【おんな城主直虎】15話のあらすじと感想!「おんな」の戦いと直虎を守る「おとこ」の戦い!

大河ドラマ【おんな城主直虎】15話が4/16に放送。

今回は、直虎が寿桂尼も圧巻の策で魅了しました。

そして但馬・政次や直之の気持ちの変化、心の内が見えたような気がします。

直虎を守るべく、己の心と戦う男達にも注目してみて下さい。

家臣をはじめとする、直虎を取り巻く人物たちの想いにグッとさせられることでしょう!

それでは、大河ドラマ【おんな城主直虎】15話のあらすじと感想を紹介します。

ドラマ【おんな城主直虎】のキャストとあらすじ!柴咲コウ×三浦春馬×高橋一生のNHK大河!
2017年の大河ドラマは【おんな城主 直虎】です。 このドラマは戦国時代から安土桃山時代を生きたとある女領主のお話。 主…
【おんな城主直虎】の視聴率と最終回ネタバレ!柴咲コウ掟破りの結婚はうまくいく?
2017年のNHK大河ドラマ【おんな城主直虎】の視聴率と最終回ネタバレ。 舞台は、戦国時代(天文)から安土桃山時代(天正)にか…
スポンサーリンク

【おんな城主直虎】15話のあらすじ

瀬戸・祝田村に今より潤い借りを返せる仕組みを提案した直虎。

それは今川の命に背いたこととなる。

政次が「任せてください」と申し出るも、怒ってしまった寿桂尼は「申し開きに来させよ」と言い引かなかった。

直虎は「おなごのした事と許してはもらえないか」と楽観的だったが、和尚に「手加減もないだろう。向こうの影の大将もおなごであるから」と言われてしまう…。

 「申し開きに参れ」今川からの命

井伊の屋敷には、直虎・方久・六左衛門がいた。

「三年荒野」、瀬戸・祝田村には耕し手がいなくなった土地がある。

そこで、方久はこんな提案をした。

荒れ地となっているところを再び耕せるようにすれば、その土地は新たに耕した者の土地とする。

実りが出て3年は年貢は取らない、というもの。

直虎は心ここにあらずで聞いていなかったが、方久に促され「良い案じゃ!」と賛同した。

そこへ但馬が訪れ、今川からの文を渡す。

後見、瀬戸・祝田村の件に従わないことについて申し開きに出でよという内容。

但馬は「行けばどうなるか分かるはず。駿府に行かなくてもいい手立ては、私を虎松の後見にすること。その後は万事取り計らう」と助言、直虎は「ならば申し開きに参るしかない」と断った。

政次はしのに「虎松のご生母様は直虎の後見を望んでいないと一筆ほしい」と頼む。

しの「私の意見は誰も聞く耳を持たない」

政次「今川も直虎の後見を望んでいない。今川に一筆が渡れば、小さな意見でも大きく響かせることができる」

しの「しばしお待ちあれ」

しのの目の色が変わり、政次は説得に成功した。

だが、辛そうに天を仰ぐ政次。

そんな政次をなつが見ていた。

和尚に、政次も一緒に駿府へ行くことを報告した直虎。

直虎「自分で自分を守らないと誰も守ってくれない」

和尚の策は「もうだめだ、と思ったら政次に後見を譲ると言いサーッと帰ってきてしまうこと」と笑った。

そして真剣な顔で「何事も命あってのもの」と。

供の話をしに直之のところへ向かった直虎。

直之「すぐに駿府の言うことを聞け!」

直虎「嫌じゃ」

直之「直親様の最期の二の舞になったらどうする」

直虎「方策を考えてそうならないようにする」

直之「供のものを犬死させるつもりか!殿が駿府にとなれば供がズラズラ付いて行き、その先には犬死しかない。これ以上人をなくしてどうする!」

六左衛門が直之を説得したが、へそを曲げてしまった。

そして、直虎の供には龍潭寺の腕利きの僧たちが付くこととなった。

 いざ!駿府へ!

翌朝、六左衛門に留守を頼み駿府へと出発した直虎一行。

直之はじっと見つめていた。

そんな直之に「暇なら瀬戸村に字を教えに行く手伝いを」と和尚が声をかけた。

嫌々ながらも付いて行った直之は、甚兵衛に直虎の事を聞かれ「駿府に呼び出された」と思わず話してしまう。

それを聞いた百姓たちは、「直親様の時みたいになったら大変!こんなことしている場合じゃない!」と大騒ぎ。

両村に声をかける、と立ち上がる百姓たちを止める直之。

百姓「直親様みたくなったらどうする!行かないといけない!」

直之「行ってもどうにもならない。足手まといになるだけ」

百姓「それでも!直虎様はおなご!守らなければ男じゃない!」

百姓たちの思いを聞き、直之は考え込んだ。

そして和尚から「ここにいても助けられることがあるとすればどうじゃ?」と百姓たちへ提案された。

 政次の本意とは?

なつは和尚のところへと出向き、政次の事を話した。

なつ「子がいない政次は、後見を手に入れても後がない。なのに手に入れたいのは、今川から井伊を守る盾にしようとしているのでは?」

和尚「政次でないから分からん。本意であっても政次は認めないだろう。本意を読まれたらもう盾にはならない」

なつはハッとした。

 直虎に危機が迫る!

一晩休んだ直虎一行が再び出発しようとすると、大木が倒れ斧が飛んで来た。

命を狙われる直虎、敵が前に立ちはだかり斬られそうになる。

そこへ直之が参上、返り討ちにした。

来てくれたことに感激する直虎。しかし…

直之「おなごのくせに出しゃばるからこんな目に遭う。男の真似をしていても、直虎と名を付けてもおなご。すくんでいるのが何よりの証拠。村の男たちは、殿はおなごゆえ我らが守らなければ!と駆け出す勢いだった。そんなこと考えたこともないだろう!」

傑山と昊天らも駆け寄り、心配し直虎を気遣った。

そんな皆の顔を見つめる直虎、政次を呼んだ。

直虎「虎松の後見はそなたに任す」

直之「ここまで来て?」

直虎「初めからそうしろと言っていたではないか」

直之「しかし…。自分が来たからには必ず守る!」

直虎「何事も命あってのもの。和尚からの指図でもある。直虎は引くことにしたと駿府へ伝えてくれ」

政次「本当にそれで良い?」

直虎「恐ろしいのはもういい」

直虎たちは井伊谷へ戻ることにした。

落ち込む直之を、直虎は「話そう」と呼び出した。

「1つ頼みがある。直之にしかできないこと」

馬を走らせた。

 「おんな」の戦い!

駿府・今川。

政次が寿桂尼へと報告していると、家臣が現れ「中野が書状を持ってきた」と話す。

寿桂尼が会いに行くとそこにはまさかの直虎が!

直虎「申し開きに参りました」

寿桂尼「井伊に戻ったのでは?」

直虎「お下知に逆らいたくなく来た。徳政令はしなかったのではなく出来なかった。仮名目録に忠実に従っただけ」

寿桂尼「義元公が改めている。井伊が忠実に従うと言うならお下知に従い、徳政令を出せ」

直虎「私がですか?それは徳政令を出すに相応しいと?後見と認めたということでいい?」

すかさず政次が、しのからの文を差し出した。

寿桂尼「生母の望まぬ後見など火種になる。後見と認めるのは難しい」

そこへ再び家臣が井伊の者からと、巻物を持ってくる。

それは、瀬戸・祝田村の者一同からの後見を願う署名文で、「民が望んでいる」という和尚の作戦だった。

寿桂尼「井伊を任せたらどのように民を治める?」

直虎「潤すことで。民が潤わなければ、国が潤うことはない。民が潤い、井伊が潤い、それが今川の潤いとなると考えている」

寿桂尼「後見を許す。力量を持ち、井伊を潤せ。しかし次はない。二度と生きて申し開きはできない」

少し涙ぐんだように寿桂尼は去った。

今川の門を潜り出ると、そこには六左衛門の姿が。

署名文を届けに来てくれていたのだ。

「井伊へ戻ろう!」

「井伊直虎、只今戻って参りました!」

井伊谷へ戻ると皆が総出で出迎えていた。

母・千賀は涙を流し、直虎の帰還を喜んだ。

そして、直虎と井伊は新たな一歩を踏み出したのである…。

【おんな城主直虎】15話の感想

但馬・政次、直之、傑山と昊天など男性陣の良さについて、多く見られました。

「おんな城主」を守る彼らに今後も期待します!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク

『【おんな城主直虎】15話のあらすじと感想!「おんな」の戦いと直虎を守る「おとこ」の戦い!』へのコメント

  1. 名前:庄屋の出戻り子孫 投稿日:2017/04/19(水) 03:46:49 ID:8767d023f 返信

    政次がしのに「一筆お願いしたい」と言って、しのがすんなりと受け入れている設定が不自然。
    しのは政次に(正当防衛だとしても)父親を殺されているし(史実では殺意ありの暗殺)、
    夫・直親も政次の讒言(ざんげん:チクること)のせいで殺されたのだから、恨み・憎しみ満載なはず。
    普通だったら口をきくの嫌だし、訪ねてきた時点で追い返すか、嫌みの一つでも言うのが当然のながれ。
    「私の言うことなど誰も聞かぬ」じゃなくて、「そなたの頼みなど聞きとうないわ!(怒)」
    の方がしっくりくるんだけど…。

    父親と夫の仇より恋敵(別に寝取られたわけじゃないじゃん!)の方が許せない_って設定、
    無理がありすぎる!!

    第一、直虎は元々領主の跡継ぎ娘で、しのは家臣の娘で身分は下なんだから、
    跡取り息子の生母だとしても態度でかすぎだよ!
    現代ならともかく、あの時代で、あの態度はあり得ない。