【CRISIS(クライシス)】1話あらすじと視聴率!小栗旬と西島秀俊のカッコよさが異常!

4/11にスタートした注目ドラマ【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】

小栗旬×西島秀俊ほか、超豪華キャストが集結。

更にカンヌで公式上映された日本初の連続ドラマとして注目度もトップクラスとなっています。

刑事ドラマながらイケメンの格好良い作品の筆頭として女性ファンも非常に多くなりそうな作品です。

今回は火曜ドラマ【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】の1話あらすじと視聴率、感想について。

ドラマ【CRISIS公安機動捜査隊特捜班】のキャストとあらすじ!小栗旬×西島秀俊!
小栗旬×西島秀俊の春ドラマ【CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班】のキャストとあらすじ このドラマは4月に放送開始予…
【CRISIS/クライシス】の視聴率と最終回ネタバレ!小栗旬のトラウマと規格外の強敵!
2017年4月11日開始のドラマ【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】。 小栗旬、西島秀俊らが巨大な悪のテロ組織に立ち向かうア…
スポンサーリンク

【CRISIS(クライシス)】1話あらすじ

警備局長の鍛冶(長塚京三)はとある新興宗教組織に潜入する協力者からテロの計画を入手した。

それは現職の大臣への報復として新幹線を狙ったテロ。

梶治は新幹線に結成したばかりの特捜班のメンバーを向かわせることにした。

特捜班のメンバーは稲見(小栗旬)、田丸(西島秀俊)、樫井勇輔(野間口徹)、大山怜(新木優子)、そして班長の吉永三成の5名。

彼らは様々な方面のスペシャリストであり、瞬く間に犯人を確保し、持っていた爆弾を処理した。

しかし、犯人はもう一人潜伏していることが判明。

捕まった犯人の携帯を使い、共犯者に電話を掛けると稲見が怪しい男を発見。

男が暴れ出し壮絶な格闘の末、確保。

しかし犯人が持っていた爆弾は処理する時間もない程にリミットが迫っていた。

稲見は微笑みながら「一度押してみたかったんだよ」と新幹線の緊急停止ボタンを押した。

新幹線が停まると残り時間は数十秒。

稲見は「せっかくだから付き合ってやるよ」と言うと犯人と爆弾が入ったバックと共に川へダイブ。

その直後、川の水面は水柱を上げた。

特捜班のメンバーが静まり始めた水面を見ていると犯人と稲見が浮かんできた。

大山は「すごーい、生きてたー!おーい!おーい!」と笑顔で手を振る。

大山に言われてメンバーたちも手を振った。

オフィス街で怪しい動きをする青年がいた。

彼は首に爆弾を巻かれ、「助けてくれー」と叫んだ。

稲見はワンナイトラブの女性と一緒に寝ていたが事件発生の連絡で起こされ本部へ向かう。

到着すると稲見が昨夜、女性と一緒にいたことはGPSや共感覚でバレていた。

そんな痴話話をしている間も真面目な田丸だけは無反応だった。

爆弾を首に巻かれた青年は現外務大臣の息子。

犯人からはこれまで父の権力を使ってもみ消してきた悪事の数々を夜7時のニュースで大臣自ら謝罪しろというもの、近づいたら手動で爆発させるとの連絡も入っていた。

その青年の悪事ともみ消しは公安でも有名でひき逃げや女性への暴行など多数知られていた。

ターゲットの青年は犯人に水を要求し、許可が出た。

そこで田丸が持って行き、事件について直接聞き出す。

拉致された場所はマンションの駐車場、犯人の心当たりは友達の佐川から聞いてみてくれと言われる。

佐川の家に田丸と稲見が付くと彼は何故か非常階段から逃げ出した。

田丸は非常階段の手すりを使って降り、稲見は生垣に飛び降りた。

すぐに確保して二人は拳を合わせる。

佐川からの聴取をしていると心当たりが多すぎて1つには絞れなかった。

稲見は「テロリストはどうしてこんな場所を選んだんだろう。監視するにはちょうどいいかもしれないがもっとわかりやすい場所の方が…ここじゃなきゃいけない理由があるのかもしれない」と考え、閃いた。

そして1人の女性が暴行されて自殺した事件に行きつく。

一方ターゲットの青年に父親の外務大臣から電話が来た。

青年は父親に見捨てられて泣き叫ぶ。

状況を見て近くにいた警察も非難を開始、しかしそんな最中でも非難をしない警察官がいた。

彼は手に爆弾のスイッチを持っている。

それは暴行されて自殺した女性の父親だった。

稲見は彼に近づき、話しかける。

「娘さんの事、知ってます。辛かったでしょうね。お気持ちはわかります。娘さんが暴行されて自殺されたんですから。俺だって同じことをしたかもしれない。でも俺とあなたでは決定的な違いがあります。俺ならもうとっくに起爆ボタンを押してるってことですよ。」

稲見が犯人の目を引きつけている間に他の特捜班が爆弾を解除しようとしていた。

特殊な周波数を使っており、電波の遮断は失敗。

作業を進めている間、稲見は更に犯人を煽る。

「あいつの親父が本当に罪を告白するとでも思ったんですか?今日のこの事だってマスコミは取り上げない。圧力をかけてるはず。だから思いを遂げるなら今すぐ起爆ボタンを押すんです。押さないと娘さんが報われませんよ。」

と、その時、ターゲットの青年が恐怖で暴れ、犯人に爆弾を解除しようとしているのがバレてしまった。

犯人が起爆スイッチを押そうとした瞬間、樫井がコードを切って起爆を阻止した。

犯人は逮捕されると気になることを言い出した。

「私の立てた計画じゃない。拉致したのも爆弾を用意したのもやつらだ。会ったことはない。
メールで連絡をしてた。やつらは平成維新軍と名乗っていた。」

稲見は傍観者の中の青年からの視線を感じていた。

鍛冶は青沼課長(飯田基祐)から事件解決の報告を受けた。

「俺のサラブレッドたちはよく走ってくれる。」と自慢げに話す。

しかし青沼に「連中は一度足を骨折した」と指摘されると「次に骨折したら安楽死させればいいだろう」と笑った。

事件は大学生グループのいたずらということで処理された。

そんなニュースを見ている矢先、警視庁のHPがハッキングされ、とある平成維新軍を名乗る団体の犯行声明が映し出された。

それは国家の嘘について強い憎しみを持っており、政治家や官僚を標的にすること、それは根絶やしにされるまで続く、といった内容だった。

稲見がバーで飲んでいると近くにいた女性の携帯が鳴った。

どうやら彼氏にドタキャンされた様子。

稲見は女性の隣に座り、口説き始める。

「今夜の帰り道、君は流れ星に当たって死んでしまうかも。そしたら君にもう会えない。君はスパイに間違えられて連れ去られてもうこの国に戻って来れないかもしれない。人生は何が起こるかわからないし、何でも起こり得るんだよ。だから今夜のこの時間を大切にした方がいい。」

稲見は手慣れた様子でナンパに成功し乾杯した。

二年前、森で武装してガスマスクを被った男に終われるサラリーマン風の男性。

命乞いをしたが銃弾を浴び、殺された。

そのガスマスクを取ると、それは稲見だった。

【CRISIS(クライシス)】1話視聴率

CRISIS(クライシス)の1話視聴率は13.8%!

関西地区では18%と好スタートを切りました。

全体の出来で言えば15%でもおかしくないと思っていたのですが…

【CRISIS(クライシス)】1話の感想

ほぼ全てのコメントが「面白い」「カッコイイ」でした。

日本ドラマにはないアクション要素が盛り込まれており、海外のドラマや映画を見ているような感覚だった方も多かったようです。

これは大ヒットの予感がしますね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク