【人は見た目が100パーセント】4話あらすじと視聴率!ついに榊にメール!返事は来るか?

【人は見た目が100パーセント】4話が5/4に放送されました。

3話では、純がついに自分の恋心に気づきました。自分に自信が持てない純がどのように自分の恋愛に向き合っていくのか?
また、榊は純の思いに応えてくれるのか?
今後の展開が注目ですね。

それでは、木曜ドラマ【人は見た目が100パーセント】4話の視聴率、あらすじ感想について紹介します。

スポンサーリンク

【人は見た目が100パーセント】4話の視聴率

【人は見た目が100パーセント】の4話視聴率は5.5%。

前回よりも0.5ポイント下げてしまいました。
右肩下がりが止まらない感じですね。
コメディドラマですが、笑いどころがわかりにくいというのも要因かもしれませんね。

【人は見た目が100パーセント】4話あらすじ

美容室「ルーチェ」のイケメン美容師・榊に恋をしていたことに気づいた純(桐谷美玲)。
研究室で満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)に報告します。
ただ「どうせかなわぬ恋」と何もせずに諦めようとします。
しかし、満子は「あきらめる前に何かアクションを起こしてみたらどうか」と提案。

榊が褒めてくれた髪をきれいにするためにシャンプーについて研究することにしました。

シャンプーについて調べてみると髪の状態にあった成分のシャンプーを選ぶ必要があることがわかり、それぞれにあったシャンプーを購入しました。
3人は効果に手ごたえを感じました。

しかし翌日、満子が怒っていました。風呂場に置いておいたシャンプーを夫の芳彦(山崎樹範)が勝手に大量に使い、しかも古いシャンプーと混ぜてしまったというのです。

その後、純は聖良と榊が庶務課の香澄と美優と話しているのを目撃します。純が貰ったのと同じシャンプーのサンプルを使用した感想を榊に送ったところメールに即レスがあったと話していました。

それを聞いた純は自分もメールで榊を誘おうとするのですが、なかなか勇気を出して送ることができません。

翌日、研究室では満子が相変わらずイライラしています。そこに同僚の理系男子がやってきます。シャンプーの研究をしていることを知り髪の洗い方についてアドバイスをしてくれました。

また、その後やってきた國木田からも髪の健康には女性ホルモンが大切なことと女性ホルモンを増やすにはイソフラボンが大切であることを教えられます。
イソフラボンを摂取するために、さっそく豆乳を箱買いするのでした。

豆乳を飲みながら今の夫と結婚したのが人生の最大の過ちだという満子。しかし「後悔しているのか?」という聖良の問いに後悔はしていないと応える満子。

それを聞いた純はシャンプーのサンプルの感想をまとめて榊に誘いのメールを送ることを決意します。

勇気をもってメールを送った純ですが榊からの返事がきません。
翌日、研究室で落ち込む純に対して満子と聖良はジーンズを研究することを提案します。

純を励ますために純の心情にあったジーンズを選んでいると、ついに榊からメールの返信が届きました。

しかし、届いたのは美容室の予約OKのメール。そう、純が送ったのは美容室の予約のメールだったのです。

【人は見た目が100パーセント】4話の感想

自分の恋心に気が付いたものの自分に自信が持てず榊にメールを送ることに躊躇う純。
そして、メールを送ったあとも返事がなくて落ち込む純。
純の一途さがクローズアップされた4話だったと思います。

せっかく葛藤の上に送ったメールもデートではなく美容室の予約であったところも純のかわいらしいところだと思いました。

今後の展開が楽しみです。

【人は見た目が100パーセント】4話のまとめ

今回は3人のうち唯一の既婚者である満子が結婚した時の馴れ初めが描かれましたね。

いつも夫の愚痴が多く夫への愛情が冷めているような言動が多い満子ですが「結婚したことは後悔していない」という言葉からもわかるように恋から愛に変化しているということだったのではないでしょうか?

親子愛、兄弟愛などもありますが親や兄弟だと気兼ねなく、いろいろなことが言えてしまいます。また逆に普段はありがたみがわからない存在でもあります。
でも心の奥には信頼がある。

満子の夫への感情も、そういう愛なんだろうなと思わせてくれる4話でしたね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク