【人は見た目が100パーセント】6話あらすじと視聴率!ブルゾンちえみにも恋の予感!

スポンサーリンク

【人は見た目が100パーセント】6話の視聴率

【人は見た目が100パーセント】の6話視聴率は6.4%。

前回よりも0.1ポイントダウンでした。やはりある程度安定しそうな感じですね。
ここまで見てきた視聴者は、【人は見た目が100パーセント】の雰囲気が好きな人だと思います。
放送前から、with Bが出演するということで話題になっていたので、もう少し伸ばしたところでしたね。

【人は見た目が100パーセント】6話あらすじ

眼鏡を壊してしまって、朝早く眼鏡店に向かおうとしていた純(桐谷美玲)ですが、美容師の榊に出会います。
思わず動揺してしまう純。

眼鏡店を見つけて慌てて駆け込もうとしたのですが、ガラス扉に気が付かずに激突してしまいます。

そのころ、研究所の満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)ですが、パソコンのトラブルに困っていました。
そこで同僚の研究員、丸尾(町田啓太)がデータを届けに来たので、見てもらうように頼みました。

「男子は頼られると嬉しいらしい」という聖良ですが、満子は「丸尾くんにモテテクを使っても仕方がないんじゃない?」と言いますが、聖良の態度から丸尾に好意を持っていることに気が付きます。

そこへ純から電話があり、セレブが利用することで有名な病院に入院することになったことを知らされます。
気を失った純を榊が病院につれてきてくれたそうです。

モデルやイケメン秘書を連れた女社長などと同じ部屋になってしまった純は人に見せられるような部屋着がないことでトイレにも行けないと困っていました。

そこで、満子と聖良はルームウェアの研究をして純に届けることにしました。

そんな時、満子と聖良は榊と偶然出会い、純のことを報告します。すると、榊は「もし行けたら、自分もお見舞いに行く」と伝えます。
純に連絡し、素敵なルームウェアを届けることを約束します。

その後、トイレに入った2人ですが、ハンドドライヤーが壊れていました。
そこに庶務課の岸根香澄(足立梨花)と森村美優(岡崎紗絵)に出会い、ハンドタオルを貸してもらいます。

ハンドタオルの柔らかさに驚く2人。そして、ルームウェアも同じ素材だと聞きます。
そこでさっそくネットでチェックをしてみましたが値段が高くて驚く2人。
似たような安いルームウェアにしようとしたら、そこに國木田(鈴木浩介)が現れます。

國木田によると、本物は素材が違うのでわかる人にはすぐにわかるそうです。やはり、本物を買うことにしました。
そして、満子は純に届けました。

そのとき、聖良は丸尾につり橋効果で好きになってもらおうとドキドキしてもらうように画策するもうまくいきません。

そこで毎朝ウォーキングしていることを満子から聞いていたので待ち伏せて一緒に歩きます。
汗をかいて上着を脱いだほうが良いという丸尾に対して上着を脱ごうとした聖良ですがムダ毛の処理ができていないことに気が付きます。

そこで、聖良は脱毛について研究することを提案します。
脱毛グッズを色々試していると國木田が現れて、アドバイスをします。

脱毛グッズを試していると、そこに丸尾が現れました。
聖良をみて思わず笑う丸尾。
笑われた恥ずかしさと笑ってもらえた嬉しさに複雑な気持ちになる聖良。

一方、病院で榊がお見舞いに来るのを待つ純。眠くなる薬を飲んでしまった純ですが、榊が来ることを信じて眠らないように努力します。

榊も病院にお見舞いに行こうとするのですが、仕事が入ってしまったりお見舞いの花屋で手間取ったりと遅くなってしまいました。

榊がお見舞いに来た時には純は眠ってしまっていました。
朝、目覚めたときに純のお見舞いの花とメッセージカードを見て微笑みます。

そして、ついに純が退院し研究所に帰ってきました。
そんなとき、聖良に純と同じブランドのルームウェアが届きます。

満子が聖良をいじっているので、純も何となく聖良の気持ちに気が付きます。
果たして、聖良の恋の行方はどうなるでしょうか?

【人は見た目が100パーセント】6話の感想

今回は純と聖良の2人の恋愛模様が描かれました。
同僚の研究員、丸尾に恋する聖良ですがつり橋効果を試そうとしたり素の自分を出せないことで悩んだりと健気な一面を見せましたね。

一方、純も榊が見舞いに来るかもしれないということで眠らないように懸命に起きている姿も素敵でした。

恋愛経験の少ないリケジョの2人なので一途ですね。

【人は見た目が100パーセント】6話のまとめ

今回は、ブルゾンちえみさん演じる聖良の恋愛模様が描かれましたね。
これまでは純の恋愛が中心だったのですが、聖良の恋の行方も注目ですね。

また、ブルゾンちえみさんとwith Bの競演も見どころですね。
絡みはなかったですが、目を合わせたシーンなどは必見だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク