【ファイナルファンタジーXIV光のお父さん】5話あらすじと感想!天然な父の告白とは?

【ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん】 第5話のネタバレあらすじ・感想まとめ

  • 『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』 第V話「光のお父さんは意外な言葉を口にした。」 が5月16日深夜、TBSにて放送されました。
  • 予告で父に会社復帰がもちかけられていましてね。どうなるのでしょう。ネタバレこみで紹介!
  • 気になるみんなの感想もまとめます!
スポンサーリンク

【ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん】 第V話のあらすじ

旧友の大野(長谷川初範さん)から仕事復帰を頼まれた博太郎(大杉漣さん)はかたくなに固辞。博太郎の息子光生(千葉さん)は父に、会社を辞めた理由をゲーム内で聞き出そうとすると、博太郎は意外な話を始める……。

大野から仕事復帰を依頼された博太郎は、会社の問題点をまとめたリポートを手渡される。博太郎はその分析結果を大野に渡すも、就職は固辞し、大野にある真実を告白する。一方、ゲーム内で父との距離を徐々に縮めていた光生は、父に退社理由を聞き出そうとするが、見事にはぐらかされてしまう。別の日、ゲーム内で博太郎と二人きりになった光生が再び質問してみると、父は意外な話を始める……

引用まんたん

博太郎は親友の大野から復帰を持ちかけられるのですね。断ったという事実とは、光生が聞いた意外な話とは何か。以下、ネタバレこみで紹介します。

冒頭は回想シーン。小さい頃の光生。行列の店にやっと入り、光生、母は天ぷらそばを注文。

一方、父は「カレーライス!」

――僕の父は肝心なことを意外なタイミングで言うスペシャリストだ。

「大みそかなのよ。そば食べにきたんじゃないの」と母。アレルギーがわかったと報告する父。あきれる母。

――妙なプライドなのか、恥ずかしがり屋なのか、単なる天然なのか、それすらもよくわからない。だが、そのせいで家族が振り回されてきたのは事実だ。

ある日の夕食前、父の退職理由を訊くも母は知らないらしい。「あなたの好きなから揚げよ」と夕食ができたと母は父に告げるも、父はゲームをやり続け、ダイエットを始めたからいらないと言う。早くいってよと母。

――やはり父の告白はいつも意外なタイミングだ

ある日、父は親友の大野に会いに行った。業績改善の意見を頼まれる。またうちの会社にこないかとも。その帰り、二次会への途中に光生は大野と父に出くわした。(写真は反対方向に父を見つける場面。泥酔も会社人間が辞める覚悟の伏線ですね)

久しぶりだと挨拶する大野。先輩の送別会途中だった光生はその旨伝え抜けようとするが、大野は、送別といえば、お前の父は親友にも退職理由を教えてくれないんだと嘆かれた。

送別会にて。介護離職とは無念だろう、十年以上も勤めたのにやめるのは簡単じゃないだろうという話しになった。父のことを考え、複雑な光生だった。

ゲーム内にて。少しは仲良くなったインディこと博太郎と、マイディーこと正体を隠した光生。光生は「これくらいなら踏みこんでも」とゲームを始めた理由から問う。

できの悪い息子に勧められ嫌々だったがはまった、と言う父。時間をどう作っているかとつめると、仕事は辞めたと父。その理由を問うが、父は「すいません落ちます」

後日、報告書を大野に見せる父。褒める大野はもう一度復帰を依頼。断り切れず父は告白する・・・。

帰り、若い父子の遊ぶ姿を見かける父、博太郎。帰宅後、光生の小さいころの写真も見つめる。

ゲーム内にて。「今日はいよいよガルーダが相手です」と光生。

その頃、大野は幹部に再建計画を話す。それはマッチングの検証。その実践のための人材育成。再編成。人材不足より、社内の発掘や育成不足と指摘。ミスを恐れさせてはならないと説く大野。フォローしあえる関係を求め、挑戦する意欲を、冒険する喜びを持とうと鼓舞。・・・博太郎に感謝する大野だった。

一方、ゲームでは

ガルーダを倒した。インディ(父)に感謝されるマイディー(光生)は・・・退職理由を再度問う。

社長の奥さんに手をだして。ええ!!うそぴょーん。

宝くじに当たって。ええ!!うそぴょーん。

と応酬がつづいたあと、「実は病気なんです。そろそろ寝ますね」と父。

冗談だろと光生は呆然。

ゲームをしまう父に夜食を勧める母。ダイエット理由に断られ「痩せたみたいね」フフフと笑って母は去るのだった。

【ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん】 第V話の感想

会社のリアルパートに「ほんとそれ」

本ドラマの魅力は短い放送時間の中なのに、リアルパートも光ること。企業は常に挑戦しないといけないし、人材の育成が大切ですね。大野に気づかせた優秀な父は辞めざるを得ない理由があった。つながりが見事。先輩の送別会も、父の退職とリンクさせてましたね。

涙!!親子愛のドラマに感銘。

毎回いやされる父と子には目が離せませんね。

ドラマ化オファーもゲームとリンク!?

ゲーム制作会社に勤務している“光のぴぃさん”。ぴぃさんはルガディン(ゲームのプレイヤーキャラクター)となって『光のお父さん』の映像化をマイディー氏にオファーするが、マイディー氏から「大迷宮に挑み、“ツインタニア”を倒してください!」との指令を受けたことから、ぴぃさんはFFの中でその指令をクリアしていくという試練を経験することになる。結果的にぴぃさんの熱意に打たれたマイディー氏もドラマ化を目指すこととなったのだ。そして、その一連の推移がマイディー氏のブログに掲載されファンはその一部始終を見守ってきたわけである。

ドラマ化オファーもオンライン上で決定 『光のお父さん』の魅力とは?引用(オリコン) – Yahoo!ニュース

ドラマ化も「光のぴぃさん」の物語があったのですね。ゲームとリアルの混合はもう本当にどこまでなのでしょう。父の病気は真実か。残り2話。地方でも放映スタートとのことですが、ますます見逃せませんね。

【ファイナルファンタジーXIV光のお父さん】3話のあらすじと視聴率!父子のドラマに感銘!
【ファイナルファンタジーXIV光のお父さん】3話の視聴率 【ファイナルファンタジーXIV光のお父さん】3話の視聴率は1.4%でした。初…
【FFXIV光のお父さん】4話 あらすじと感想!かわいい名脇役夫婦は他局も出演中!?
【ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん】の4話がTBSで5/9深夜に、MBSで5/7(日)に放送されました。 4…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク