【リバース】6話あらすじと視聴率!親友と恋人も登場!?犯人予想はさらに混沌で完敗宣言も!

【リバース】6話の視聴率は?ネタバレあらすじ・感想まとめ!

  • リバース6話の視聴率は?
  • あらすじ:会社倒産の深瀬と謹慎中の浅見が亡き広沢の故郷へ。謎の進展は?
  • 気になるみんなの感想まとめ!
スポンサーリンク

【リバース】6話の視聴率

【リバース】6話の視聴率は7.4%。

【リバース】の視聴率と最終回ネタバレ!原作とは異なるオリジナルストーリーとは?
4月14日スタートTBS金曜ドラマ【リバース】。 『告白』や『夜行観覧車』でも人気の作家・湊かなえさんの原作のドラマ化にくわえ…

【リバース】6話のあらすじ

地味ながらも真面目に勤めていた会社が、突然倒産してしまった深瀬(藤原竜也)。職と共に、同僚にコーヒーを振舞う大切な時間も奪われてしまった。10年前の事件について浅見(玉森裕太)と谷原(市原隼人)の隠蔽を疑っていた村井(三浦貴大)が突然行方不明になり、また、相変わらず谷原も意識が回復しないままだ。周りの人間に次々と悪いことが起きていくことに不安な日々を過ごす明日香(門脇麦)だが、広沢(小池徹平)の死について、兄である村井にある疑惑を抱いていた。そして、深瀬に当時の記憶を話し始める。

そんなある日、久しぶりに美穂子(戸田恵梨香)と顔を合わせる深瀬。ぎこちない会話が続く中、精神的にも疲弊していた美穂子が実家の大阪に帰るかもしれないということを知り、動揺を隠せない。そんな深瀬だが、事件の真相と自分の知らない広沢の素顔に迫るため、謹慎中の浅見と共に広沢の故郷・愛媛へと向かう。ほどなく愛媛へ着くと、広沢の母・昌子(片平なぎさ)と父・忠司(志賀廣太郎)が快く二人を迎え入れてくれるのだが…。

(明日香の独白)――兄ににらまれると、大抵の男は黙った。広沢さんは違った。怖いものなんて何もないみたいだった。不機嫌な顔も弱気な顔も見たことがない。誰に対しても態度を変えないことも好きだった。彼女いますかと訊くと、いるよ、といった。同じ高校だった女の子と付き合ってると。そのときの顔、今でも思い出せる。あまり幸せそうに見えなかった。

病院にて。深瀬と明日香。

「あの日、兄は一人でタクシーを降りて帰ってこなかった」

2007年。回想シーン。もどってこないねと運転手に言われ外へ行く明日香。

「なにあれ?」「いいから行くぞ」そう言われタクシーへもどった。遠くには火の粉があがっていた。

「兄が戻る前、音が聞こえたんです」と深瀬へ告白する。「今から考えると車の爆発の音だったのかな。もういやだ。心細い」

小笠原が病院へきた。写真のばらまきは俺じゃないという小笠原。面白い話しを仕入れたと深瀬にいう。

スーパーへ。男がいる。たしかめてこいと小笠原に言われ、いやいや深瀬は近づく、と、逃げ出したため、小笠原が外でつかまえた。

ドアの張り紙と手紙一通(回想シーン:深瀬はお前を不幸にする、と書く男)は書いたが、それ以外は違うと言う。人殺しの告発文・計4通や線路突き落としはちがうらしい。深瀬は「美穂ちゃんに近づくな!!」

村井がいなくなり四日なんです、と小笠原に相談する深瀬。小笠原は「君より広沢のことを知っている人物を見つければ謎は解ける。じゃあな」

そのころ、「開けてくれ、出してくれ」という村井の場面・・・。

後日、逮捕に深瀬が関わったことを聞いた美穂子。深瀬に会いに来る。散歩しながら話す2人。

「再犯だから刑務所行きだろうって」「そうか。美穂ちゃん、メンタルの面は大丈夫?」「うん、大丈夫、恭子さんにもう少し、甘えようと思ってる。落ち着いたら新しい部屋にかえるかも」「それがいいよ、気分変えてさ」「・・・実家に帰るかも。お店の支店もあるし。母の具合もよくないし」「そばにいてあげなきゃね」

「深瀬君が変わらないと、といってたように、私も同じこと考えてた」という美穂子に、美穂ちゃんは素敵だから変わる必要はないと深瀬は伝える。

自分が好きじゃない。心が狭い。友人や家族を傷つけてきたと、自分を責める美穂子。

深瀬君にもひどいこと言ったよね? ・・・悪くないとてきとうに慰められるよりいいよ、俺きびしくされたい方だからと深瀬はいって笑うのだった。・・・「引っ越し先決まったら教えて」「うん」

広沢の実家へ行く、と浅見に電話で話すと、俺もついでに長野・斑丘に行きたいし、一緒に行きたいと言われる。

電話で広沢の家に連絡すると、「大歓迎よ。待ってるけ」と深瀬は言われ、愛媛へ向かうことに。

電車内。小笠原は悪いひとじゃないと深瀬。お人よしだなあ、と浅見。村井はなんていってたんだと訊かれ、深瀬は「村井は、現場で浅見と谷原が何か隠したんじゃないかって。俺にもよくわからないんだけど」・・・浅見は遠くを見る目。

長野にて。事故現場のガードレールで手を会わせる浅見と深瀬。「こんなに底が深いのか、もしあのとき・・・。いまさらか」と浅見はつぶやく。

別荘へ。売りにだしてある。あのころの回想。焼肉で楽しい場面。広沢いってくれると迎えに行かせる場面。暖炉に火をくべる広沢の面影が「俺いくわ」という。

(深瀬の独白、以下「――」)

――あのとき。ひきとめていれば、命を落とさずにすんだんだ。

長野北警察署。あの頃、窃盗騒ぎで忙しかったという刑事。捕まったと語る。あの事故には不審な点はないと語る。「10キロ流されるものですか?」と深瀬が問うも、百キロ流された件もあると言われる。圧力もなかったという。刑事は小笠原は思いこみ激しい人だった、余計なことを遺族にいうとも。

学校にて。あさみんにあやまりたいと先生に詰め寄る女子生徒・藤崎。しかしあしらわれてしまう。

愛媛へ到着した浅見と深瀬。

お墓へ行き、広沢の父と会う。手をあわせる2人。実家へ。

――たしかめなきゃ。村井のこと。告発文のこと。何をどこまで知ってるのか。

カレーをごちそうになる2人。家庭教師仲間は浅見君やったなあと父にいわれ、深瀬君は?

人付き合いが苦手ではじめての親友だった。みかん入りの蜂蜜をコーヒーにいれたことがあると話す深瀬。よろこぶ両親。蜂蜜を友人にあげたら喜んでくれたんだ、いつも美味しいコーヒー入れてくれるってうれしそうに息子は話してたという。

谷原が入院している話しになり、深瀬は「谷原の試合見に、東京にいらしてましましたか」

「ほうよ。法事があったけ」という。谷原に会いにいったわけじゃなく息子の好きな場所、落語の寄席や野球グランドへ行ったという。

――この人が悪質な復讐をするだろうか。ちがう。彼らじゃないとしたら、誰なんだ。死ぬほど恨んでる誰か、彼女、友達・・・。

「由樹くん、女の子に人気あったんじゃないですか。ご当地ストラップを買う時、妹の分とごまかしたことがあるんです」と浅見。妹はいない広沢。両親も首をひねる。

翌日。みかん畑にて。

海を見ながら、息子にはせせこましかったらしい、外国いきたいと息子はいってたという父。

広沢君と仲よかった人を訊く深瀬。松永くんをあげる母。

2人は松永のもとへ。仲良かった人を集めたという居酒屋にて。

しかし「なんで今さら」という声も聞こえる。「追悼文集でも作るの?」否定しようとする深瀬を制し、そうなんですと浅見は上手くのる。

彼女は?付き合いは? 深瀬は尋ねる。

中学のとき一方的に好きだったたという女性は・・・争いごとがきらい、受け止めることで解決する人、と冷めたかんじで語る。

高校のころの彼女はいいかんじだった、と写真をみせてもらう。

名前は・・・。かわべ?かわだ?かわもと?

そのかわちゃんは東京の大学にいったという。

ここにきてない古川が仲よかったという話しも。親友だが、地味な人だった、足をひっぱるかんじだった、と批難。お葬式のとき「死ね、死ね」と深瀬たちのことをいっていたらしい。

地元の人はみんなあんたらのせいだと思ってると別れ際いわれる2人。

帰り。許されたような気になってたけど・・・誰も許してくれていないと深瀬。迎えにいけといった、うしろめたさは消えない、と浅見。それを見透かす生徒もいるんだ、偽物だ、生徒を責めるは資格ないんだ・・・

「証拠を崖の下に捨てた・・・」浅見は告白する。

2007年の回想シーン。雪の上の血痕。谷原はそれを集める。「血痕から酒がばれる、のました人も罪になる」

浅見は止めようとするが「内定とり消されるぞ」といわれ手伝う。

「ばれたらやばい。頭にはそれだけだった」と告白する浅見。「罪の意識を感じないでくれ、深瀬」

「おれ、見てるだけだった」という深瀬の悔やむ姿をみて、「教師辞めた方がいいのかな」という浅見。

「森下先生いってたよ、浅見せんせいみたいに本物の教師になりたいって。酒も飲まなくなったのは悔やんでるからなんだよね。サッカー部のことだって真剣に考えてるから。それ偽物っていわないと思う」

と、電話があり藤崎がいなくなったという。

夜。アルバムを広げ

古川大志の写真を見つける。ノートに書く深瀬。・・・広沢由樹の彼女はカワちゃん。広沢由樹の親友は古川大志。

と、窓の外を見ると・・・誰かいて

一方、ゴミだらけの家で村井は・・・

深瀬は外に出て彼を追いかける。

病院では谷原の意識がもどり、・・・。

「古川君だよね」と男をつかまえた深瀬は、古川と思われる男に怒りを込めていわれる。

「ひとごろし! 人殺しが何かぎまわってんですか」

【リバース】6話の感想

「切ない」の声は多数ですね・・・。

「さざなみ」に集まった同級生が怖い!!

“今日のリバース。 あさみんと深瀬がひろさわの同級生と集まる場所→食事処さざなみ。 湊かなえさん原作の前ドラマ、Nのためにの成瀬君の実家→料亭さざなみ。 おお!ってなった! #リバース #Nのために #湊かなえ”

話しはそれますが「さざなみ」に気づいた人も。ドラマ「Nのために」と同じスタッフの遊び心か・・・。

また、広沢の同級生、急な誘いにすごく人数集まっていてびっくりですが、けっこうキツイ言い方でしたね。と、思う人もたくさんで・・

“広沢の同級生たち怖い😢 (お酒のこと知らないはずなのに)一緒にいただけで人殺し扱いかよ!! #リバース”

親友と彼女の登場!?・・・犯人予想が混沌。

また、玉森さんの演技を絶賛の声は今週も多数です。本当にいい演技しますね。フードかぶった犯人じゃなくて「ホッとした」という声も多いです。では、最後に犯人予想について・・・

完敗の声もでた「わからない」派から・・・

“今日も #リバース 良かった!! 幼馴染みで親友の古川、高校時代の彼女… はたまた違う人物か… 告発文の犯人と事件の真相… あぁぁぁ気になるー(>ω<) でも深瀬の彼女襲ったのはファン予想の玉ちゃんじゃなかった😅 久々に毎回おもろいドラマ😆🎵 誰一人どうでもいい役おらんもんなー😌”

血痕からの予想。強盗・窃盗犯が広沢に血を流させた?たしかにラジオで流れてましたね・・・。

先週深瀬に何度も不自然にみえるくらい謝っていた美穂子か・・・根拠は少ないがフェードアウトはなさそうですし。

あやしくない(だから、あやしい!?)深瀬が犯人説

“当初から一番犯人ぽくない深瀬が犯人説を推してるけど、最終回まであと何話なんだろう?美穂ちゃんがこれだけで終わるはずないしな〜 #リバース”

と、混沌状態。さすが湊かなえ原作。謎は深まるばかりですね。ラストで古川とは出会いました。広沢の彼女は? 村瀬も意識が回復して、進展しそうです。ますます目が離せませんね。

画像・粗筋引用リバース公式サイト

【リバース】の視聴率と最終回ネタバレ!原作とは異なるオリジナルストーリーとは?
4月14日スタートTBS金曜ドラマ【リバース】。 『告白』や『夜行観覧車』でも人気の作家・湊かなえさんの原作のドラマ化にくわえ…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク

『【リバース】6話あらすじと視聴率!親友と恋人も登場!?犯人予想はさらに混沌で完敗宣言も!』へのコメント

  1. 名前:love5takumi 投稿日:2017/05/21(日) 22:03:36 ID:cbef06e16 返信

    古川君の最後のセリフが聞き取れません。誰か教えて頂けないでしょうか?