臣の岸部(竜 雷太)を狙撃したとの情報が飛び込んでくる。早速、稲見は田丸と現場へ急行するが、現場の状況にはある違和感が。

そして2人が結城の真の狙いに気付いた直後、特捜班は鍛治から直々に呼び出され、「新しい任務がある」と告げられて…。

はたして、結城のテロ計画の裏に隠された真実とは!? 「この国の、未来のために」。規格外な敵を前に、稲見はどう立ち向かうのか。そして、激しい闘いの末、最後に特捜班を待ち受けているものとは――!?

結城は東京駅構内のガス爆発で婚約者を亡くしていた。

しかしその事件は実はガス爆発ではなく総理大臣の息子が加担したテロだった。

結城の狙いは総理の息子、総理に重症を負わせることで息子をおびき出したのだ。

特捜班はその事実を聞き息子の護衛につくことになった。

結城は報道陣に紛れて近づき、特捜班を襲う。

稲見との1VS1の壮絶なバトル。

なんとか結城を連行しようとしたとき、結城が射殺される。

そこにいたのは鍛冶と特殊部隊だった。

特捜班メンバーには休暇が与えられた。

休暇中、彼らは各々の闇の部分が溢れそうになっていた…そしてニュースの速報が流れた。

クライシス最終回の感想まとめ

映画化続編

モヤモヤ過ぎるエンディングに困惑する方と映画化や続編を熱望する方が多く見られました。

しかし、これを映画化してしまうと特捜班が警視庁にテロを仕掛けると言う正に闇落ち…このまま終わらせるのがベストな気もします。

暗躍する国家に対し警鐘を鳴らすという意味では素晴らしいエンディングだったと思います。

【クライシス】最終回の出演者コメント

最終回直前にクランアップのコメントとして小栗旬さん、西島秀俊さんはじめメインキャストの方々がこんなコメントを残しています。

小栗旬さん「最後まで辿りついてホッとしております。なかなかイカれたドラマが作れたんじゃないかと。お客さんたちがワクワクしてくれるドラマになってくれることを願って!」

西島秀俊さん「今終わってみて改めてこれだけ順調に撮影ができたのは全員の力だと思います。こんなに達成感のある現場は今までありません。より一層、俳優として頑張っていきます!」

田中哲司さん「本当に撮り切れるのかといぶかることもありましたが、本当に撮り終えたのだと今、実感しています。すごく爽やかな現場だった印象です。皆さんの頑張りのおかげです!」

野間口徹さん「まだ終わった感が全然ないので明日も現場に行くかもしれません。よく嘘をつくと言われます(笑) もし次作があるなら、さらに精一杯の準備を整えて参加したいです!」

新木優子さん「女優としても人としても成長できた濃い3カ月半でした。先輩方に支えてもらってばかりの現場でしたが私なりに精一杯頑張れたかなと思います。今後も精進していきます」

出演者の方々の充実感はドラマの完成度に顕れていましたね。

新木優子さんは非常に注目を集めただけに今後民放ドラマの出演も増えそうです。

出演キャストの方々の今後のご活躍を期待しています。

【夏ドラマ】2017年7月期ドラマ一覧![38番組掲載中]
2017年の夏ドラマが発表され始めたのでまとめていきます。 今期はいつも発表が遅い「月9」が春クール開始前に早々と発表! しかも…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク