ドラマ【小さな巨人】が思わぬ高視聴率!「アツすぎる!」「シンゴジラ×半沢直樹?」

4/16に放送が開始されたTBS日曜劇場【小さな巨人】。

事前調査では他の作品に埋もれてあまり注目が集まらなかった小さな巨人ですが、放送を見るとこれだけ豪華なキャスト&スタッフで面白くないわけがないと実感させられる出来となっていました。

重厚な刑事ドラマ好きにはたまらないドラマとなりそうです。

今回はドラマ【小さな巨人】の1話あらすじと視聴率、感想をまとめていきます。

【小さな巨人】の視聴率と最終回ネタバレ!豪華キャスト起用も低注目度で苦戦必至!?
TBS日曜劇場 ドラマ【小さな巨人】の視聴率と最終回ネタバレ 2017年春クールのTBS日曜劇場(日曜9時)は小さな巨人を放送…
ドラマ【小さな巨人】のキャストとあらすじ!長谷川博己&岡田将生で目標は半沢直樹!
2017年4月スタートのTBS日曜劇場は【小さな巨人】。 このドラマは長谷川博己と岡田将生を主体とした刑事ドラマです。 …
スポンサーリンク

【小さな巨人】1話の視聴率

小さな巨人の1話視聴率は13.7%

前評判では10%前後と見られていたのですが大ハズレ!

さすがの効果キャスト陣と見ごたえある構成に高評価が連発しました。

【小さな巨人】の感想

軒並み高評価!

他のドラマやアニメとの比較も…

全体を通して高評価が多く、他の作品と比較されるのも人気作の証ということでしょうか。【小さな巨人】がこれから更に面白くなり、多くの人が楽しめるドラマになると良いですね。

【小さな巨人】1話のあらすじ

「これまで自分を引き上げてくれた上司に報いようと自分を粉にして働き、気付けば同期の中でも断トツの出世頭となった。しかしその上司の裏切りに遭ったんです。裏切った上司は父親も騙していたことがわかった。許す事など絶対にできない。」

ある事件の容疑者について捜査一課の香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)は語る。

そして「証拠ならある、私の勘だ。」と容疑者確保の支持を出す捜査一課長の小野田(香川照之)。

ホテルでは容疑者の男を見張る所轄の刑事、渡部(安田顕)と中村(竜星涼)が今にも接触しようとしていたところを香坂が止めた。

「所轄が何を?我々の事件です。所轄はこの場を動かないように。これは警視庁捜査一課の命令です。」と冷たく言い放ち、容疑者を確保した。

その時、ホテルの前でタクシーを拾う人物(加藤晴彦)がいた。

中村はその男を追おうとしたが渡部が悔しがりながら制止した。

香坂は渡部に散々嫌味を言い、「捜査は理論です」と言い放ち去って行った。

香坂は三笠(春風亭昇太)と食事をしていた。

三笠は前捜査一課長で今は警察署の所長をしているエリート、香坂を非常に可愛がっている。

そこで先程タクシーを拾っていた人物が管内で飛び降り自殺をした女性の元交際相手だったことを知った。

そこに突然、小野田がやってきた。

三笠と小野田は互いに謙遜し合っているがこの二人、意見が全く合わない犬猿の仲。

香坂は出世の為にこの水と油、双方に溶け込むよう努めている。

会食が終わると、料亭の入口で偶然、ホテルでタクシーを拾っていた男と仲良さげな女性(佐々木望)を見掛ける。

その男は交際相手の葬儀の帰りに別の女性といることを不審に思い車を止め、「お酒呑まれてますよね?」と職質を掛けた。

仕事があるからと車に乗り込もうとする男を止めようとしたが手を払いのけ、香坂の警察手帳が車に傷を付けた。

男はそのまま車を発進させた。

次の日、同期の藤倉から電話でゴーンバンクのニュースサイトを見るよう言われる。

そこには「宴会帰りの刑事、行き過ぎた捜査で車を破損」というニュースが載っていた。

香坂は監察官(手塚とおる)から早速呼び出しをされ、詳しい聴取が行われた。

そこに小野田が呼び出されやってきた。

小野田は香坂を庇う事なく日本酒を飲んだことを監察官に語った。

香坂は今までノンキャリアの中では最も早い昇進をして数々の手柄を立ててきた。

しかし、この一件で捜査一課から所轄に飛ばされることとなった。

小野田は香坂には期待もしており、守ることも出来たが決め手となったのは”勘”だと語った。

香坂が飛ばされた所轄は芝警察署、三笠が所長を務める歴史ある警察署だった。

香坂は知らなかったのだが、その日芝警察署にはある事件の捜査本部が置かれ、捜査一課長も来ていた。

そこで行われていたのは香坂の左遷の原因となったゴーンバンクの社長(桂文枝)が誘拐された事件の捜査会議だった。

やる気を出す香坂だったが山田に「所轄は後方支援ですよ」と言われてしまう。

と、そこに犯人からのメールが届いた。

身代金5億円を用意し、それを4つ分けて東京駅に運べというもの。

しかも運搬人には中田社長の息子・飛び降り自殺をした女性の元交際相手である中田隆一を指名してきたのだった。

本部ではモニタリング、東京駅構内には多くの警察官が配置される中、隆一は4つのスーツケースを持って東京駅へ。

犯人はそのスーツケースを一つずつ指定した場所に置かせていった。

そして4つ目の指示で隆一は池袋方面への電車に乗った。

実は捜査一課が犯人だと睨んでいたのは隆一、彼には借金があった。

しかし、渡部はこの1か月ずっと隆一に張り付いてきた、隆一は犯人ではない。

その事を香坂は小野田に進言する。

管理官の片山(神尾佑)は香坂を所轄扱いし受け入れてくれなかったが、犯人が東京駅のフリーWi-Fiを使っていたことで未だに東京駅構内にいることが判明し信じざるを得ない状況に。

その時、中村が見張っていた3つ目のスーツケースの近くのトイレから煙が出始める。

中村はその煙の元を探しにトイレに入り、その隙にスーツケースが奪われてしまった。

スーツケースを持った男を会談で発見し取り押さえたところ、スーツケースが階段下に落下。

下にいた子供に向かって転げ落ちるスーツケース。

山田が間一髪で子供を救った。

スーツケースを持ち去った男は置き引きの常習犯で犯人との関連は無し、犯人からの連絡はそれ以降途絶えてしまった。

捜査は息詰まり、犯人への手がかりも無し。

小野田の指示で山田は香坂に張り付くことになった。

山田は「まるで動物園ですね。」と所轄を愚弄した。

警視庁に戻った小野田に三島(芳根京子)が話しかける。

彼女は自分の夢を唯一支持してもらった香坂に恩を感じ、心配していた。

しかし小野田は「警察には出世できる人間とそうでない人間がいる。そして一度出世の道を外れた物は2度とその道に戻る事はできない。結局最後は人が人を決めるんだ。」と言う。

その後も目撃情報は無し、香坂は捜査会議に顔を出さない渡部の元へ向かった。

そこは飛び降り自殺した風見京子のお墓だった。

京子は父親と風見エレックという監視カメラの会社を経営していたという。

香坂は渡部の信じる”勘”について聞いてみた。

飛び降り自殺の後、渡部は京子の父・康夫(長江秀和)から相談を受けていた。

京子は無くなる前にSNSで希望に満ち溢れた書き込みをしていた、自殺のはずがないと訴えていた。

その必死の訴えに応える形で渡部は一人、捜査を続けていたのだった。

芝警察署に戻ると「所轄は支持があるまで待機」と命令が出ており、捜査員たちはやる気を失っていた。

香坂「あなた方はその指示の意味がわかっていますか?そもそも所轄には何もできない、指示をするだけ無駄だ、そう言われてるんですよ。確かにこの誘拐事件は捜査一課が扱っている事件です。だがその前にこれは所轄で起きた所轄の事件です。我々の事件のはずだ。なのにその指示をありがたく受け入れてる自分たちを情けないと思わないのか。悪いが私はあなた達とは違います。できることがあるならそれを徹底してやるべきだと思います。我々にはこの足しかないんだろう。だったらその足を使ってとことん前に進むしかないんだ。」

香坂の言葉で動いたのは渡部だけだった。

渡部は捜査一課が聞き込みをした範囲を更に広げ、幼稚園児にまで聞き込みをして回った。

香坂は警視庁本部の不審な動きに犯人からの要求は身代金だけではないのではないかと読んでいた。

しかし山田は「指示があるまで待機ですよ」としか答えない。

そんな中、渡部は幼稚園児から有力な情報を掴んだ。

そこから犯人は公園の前で連れ去られたこと、身長190cm以上の人間であることがわかった。

渡部は中田社長に関わりがある中で190cm以上の人物に一人だけ心当たりがあった。

それは風見康夫だった。

香坂が本部に戻ると既に風見康夫の捜査を始めていた。

山田が捜査一課に情報を流していた為だった。

香坂は小野田から呼び出され真実を聞いた。

犯人からのもう一つの要求はゴーンバンクの新事業の発表を中止しろというもの、そしてその新事業は風見エレックから盗まれたものだった。

風見京子は中田隆一に利用されていたのだ。

小野田はゴーンバンクの不正については追求せず、犯人からの要求は5億円のみということで事件を終わらせるという。

更に、小野田はこの不正を公表しないことを条件に香坂を明日の管理職試験で捜査一課に戻してやると言い出した。

香坂が所轄に戻ると、渡部が風見の交渉役を買って出てきた。

しかし出世コースへ戻ることが脳裏を過り、「ここまでにしましょう。あとは本部に任せるべきじゃないでしょうか。」と返した。

次の日、試験会場へと向かう途中、渡部から本部が風見の居場所を特定したと聞く。

香坂は冷たい態度であしらったが、結局向かったのは所轄。

「我々にできることをするんです。風見康夫に自首を促す、その為に私はここに来た。」

香坂は渡部に頭を下げ、捜査一課の説得に向かった。

渡部は風見をメールで説得し始めた。

香坂は小野田に「必ず説得できます。これがこの事件を解決するベストな方法だと思っています。」と進言。

小野田は香坂の顔をじっと見つめる。

香坂は土下座をして「説得しているのは以前から風見を知る現場の刑事です。現場を良く知るたたき上げの刑事です。あなたならわかって下さるはずです。」と必死に訴えた。

小野田「ああ。よくわかっている。そういう出来の悪い所轄刑事が一番信用できないということを!」

そして小野田は突入命令を出した。

風見は拘束されたが、それは彼が自主を覚悟した直後のことだった。

風見は逮捕される直前に持っていた毒薬を飲んで意識不明、中田社長は無事だった。

本庁に帰ろうとする小野田に香坂は話しかけた。

香坂「もしあのまま承認試験に行ったとしても私は合格などしていない。違いますか?」

小野田「だとしてもお前は行くべきだったんだ。疑問を抱かず、上の指示に従う、それが組織で生きるということだ。」

香坂「あなたに従うことで組織で生きることが出来たとしても、警察官としての自分は死ぬことになります。それは絶対にできません。そしてもう一つ、この事件はまだ終わっていません。まだ裏があるはずなんです。」

小野田「その根拠は?」

香坂「私の勘です。」

小野田「お前がその言葉を口にするとはな。」

香坂「刑事にとって何よりも大事な物だと一課長が仰っていたことです。」

小野田「その勘に覚悟はあるのか。この捜査一課長・小野田義信の目を見て答えよ!覚悟無き者に何も言う資格はない!」

香坂「覚悟ならあります。自分の運命を受け入れ、ここで戦う覚悟が。私は所轄刑事として捜査一課のあなたと戦ってみせる!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク