【フランケンシュタインの恋】6話のあらすじと視聴率!ついに研さんがラジオ出演で大活躍!

日テレ・日曜ドラマ【フランケンシュタインの恋は、ファンタジーの巨匠・大森寿美男氏が脚本を担当しています。120年生き続けている怪物という難しい役どころを・綾野剛が熱演。他にも怪物の恋の相手に二階堂ふみ、ひそかに後輩(二階堂ふみ)を慕う柳楽優弥、実は頭領の息子(柳楽優弥)を想う川栄李奈と豪華な出演者が演じています。

前回、5話では天草さんと念願の初対面・天草さんの衝撃の過去、そして飯塚母のスナックでの乱闘騒ぎ、ドタバタの中まさかの津軽さんの告白・・・など色んな出来事が満載の回でしたね。最後のシーンではラジオブースに入っていく研さんの姿で終わってしまいました!

それでは、ドラマ【フランケンシュタインの恋】6話の視聴率とあらすじ・感想についてまとめていきます。

キャストの詳細について

ドラマ【フランケンシュタインの恋】のキャストとあらすじ!綾野剛×二階堂ふみ×柳楽優弥!
日テレ日曜ドラマは【フランケンシュタインの恋】。 100年以上生きているフランケンシュタインが人間の女性に恋をするという異色の…
スポンサーリンク

ドラマフランケンシュタインの恋6 視聴率

【フランケンシュタインの恋】の6話視聴率は6・6%でした

前回から0・5ポイント上昇と微増ではありますが、上がってきました!森に住んでいた主人公がすっかり人間の世界に馴染み、これまでは何となく内輪だけだった人間関係も色々な人間との絡みのシーンも増えて益々面白くなってきたと思います。このまま上がり調子をキープできるがが正念場です!!

ドラマフランケンシュタインの恋6話あらすじ

ラジオの生放送中、DJ・十勝みのる(山内圭哉)と大宮リリエ(水沢エレナ)の前に再び現れた天草純平(新井浩文)。

「フランケンシュタインこと深志研(綾野剛)をお連れしました」と言って、深志研を2人に紹介し始める。

フランケンシュタインが意外にも格好良かったことにびっくりし、喜ぶ大宮リリエと少し嫉妬する十勝みのる。

天草は、今日は深志研が答えるので、十勝みのると大宮リリエに「悩んでいることはありませんか」と訊ねる。

十勝みのる「まさにフランケンシュタインさんのことで悩んでいます。人間を殺すかもしれないなら、お前が死ねなんて言って起こっているんじゃないかと。そもそも、どうして人を殺すかもしれないという悩みを送ってきたんですか?」

深志研「それは僕が弱いからです。自分に対して不安になるからです。」

大宮リリエ「フランケンさんは自分のこと、どんな人間だと思ってるんですか?」

深志研「僕は人間じゃないんです。僕は一度死んだんです。120年前に蘇ったんです。」

変な話をしだした深志研に十勝みのるは「帰ってもらえますか?」と言う。

しかし、大宮リリエがこれを無視して話し続け、

大宮リリエ「人間に恋をしたのね?その相手はどんな人なんですか?重い病気を抱えているとか?」

深志研「強くて優しい人です。僕はその反対です。だから僕は彼女のように強くて優しい人間になりたいと思っています。でもまだなれないんです。人間のことをまだ何も知らなかったんです。100年も彼女より生きているのに何も…だからラジオを聞いているみなさん教えて下さい。僕はどうすれば人間のことを知ることができますか?どうすればもっと強い人間になれますか?人は悩むことで変わることができる。天草さんに教えてもらいました。僕の悩みは彼女を守ることです。彼女と一緒に人間の世界を生きていくことです。そのためには人間を知らないといけないんです。もっと変わりたいんです。」

天草純平「では、どうすればフランケンシュタインさんが、もっと人間になれるか、みなさん教えて下さい!」

と、リスナーに投稿を促し、無事に出演を果たしたのだった。

一方、ラジオを聞いていた稲庭工務店の仲間たち。変な話ばかりする深志研が相変わらず記憶喪失だと思い込む。

そして、大学でラジオを聞いていた津軽さん(二階堂ふみ)と稲庭聖哉(柳楽優弥)、鶴丸十四文(柄本明)。

鶴丸教授は、「深志研はラジオの特性をよく知っている。彼は頭がいい。嘘をつかなくてもいいと判断し、あえて本当のことを話した。短い間に社会適応能力がついた。これからさらに複雑な感情を抱くことが多くなり、いつまた菌が放出されるかわからない。」と話す。

深志研のラジオ出演は、リスナーからのたくさんの好反響を呼んでいた。天草純平は、再びラジオ出演をして欲しいと深志研に話す。

翌日、再びラジオ出演し、コンビニで働く投稿者から一緒に働いてみてくださいという依頼を受けることに。

コンビニを訪れた無礼な客に接客する深志研。無礼な客は、お金を投げて渡すと、深志研も真似しておつりを投げて返す。

その態度に怒り出す客。今度は、お弁当を勝手に温めたと言って深志研に激怒する。

深志研「お客さんにとってお弁当の温度がこんなに大事だなんて知りませんでした。教えてくれてありがとうございます。」

と何度も感謝を伝えると、激怒していた客もこれにはすっかり参ってしまい「もういいよ」と去っていく。

その後も、投稿者からのリクエストで人間のことを知るために離婚調停中の夫婦の話し合いに立ち会ったりするなど好評が続いた。幸いにも感情が高ぶることも無く平穏に過ごすことが出来ていた。

天草があえて深志研の感情を乱すような問題を起こさせているのではないかと疑う稲庭は止めるように言う。天草はそれを望んでいるのは稲庭さんなんじゃないですか?と返されてしまう。

そして稲庭は、室園美琴(川栄李奈)から、深志研と津軽さんを引き離すためにラジオを勧めているならあんたらしくないよと言われてしまう。

稲庭は天草に深志研のラジオ出演をもうやめて欲しいと話すが、いまさらだと断られてしまう。そして、心配なようなら深志研のラジオ出演の現場に見に来たらどうかと提案されるのだった。

次の日のラジオ出演。投稿者は、幼稚園に通う園児・少年の母親だった。少年は、実は義足のせいで怪物と言われている。少年にまだ一度もやったことのないかけっこをしてもらい、勇気をだしてもらうという企画だった。

深志研が「僕もかけっこはやったことがありません。いっしょに頑張りましょう」と少年に声をかけ、他の園児とともにかけっこを行うことに。

ところが、少年はスタートの合図が鳴ってもなかなか走り出せないでいた。勇気を出して走ってみるが、転んでしまう。

その姿を見た深志研は少年に駆け寄る。

深志研「頑張って下さい。僕は森の中で一人でいました。誰にも会わずに一人で生きていました。そんな時ラジオが怪物の話をしたんです。僕は世界には怪物がたくさんいるんだって驚きました。でもそれはスポーツ中継というもので怪物と呼ばれていた人は凄い人間だったんです。怪物は強い人間なんです。強くなければ怪物とは呼ばれないんです。あなたも怪物になってください。怪物になってお母さんを喜ばせて下さい。僕も一緒に頑張ります。一緒に頑張りましょう。一緒に喜ばせましょう。」

その言葉を聞いた少年は立ち上がり、再び走り出す。

その様子を見ていた津軽さんと稲庭はゴールテープを持ちながら「頑張れー」と声をかける。気づくと、他の園児や父兄からもたくさんの声援が上がっていた。そして最後まで走り抜けた少年は母親に抱きしめられ無事にゴールする。

放送後、十勝みのるに食事に呼ばれた深志研、津軽さん、稲庭、天草。

始めは、「今日の放送は感動した」と言われ、褒められるものの自分の番組にはそういうのはいらんねんと言われ、結局怒られてしまう。

十勝みのる「お前らのやってることは虚しいねん!何がフランケンやねん!俺の番組に出る限り姑息な嘘は認めへんぞ!」

さらに津軽さんに向かって「怪物の恋人やとか言われて、世間からチヤホヤされたいんかい?病気っちゅのもホンマかどうかわかったもんちゃうしな!」と言い放ってしまう。

その言葉を聞いて、感情を抑えられなくなってしまい、みるみる変形していく手を隠す深志研。

「何をモゾモゾしとんねん!」と十勝みのるが深志研の体を掴むと、変形し菌を出す深志研の姿があらわになってしまい十勝みのるはその場に倒れこんでしまう。

深志研は、「ごめんなさい」と涙を浮かべる。

ドラマフランケンシュタインの恋6話の感想

今回のドラマ【フランケンシュタインの恋】6話では、ラジオ現場でのいろいろな投稿者と研さんの関わりが目立っていましたね!いろんな人間との関わりでますます人間社会を学んでいく研さんと逆に研さんに教えられる人たちの姿が印象的でしたね。そして、投稿者もDJのリリエさんも研さんが「かっこいい」と言っていたところには、ウケました(笑)やっぱり、どんな姿でも綾野剛のかっこよさは隠し切れないですよね!さて、みなさんの反応はどうだったのでしょうか??

“#フランケンシュタインの恋 録画。深志くんが酷い目に遭わないか、傷付くようなことがないか、悪意に晒されないか、ずっとハラハラするような6話だった。胃に悪い。”
“フランケンシュタインの恋第6話は視聴率6.6%。凄く面白いのに低迷中。綾野剛の演技力は天才的だし、ドラマは深いし。面白いのにー! / “【ドラマ】フランケンシュタインの恋6話感想は稲庭先輩がずるい!けれど人間くさい - 美女が書…” ”
“フランケンシュタインの恋、毎回毎回見る度に色んな言葉が自分の考え変えてくれるしいいドラマ 今日も楽しみだなあ〜”

ドラマの中で放つ、研さんの素直な言葉に影響されている方が多いようですね。

確かに6話で少年を励ましたときの研さんの言葉には、改めて気づかされました!怪物って言葉をスポーツ選手にも使っていますよね。「怪物と呼ばれる人は強い人間だから、怪物になってください。」というセリフは少年の心を救った素晴らしい言葉です♪

ドラマフランケンシュタインの恋6話のまとめ

ドラマ【フランケンシュタインの恋】6話は、微増ではありますが少し視聴率も上昇してきてみんなの期待値も上がってきたのかなと感じました。ラジオの仕事もすっかりこなしている研さんが、リスナーにどんな言葉を投げかけていくのか楽しみではありますが、、これからというところで、DJ十勝さんの邪魔が入ってしまいましたね。。変形した姿をみられてしまった研さんが来週どうなってしまうのか、すごく気になります!!来週もお見逃し無く!

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク