【小さな巨人】6話の視聴率は13.5%!和田アキ子登場とまさかの森友学園ネタに視聴者騒然!

【小さな巨人】6話の視聴率とあらすじ

  • 【小さな巨人】6話の視聴率は?
  • 【小さな巨人】6話のあらすじ
  • 森友学園を連想させる設定に視聴者がどよめく
スポンサーリンク

【小さな巨人】6話の視聴率

【小さな巨人】6話の視聴率は13.5%。

大物が続々と出演し、注目を集めた新章のスタートとなりました。

【小さな巨人】の視聴率と最終回ネタバレ!豪華キャスト起用も低注目度で苦戦必至!?
TBS日曜劇場 ドラマ【小さな巨人】の視聴率と最終回ネタバレ 2017年春クールのTBS日曜劇場(日曜9時)は小さな巨人を放送…

【小さな巨人】6話のあらすじ

香坂は捜査情報を新聞社にリークした処分として豊洲署に異動。

山田は父のコネを使った強引なやり方に上層部の不満が高まり、1年で小野田が1課に戻してくれるとの口約束付きで豊洲署に異動。

祐里は希望が通り刑事となって豊洲署に異動。

渡部は猛勉強の末、捜査一課長の運転担当になった。

藤倉は捜査一課係長に出世。

捜査情報を新聞社にリークした処分として豊洲署に異動となった香坂(長谷川博己)は、「早明学園の事務局で経理課長を務めている夫の裕一(井上芳雄)が失踪したから探して欲しい」と横沢亜美(中村アン)に相談される。

その学園の専務・富永(梅沢富美男)は、元警視庁捜査一課長であり刑事部参事官にまでなった男で、退任後に天下りでこの職に就いていた。また、小野田(香川照之)を一課長の座に引き上げた人間であると同時に、捜査一課で勤務していた香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へと異動させた過去を持つ。

香坂は、山田(岡田将生)や祐里(芳根京子)と早明学園に出向き、新人警察官時代に世話になった富永と久々の再会を果たすと、そこで理事長の金崎玲子(和田アキ子)を紹介される。
金崎と富永から失踪事件の聴取をすると「横沢は横領していたが、長年学園の成長を支えてくれた。一大プロジェクトが始まった大事な時期に公にしたくないから示談にする」と言われるのだった。

しかし、この横沢の失踪騒ぎは、のちに日本警察を大きく揺るがす大事件へと発展する——。

香坂は何かが引っ掛かり横領の件と失踪者の捜索は別だと捜査の継続を決意。

香坂が金崎と富永に話を聞いている間、他の職員の聞き込みをしていた山田は矢部(ユースケサンタマリア)に「お久しぶり、刑事さん」と声を掛けられた。

香坂は小野田に「知らなくても良いんだ」と捜査の終了を言い渡された。

祐里は山田が横沢の家から出てくるのを目撃し香坂に報告した。

横沢の妻(中村アン)からの話で以前夫が家に連れてきたというのが矢部だった。

香坂達所轄は矢部が失踪の手掛かりを握っていると考え、尾行を開始した。

しかしの最中、山田が犯人をわざと取り逃がしたのを祐里だけが見ていた。

香坂はその事を知り山田を問い詰めるがまともな回答は無かった。

早明学園は国が持て余している0円の土地を10億円で購入、その見返りとして学園設立の認可を取り付けるなどの後ろ盾を得ていた。

そんな中での経理担当の失踪、何か裏があるのは間違いなかった。

そんな中、香坂は祐里が入手した些細な情報により矢部の正体と山田の狙いを知る。

実は矢部は警察の人間であり本名は江口。

現在は人事課に所属しているが元捜査二課の刑事であり山田の研修を担当していた人物。

早明学園と政治家との癒着の為に潜入していたのだった。

山田は江口から「横沢さんは不正をしていたのではなく不正の証拠を手に入れようとしていた、協力者として裏帳簿を手に入れた、しかし受け取り前に突然姿を消した」と聞かされた。

山田はどこかに隠された裏帳簿を探す為に所轄員とは別に横沢家に出入りしていた。

山田は香坂の読みを認めたが「僕にだって言えない事はあるんだ!」と部屋を出ると江口から電話があり横沢の居場所と証拠の在り処が判明したと連絡を受け急いで向かった。

その様子を祐里に見張らせていた香坂は後を追った。

到着したのは早明学園の屋上。

そこで香坂と祐里が見たのは血を流している倒れている江口とその傍らに立つ山田の姿だった。

山田はその場から逃亡。

「香坂さんに早く報告すれば良かった」と言い残し、藤倉たちによって逮捕された。

【小さな巨人】みんなの感想

森友学園ネタ、そして和田アキ子さんの登場にざわめく視聴者の方が多く見受けられました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク