【人は見た目が100パーセント】7話あらすじと視聴率!榊が岸根とデートか?

スポンサーリンク

【人は見た目が100パーセント】7話の視聴率

【人は見た目が100パーセント】の7話視聴率は5.6%

前回よりも0.8ポイントダウンですね。ただ、このあたりの水準で落ち着くと思いますので、次回は上がるんじゃないでしょうか。
純だけでなく聖良も恋に落ちたということでお互いの恋の行方が注目です。

【人は見た目が100パーセント】7話あらすじ

純(桐谷美玲)は榊(成田凌)がお見舞いに来てくれたことへのお礼としてドーナツを差し入れるために美容室「ルーチェ」を訪れた。その時に榊が海外アーチスト・ジャミロクワイのコンサートのチケットを頼んでいたことを知りました。

そのチケットは庶務課の岸根香澄(足立梨花)が榊に頼んでいたものだと知りショックを受ける。

また、聖良(ブルゾンちえみ)は片思いの男子研究員・丸尾(町田啓太)に脱毛しているところを見られてしまったことでイメージ回復をしようとダイエットに励んでいました。

そんな時、満子(水川あさみ)は週末に高校の同窓会があることを純と聖良に相談します。
高校時代好きだったサッカー部のキャプテン守口くんが来るということで若返るためにリフトアップの研究を持ち掛けます。

顔ヨガやリフトアップ用のグッズを使うものの即効性はなく週末の同窓会には間に合いそうにありません。そこへ國木田(鈴木浩介)がやってきてリフトアップバンドの使い方を指南します。

しかし、リフトアップバンドでは目元は上がるものの口元が上がらずアンバランス。
そこで國木田は「リフトアップに最も効果的なのは…」と言いかけますが統括マネージャーの松浦(室井滋)が見ていることに気が付き途中で立ち去ってしまいました。

翌日、純は化粧室で岸根香澄に出会いますが榊との関係を聞きたいけど、なかなか聞けません。
一方、聖良はドーナツ屋の前で偶然丸尾に出会い丸尾に一緒に食べようと誘われます。ダイエット中の聖良でしたが思わずドーナツを10個も食べてしまいました。
そのことを純と満子に報告をしているとき、満子は息子に電話をしていました。
息子に「くそばばあ」と言われ、ショックを受ける満子。

やっぱりきれいと言われたいと考えた満子。ちょうど國木田が現れたので以前に言いかけた言葉の続きを聞きます。そして、國木田が言った言葉は「リフトアップに最も効果的なのは笑顔」でした。
笑顔になることで口元も上がります。

そして、同窓会に参加した満子。そこで守口君に出会いました。守口君は太っていて最初は誰かわかりませんでした。
そんな守口君にきれいだと言われ喜ぶ満子。
そして昔話に花を咲かせ気分は高校時代に戻ったと元気になる満子。
息子とも仲直り出来て「人生に遅すぎることなんてない」と悟ります。

しかし、純は「やっぱり遅すぎることはある」と浮かない顔。
榊と岸根のコンサートデートが気になるようでした。

帰宅しようとしたとき榊が気になって美容室を眺めていたら突然大きな音が鳴りました。飛び出してきた榊に聞くとカラー剤をひっくり返してしまったようです。

岸根とのコンサートに間に合わないと思った純は片づけを手伝うと言い出します。
テキパキとした純の仕事ぶりに感心する榊。

作業が終わった時、榊の予定がコンサートではなくレセプションパーティーだと知ります。
岸根とコンサートデートをするのは同僚の岡部和人でした。
勘違いだと知ってホッとする純でした。

【人は見た目が100パーセント】7話の感想

今回、印象深かったのは満子ですね。息子に「くそばばあ」と言われたのは、とてもショックだったようです。
子供も本心ではないものの口うるさく言われると、ついきつい言葉が出てしまうものですね。

また、聖良も丸尾のためにダイエットに励んでいる姿も健気と感じましたね。
純と聖良の2人とも恋愛感情は本格的になってきましたがハッピーエンドとなるでしょうか?

【人は見た目が100パーセント】7話のまとめ

普段は大人しい純が美容室の片づけをテキパキとやっている姿はかっこよかったですね。
また、それを見る榊の目も優しかったです。
純の印象は変わったでしょうか。

今回は、3人ともにいろいろな展開があり、見ごたえがありました。
榊は純のことを気にかけているように思えます。一方、丸尾のほうは聖良のことは同僚としかみてないようにも見えますが、今後の展開も注目ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク