【スリル!〜赤の章・黒の章〜】のキャストとあらすじ!2局放送ドラマは成功するか?

NHKドラマ【スリル!赤の章 & 黒の章】。

このドラマは、NHK総合テレビとNHK BSプレミアムで放送される、2局の連動ドラマです。

もちろん、このパターンはNHK初の試みです。他局でもこのパターンはありません。

NHKのBSプレミアムでというと、いい番組が多いのですが、BSを知ってもらうための作戦か、視聴者促進でしょうか。

出演者が同じで、主役が入れ替わり。

ただ、問題が一つあります。

総合の『赤』とBSの『黒』が曜日違いで交互に放送されるのです。

となれば、毎週2回見たくなりますよね。

主人公が変われば、視点も変わります。違う世界観や考え方を楽しむことができます。また、毎回ゲスト出演があるようで、それも楽しみですね。

【春ドラマ】2017年4月スタートの最新ドラマ情報まとめ!
2017年4月スタートの春ドラマまとめ! 2017年の春ドラマが出揃ってきました。 今期の注目は月曜日と土曜日のジャニー…
スポンサーリンク

NHK【スリル!赤の章 & 黒の章】の基本情報

【赤の章〜警視庁庶務課ヒトミの事件簿】

放送時間:毎週水曜22時25分~

放送開始日:2月22日(水)

放送局:NHK総合テレビ

放送回数:全4話

【黒の章〜弁護士・白井真之介の大災難】

放送時間:毎週日曜22時00分~

放送開始日:2月22日(水)

放送局:NHK BSプレミアム

放送回数:全4話

制作スタッフ(共通)

作:蒔田光治(「TRICK」「ハードナッツ!」など) 徳尾浩司(「ハードナッツ!」など)

制作:海辺潔(NHKエンタープライズ)

演出:河合勇人(「鈴木先生」「俺物語!!」など) 原正弘 滝本憲吾 麻生学

制作統括:海辺潔  蒔田光治 中村高志

プロデューサー:阿部謙三

音楽:橘麻美

主題歌:キュウソネコカミ「邪邪邪VSジャスティス」

NHK【スリル!赤の章 & 黒の章】のキャスト

中野瞳/小松菜奈

警視庁庶務係で働く一般職の職員。刑事の捜査費用の領収書チェックが仕事だが、そこで見つけた不正により刑事・外河と知り合う。父親が詐欺師だったため、色々な犯罪の知識を持っている。事件が起こると、外河を利用して捜査情報を手に入れる。難しい事件も、きっちりした推理で解決に導く。

小松菜奈…1996年生まれ。2008年に『ニコ☆プチ』でモデルデビュー。2014年の映画『渇き。』のオーディションで女優デビュー。『渇き。』で報知映画賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以降、映画・テレビにて出演。テレビでは4作目の本作で主役デビュー。

白井真之介/山本耕史

割のいい仕事を探し回る腹黒い弁護士。証拠の捏造、弁護士倫理に反する依頼など、怪しげな依頼に関わるが、最後はお金にならないことが多い。事務所の家賃滞納で、大家からは立ち退きを迫られている。

山本耕史…1976年生まれ。0歳から赤ちゃんモデルをしていた。1987年舞台デビュー。1993年フジテレビ系『ひとつ屋根の下』で名前が知られることになる。2004年の大河ドラマ『新撰組』で人気を博す。2005年には『紅白歌合戦』の司会を努めた。女優の堀北真希との結婚は有名。

外河/小出恵介

捜査一課の刑事。正義感は強い。細かいことが出来ず、事務処理が苦手。領収書の不備が多い。うっかりとして捜査手帳を瞳に見られる。相棒の黒岩のミスも押し付けられたりと、不器用。

小出恵介…1984年生まれ。誌上オーディションに写真が掲載され、事務所に所属。2003年映画『偶然にも最悪な少年』でデビュー。2005年映画『パッチギ!』で話題を集める。テレビ・映画と活躍している。2006年フジテレビ系『のだめカンタービレ』、2008年『ROOKIES』、2009年TBS系『JIN-仁-』他。

黒岩壮吉/木下ほうか

外河の相棒。「自分のミスは外河のミス、外河の手柄は自分の手柄」がモットーという、イヤな性格。

木下ほうか…1961年生まれ。1980年映画『ガキ帝国』のオーディションに合格してデビューする。吉本新喜劇に出演していた時期がある。1990年から関西テレビのDRAMADASに出演。バラエティにも出演するなど、多方面で活躍。

戸村/きたろう

庶務係係長で瞳の上司。楽しみにしているのは、瞳がいれる3時のお茶。

きたろう…1948年生まれ。大学生時代に俳優座に入る。テレビや映画に出る前は、部隊に立っていた。1988年映画『マルサの女2』でデビュー。テレビ・映画だけでなく、バラエティにも出演し、活躍している。

青野/大和田伸也

刑事部長。瞳に弱みを握られている。瞳が聞きたいことは、何でも話す。

大和田伸也…1947年生まれ。俳優の大和田獏は弟。1968年劇団四季に入団。1970年大河ドラマ『桜ノ木は残った』でテレビデビュー。1972年NHK『藍より青く』で知られるようになる。数々の作品に出演しているが『水戸黄門』の「格さん」も演じている。

篠原親子/佐野ひなこ

白井法律事務所の事務員。天然。数少ない白井の応援者。

佐野ひなこ…1994年生まれ。高校2年生の時から雑誌モデルを始め、2012年第37回ホリプロスカウトキャラバン2012のファイナリストに選出された。2013年『週刊ヤングマガジン』のグラビアでデビュー。2014年雑誌『ViVi』の専属ビューティー・ミューズになる。2016年テレビ東京系『大東京トイボックス』で女優デビューを果たす。

ドラマ【スリル!赤の章 & 黒の章】のあらすじ

公式HPをにはまとまった情報がないため、こちらでまとめてみました。

“裏表のない人に、事件の裏は見抜けない”

『赤の章』の主人公は中野瞳。警視庁庶務課の一般職職員。

捜査費用の領収書チェックが仕事である。

父親が詐欺師という珍しい環境で育ったため、犯罪知識を豊富に持っている。刑事たちの話から、連続殺人の被害者がしりとり繋がりなのに気づいたり、とても鋭い洞察力がある。

事務仕事に苦手な捜査一課の刑事・外河は、瞳に領収書の不備を問い詰められる。それ以降、外河から事件の情報を得るひろみ。

腹黒い弁護士・白井は、割の良い仕事を求め、被害者を探して取り入ろうとする。そして、事件の真相に近づいていくことになる。

『黒の章』の主人公・白井真之介は、割の良い仕事をしているはずが、一銭にもならず、空回りしている腹黒い弁護士。

強盗殺人事件で盗まれた名画を取り戻して欲しいという仕事を引き受けた白井。しかし、警察に内緒で犯人と交渉し、一億円と引き換えに名画を取り戻す。しかし、取り戻した名画は贋作?と言われてしまった白井。白井自身が犯人にされてしまうのだった。更に、白井は依頼人の社長が雇った男に命を狙われる。

瞳と外河は協力して動き、白井は危機を乗り越えたかのように思われた…。

騙し騙される、瞳&白井vs犯罪者との頭脳戦、恋愛も騙し騙されるように進んでいく…?

ドラマ【スリル!赤の章 & 黒の章】の見どころ

見どころは、何と言っても連動ドラマでどう展開していくのか、ですね。【赤の章】だけ【黒の章】だけでも楽しめるだろうけど、両方を交互に見たほうが、より面白ろそうだし・・・なので、交互に見ないと話しが見えづらくなりそうっていう懸念も

両方を見させて、BSの視聴率UPという戦略?

いずれにしろ、新しいドラマの形を提案ですね。

「共同制作」というのは良くあるけど、連動に踏み出せたのはNHKだからかな?

他のテレビ局でもできそう。是非、違う試みを出して欲しいですね。有料動画配信サービスとの共同は、「加入しなければならない」というネックがありますね。

さあ、このドラマはどうなるでしょう。見た方の反応が楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク