ドラマ【緊急取調室】1話のあらすじと視聴率!三田佳子さんの迫力が凄い!今期最高視聴率!

待望のドラマ【緊急取調室】シーズン2が始まりました。

”キントリ”チーム、特に真壁(天海祐希)の弾丸トークバトルを期待している人も多いはず。

その期待に答えてくれるのでしょうか?

楽しみです。

ドラマ【緊急取調室シーズン2】のキャストとあらすじ!天海祐希の弾丸トークバトル再び!
4月スタートのテレビ朝日木曜ドラマは、あの人気ドラマ【緊急取調室】の第2シーズンが放送されます。 高いテンションのドラマがよく…
ドラマ【緊急取調室】の視聴率と最終回のネタバレ!  8年前の事件のラスボスはいるのか?
ドラマ【緊急取調室】の視聴率と最終回ネタバレ! ドラマ【緊急取調室】が4月20日( 木)よりスタート! 『就活家…
スポンサーリンク

ドラマ【緊急取調室】1話あらすじ

宅配便の配達員が殺された

真壁(天海祐希)らキントリメンバーが、珍しく射撃練習をしている。

集中力を高めるための練習だそうだが…

自首した犯人は77歳の老人

宅配便の配達車の中から、28歳の配達員・小牧修介(石田卓也)の遺体が発見された。

天涯孤独の未亡人・白河民子(三田佳子)が、「私が殺したんです。」と自首をする。再度確認をすると「私、そんなこと言いました?」と…、時間が経つと自首した記憶さえ曖昧な状態になる。

小牧の死因は薬物による砒素による中毒死。水筒のハーブティに毒が入っていたのだ。

そして、運転席で傘を差したまま死んでいた。車内の指紋はいずれも民子と一致しないばかりか、犯行に使われた毒物も彼女の自宅からは発見されなかったのだ。認知症の症状もないという診断だ。

この事件は重要案件に指定され、真壁有希子(天海)ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーたちが取り調べを担当することに。真壁は「何歳であろうと犯人は犯人。丸裸にしてやる。」と意気込んでいる。

民子は小牧に「アクアブルーの水筒を渡した」という。

「小牧は愛想がいいが、裏がる。あの人は落書きを… 『民子さんが落書きをしたのを見たよ。黙っているから10万都合つけて』と言われて、怖くなって…」と脅されていたのだ。

水筒には「スーパーで売っている、一番安い煎茶を入れた。」。

一筋縄ではいかない77歳

何が嘘で、何が誠か。有希子は一筋縄ではいかない民子にいら立ちを覚えながらも、あらゆる手を尽くし、彼女の深層心理と真実へつながる突破口を開こうとする。

落書きをしたのは、民子ではなく12歳の男の子。

民子は、小牧が浮気をしていた女性・ふみかが犯人だと思い、「死ぬ前に誰かの役に立ちたい。ふみかの子供がかわいそうだから身代わりになった」と言う。

ふみかの家を捜索すると、アクアブルーの水筒とハーブティーも見つかり、車に残っていた指紋はふみかとその子供2人のものだった。

何もかもが、二転三転する。

ふみかの子供だけが民子の庭をキレイと言ってくれたから、庇った。

民子の夫は売れない画家で、パリで亡くなったが「自殺よ。でも砒素じゃないわよ。」

ふみかが犯人?

ふみかが取り調べで言うには「小牧と車の中で密会したところを、民子に見られた。それに、いつも子供がうるさいって言われてた。民子の言うことは嘘だ」と。

小牧は、特に老人に評判のいい配達員で、民子の家の蜂の巣を取ってやったりしていた。民子には、毎日のように荷物が送っていた。それに、ボランティア団体へ「歯ブラシ1本、タオル1枚」とか送っていた。

民子の家の玄関に、絵画を飾ってあったあとがあり、緑の傘をさした民子の絵が飾ってあったと推測。

昔の油絵の具の中には、毒を含んでいたものがあったらしい。

民子の夫の自殺は、毒だった。

それに、民子がふみかと同じ水筒を買っていたカメラ映像があった。やっぱり民子が犯人か…

民子の再聴取

「民子の取り調べの作戦はないけど、勝算はある。」そして民子に「疑っているわけではない。小牧を殺したのはあなたに間違いないとか確信しているのです。」意気込む真壁。

真壁は「ふみかの家へ行った時に、ふみかの指紋のついた水筒とすり替え、ハーブティーを盗んだんです。あなたを甘く見ていました。あなたが間違いない。必要がない傘がその証拠。あなたの玄関にあった絵に傘が描いてあったからです」

民子は「でもどうやって砒素を手に入れたの?」と切り返す。

民子は、小牧を亡くなった息子のように思っていたから、週に3日も集配を頼んで家に来てもらっていた。浮気を知って、腹が立っていた。

民子の夫が描いた絵が見つかったが、傘は「赤」色だった。民子の夫の絵は、最初に赤を塗る技法で描いており、その上に緑で色を重ねていた。その緑を剥がして「砒素」を手に入れていた。

民子の家に届いた荷物は、近くのコンビニから発送されており、すべて民子自身の筆跡。つまり、小牧に会いたいため、自分で自分に送っていたのだ。

民子は「あの人を、会いしていた。初めて本当に好きになった人だった。でも、人の道を外すような浮気をしていた。」

小牧は知っていたのだ。民子が自分で自分に宅配便を送っていたのを。「よっぽど俺のことが好きなんだな。キスくらいしてもいいけど、10万くらいは欲しいかな」と、バカにされたのが腹がたった。

結局、民子は「息子みたいに思っていたのに裏切られたから、殺したの。これでいいかしら?」と、本当の気持ち・本当の理由を隠したままだった。

真壁は、取り調べのカメラ映像の保管する際に「ミセスレインの初恋」とラベルを貼った。

ドラマ【緊急取調室】1話視聴率

緊急取調室の1話視聴率は、17.9%!!!

今期最高視聴率でスタートです!

関西地区では21.4%と、20%を突破。

シーズン1やスペシャルよりも高く、なおかつ、元旦の『相棒』スペシャルを上回り、今年放送の民放ドラマで最高視聴率となりました。

夜20時からの【警視庁・捜査一課長】から続けて見たという方も多いかもしれませんが、やはり人気の高さが伺えます。

みなさん、”密室でのトークバトル”を楽しみにしてらっしゃったんですね。

偶然見た方も、「ドラマの迫力に最後まで見てしまった」という意見も多く、安定感・演技力・ストーリーとバランスが取れています。

今後も楽しみです!

ドラマ【緊急取調室】1話感想

さすがでしたね。

真壁役の天海祐希さんに対し、犯人の77歳女性役を大ベテランの三田佳子さん。

この2人だから成り立つような、取り調べのやり取りでした。

三田佳子さんの、二転三転する証言の仕方、真壁の突っ込みに対する交わし方、おしゃれなんだけど孤独な老人役は、何ともいえないくらいです。

また、プロットもうまく練られていて、「まだいくの」っていうくらいに最後まで引っ張られました。それも嫌味じゃなかったんですよね。

最後に画面にアップになった「これていいかしら?」という三田佳子さんの顔は、とても美しくて迫力がありました。

シーズン2のスタートに相応しい内容とゲストでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク