ドラマ【恋ヘタ3話あらすじと感想】イケメンたちの甘すぎる言葉に「完敗女子」が急増中!

深夜ドラマ【恋がヘタでも生きてます(恋ヘタ)】にハマる女子が急増している。

恋ヘタは様々なタイプの男女のいかにも少女漫画らしい甘すぎる恋愛模様を描いたドラマ。

最近では「奪い愛、冬」のような不倫ドラマや「逃げ恥」のような一風変わった関係を描いたコミカルな作品がヒットしている為、制作側もその手のドラマを量産する体制に入っている。

しかし、視聴者としては既に「飽き飽き」し始めている状況。

恋ヘタはそういった層に受け入れられているのかもしれない。

今回は【恋がヘタでも生きてます(恋ヘタ)】の3話のあらすじと感想まとめ

ドラマ【恋がヘタでも生きてます】のキャストとあらすじ!実生活充実中の高梨臨が恋愛下手に?
4月スタート読売テレビ・日本テレビ系新ドラマ【恋がヘタでも生きてます】。 主演は高梨臨さん。 原作は藤原昌さんの『恋がヘ…
スポンサーリンク

【恋がヘタでも生きてます(恋ヘタ)】3話のあらすじ

恋ヘタのここまでのストーリー

高梨臨×田中圭

スマホゲーム会社に勤める美沙(高梨臨)は仕事はデキるが恋は下手な女。

そして彼女がジョギング中に出会ったのが犬の散歩をしていた雄島(田中圭)という仕事も恋愛も全て手に入れるという欲張りな男。

少し強引な彼に最初は戸惑うものの、徐々に気になる存在に。

しかし、彼は実は美沙の会社の新社長だった。

仕事には自信のあった美沙だが雄島は会社のやり方や体制を改革していく。

反発する美沙だが雄島は仕事で結果を出し、周囲にも認められていく。

遂に告白された美沙は「仕事をやめるか、私と付き合うかどっちかにして」という条件を突きつけた。

土村芳×長田成哉×内田理央×淵上泰史

美沙とルームシェアしている千尋(土村芳)には仁(長田成哉)という婚約者がいる。

しかし仁は千尋の後輩の理佳子(内田理央)と浮気をしており、それが発覚。

絶望の中、ひょんなことで出会った橋本(淵上泰史)に恋愛相談をする。

橋本はセフレさえいれば恋人は要らないという考えなのだが千尋は彼の良さを知っていく。

橋本は実は美沙の同僚、しかしこの事実はまだ誰も知らない。

【恋がヘタでも生きてます(恋ヘタ)】3話のあらすじ

「ちゃんと付き合いたい」

美沙は雄島に告白された。

しかし恋に臆病な美沙は「どうしても付き合いたいなら会社辞めて下さい」と条件を付けた。

本気にするわけない…そう思っていたのだが次の日、会社で「雄島くんから話があるそうだ」と会長に呼び出されハラハラしてしまう。

その話とは退職の話ではなく、スマホゲームの声優の不倫スキャンダルが週刊誌に出るというものだった。

千尋は仁との関係を橋本に相談。

「突き放してみろ。相手には浮気くらいじゃお前が離れていかないという自信がある。まずはその自信を崩す。」とアドバイスを受けた。

そして仁と結婚式の話をしに行った時、の婚約を破棄した。

彼は「理佳子とはもう会ってない」と嘘をつき、千尋はその場に居られなくなった。

雄島は元カノの和久井(野波麻帆)にパーティーに誘われる。

雄島は美沙を誘い、当日は車で会場へ向かった。

途中、渋滞に巻き込まれ、美沙は狭い車内にドキドキしていた。

雄島は「こういう時間っていいよね。なかなか二人の時間って持てなかったから。君を誘って良かった。」とサラリと言った。

千尋は無くした婚約指輪を買いに行くため、橋本に付き合ってもらった。

千尋はお礼に大好きな香りの香水をプレゼントした。

二人が歩いているところを理佳子が目撃し、写真を撮った。

パーティー会場に到着した美沙と雄島。

雄島が和久井とばかり行動していたので美沙のお酒が進んだ。

しばらくして二人がいないことに気付く。

外に出ると和久井から「本気じゃないならやめておいて欲しいの、彼は簡単じゃないから。」と意味深な事を言われた。

その後も仲良さげな雄島と和久井、「関係ない。仕事だから。」と自分に言い聞かせるが気になって二人の後を追ってしまう。

そして見ているのが辛くなり、美沙は雄島に帰ると言った。

美沙「もう追いかけないでください。」

雄島「追いかけるよ一人にしたくないから。今日はすまなかった。」

美沙「自分のバカさ加減に腹を立ててるだけ。何なの?付き合いたいなら会社辞めてって。わからないの、どうしてそんなこと言ったんだろうって。自分の言ったことに責任取れないくせにあなたが会社辞めちゃうんじゃないかってハラハラして、バカみたいで、最低で、面倒な女で、相手に条件突きつけなきゃ恋もできない臆病者で、でもそれがあたしなの!」

雄島「仕事は続けるよ。」

美沙「わかってるよ。だからもう…」

雄島「僕は仕事も恋も欲しいものは全て手に入れる。君が欲しいんだ。」

美沙「なんであたしなの?仕事も恋も何でも手に入れられるあなたがこんな私を手に入れて何がしたいの?私にだってプライドがあるの!」

雄島は泣き叫ぶ美沙を軽く抱き締め、「君は僕に勝とうとしてるんだね。それならもう勝負はついてる。先に恋した僕の負け。美沙、今度は君が負けてくれないか?負ける快感を味わって欲しい。」

千尋が家に帰るとマンションの前に仁がいた。

彼は千尋と橋本の写った写真を見せた。

しかし、仁は「ごめんな、結婚考え直すって言われて目が覚めた。俺にはお前しかいない。もう一度俺にチャンスくれないかな?結婚してください。今すぐに返事くれなくて良い。俺待ってるから。」と帰って行った。

その夜、千尋は橋本を呼び出した。

彼に2度目のプロポーズをされたことを話した。

千尋「わからないんです。彼、理佳子ちゃんに会ってた事、言わなかった。わからないんです。もうどうしたらいいのか。体の関係ってそんなに大事ですか?」

橋本「なら試してみるか?」

橋本は暗い公園で千尋に濃厚なキスをした。

一方の美沙は雄島の車である場所に着いた。

そこは旅館。

美沙は今の状況が自分でも信じられなかった。

【恋がヘタでも生きてます(恋ヘタ)】3話の感想

恋ヘタのメインキャストにはそれぞれ際立った特徴があり、みんな誰かに強烈に惹かれてしまうようです。

高梨臨さんのちょっとやり過ぎた感のある演技が少女漫画らしさを出しています。

そして最近大ブレイク中の田中圭さんには熱狂的なファン急増しているようです。

美沙の親友でルームメイトの千尋も大人気です。

千尋役の土村芳さんは朝ドラ「べっぴんさん」に出演するなど現在人気急上昇中の女優。この様子だと今後はゴールデンでも観る機会が増えそうです。

オトナの色気が凄い橋本も大絶賛でした。

橋本演じる淵上泰史さんは2016年にはドラマ7本に出演。

特にHuluオリジナルの小栗旬主演「代償」ではメインキャストとして難しい役を演じていました。

暗いお話が大丈夫な方にはオススメです↓。

【恋ヘタ】3話まとめ

3話ではキャストの魅力が滲み出てきた印象です。

ストーリーも急展開を迎え、一気に面白くなりましたね。

田中圭「負ける快感を味わって欲しい」には女性の黄色い声が飛び交い、完敗ムードとなっていました。

男も女も「どっち派?」と盛り上がる作品となっていますので是非、見逃し配信などでチェックしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク