ドラマ【就活家族~きっと、うまくいく~】のキャストとあらすじ!アカデミー俳優だらけ!?

2017年冬の新ドラマは【就活家族~きっと、うまくいく~】。

今回はこのドラマのキャストやあらすじなど番組情報をご紹介します。

前の記事↓でこのドラマは非常に厳しい状況にあると書きました。

【就活家族~きっと、うまくいく~】は大爆死必至!前田敦子と工藤亜須加もこの表情… 2017年1月からのテレビ朝日の新木曜ドラマ【就活家…

こんな逆境を跳ね除けて大ヒットとなることができるのか。

脚本家や主題歌担当も注目の人物が選ばれているので要チェックのドラマです。

スポンサーリンク

ドラマ【就活家族~きっと、うまくいく~】とは…

【放送日程】毎週木曜夜9:00~

【初回放送日】2017年1月12日スタート

このドラマはテレビ朝日製作の”職”をテーマにした社会派ホームドラマです。

主題歌は今年リリースされた『あいたい』で日本レコード大賞の新人賞を受賞した”泣き歌の貴公子”こと林部智史さんの『晴れた日に、空を見上げて』に決定。

林部智史さんは挿入歌「雨の日と月曜日は(原曲:カーペンターズ)」もカバーしているそうです。

脚本には橋本裕志さん(『熟年離婚』『華麗なる一族』『ウォーターボーイズ』など)、監督には秋山純さん他(『OLヴィジュアル系』『アストロ球団』『特命係長只野仁』)と注目のスタッフが集結しました。

ドクターX、相棒、科捜研の女に並ぶような作品になると良いですね。

【就活家族~きっと、うまくいく~】のキャスト

三浦友和(役:富川洋輔)

富川洋輔…大手鉄鋼メーカー・日本鉄鋼金属で人事部長として働くエリートサラリーマン。信念を持って仕事と向き合い、長年会社のために尽くしてきた。現在は新卒採用とリストラ勧告という厄介だが責務の重い仕事を請け負っている。融通が利かず不器用な面があるので、同期と比べると出世が遅れているが、部下からの信頼は厚い。しかしようやく役員に手が届きそうというところで信念を曲げた仕事をしてしまい…?

「信念を曲げた仕事」とは一体何なのでしょう。リストラ担当なのでどっちをリストラするかというところで賄賂をもらってバレるとかでしょうか。それとも木村多江さん演じる川村優子も関わってくるので女性関係でしょうか。とりあえずリストラされるのは確定です。

三浦友和…1952年生まれ。1972年にTBSドラマ『シークレット部隊』で俳優デビュー。赤いシリーズには3回出演し、共演した主演の山口百恵さんと結婚した。1982年『西部警察Ⅱ』の目玉である沖田五郎役、NHK大河『独眼竜政宗』では正宗を独眼竜と名付ける成実役、また『HERO』では最終回の大役を、様々なドラマで超重要なポジションを演じてきた俳優と言える。日本アカデミー賞の優秀助演男優賞、優秀主演男優賞をそれぞれ受賞している。

黒木瞳(役:富川水希)

富川水希…洋輔の妻。マイホームの購入を夢見ている。花が好きで庭に花を植えたいと思っている。おっとりした笑顔がチャームポイントだが、家族のためとなれば頼りになる一面も。仕事は私立中学の国語教師。生徒や保護者からの信頼も厚かったが…?

奥さんは奥さんで勤めていた中学校で事件が起こるようです。タイトル通りであればこちらも懲戒免職となってしまうんでしょうか。花が好きならフラワーショップに転職ですかね。

黒木瞳…1960年生まれ。1981年に宝塚歌劇団に入団(真矢みきさんとも同期)。映画では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した『化身』や歴史に名を刻んだ『失楽園』でのヌードが大きな話題となった。2000年以降は母親役を演じることが多くなり、『魔女の条件』では滝沢秀明さんの母役、『オヤジぃ』では広末涼子さんと水野美紀さんと岡田准一さん(V6)の母役などを演じている。その後も『TEAM』『GOODLUCK!!』『白き巨塔』など大ヒット作に数多く出演。最近では監督、声優、海外映画への出演などマルチすぎる才能を発揮している。

前田敦子(役:富川栞)

富川栞…富川家の長女。父親を持ち上げてはお小遣いをもらうなど、気楽に人に頼ったりするちゃっかりしたところがある。宝飾メーカーで働いているがセクハラに悩み、部署異動を願い出る。しかしその異動先は想像以上に過酷な部署だった!

セクハラ部署→過酷部署とかどんだけブラック企業なんでしょう。現実でもそんな会社たくさんありますよね。人柄的にも前田敦子さんと合いそうな役ですね。

前田敦子…1991年生まれ。2005年にAKB48の1期生としてデビュー。2007年の映画『あしたの私のつくり方』で女優としてもデビューした。2011年には日本アカデミー賞話題賞を獲得した『もしドラ』で映画初主演。『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』や世にも奇妙な物語『地縛者』、『毒島ゆり子のせきらら日記』で主演を重ね、女優として成長し続けている。2月から放送の『銭形警部』にも出演予定。

工藤阿須加(役:富川光)

富川光…富川家の長男。就職活動に苦労中の三流大学生。周囲の学生が次々内定をもらっていく中、焦燥感を感じている。痴漢を捕まえようとするなど正義感が強く、真面目な性格だが、父親譲りの不器用な性格と自分で決めたことに関しては頑固な面が玉にキズ。

お父さんがエリートなので肩身狭い想いをしていそうな役です。就職率が上がってきたとはいえ、まだまだ厳しい就活事情。頑張れ三流大学生!

工藤阿須加…1991年生まれ(前田敦子さんと同学年)。工藤公康さんの長男。2012年に『理想の息子』で俳優デビュー。『悪夢ちゃん』やNHK大河『八重の桜』で一気に注目された。未だ主演はないものの『アルジャーノンに花束を』『偽装の夫婦』『家売るオンナ』などでも当たり役を演じているのでそろそろ実現するかもしれない。2017年はこの就活家族以外に映画『恋妻家宮本』にも出演予定。

新井浩文(役:国原耕太)

国原耕太…『国原就活塾』塾長。就職活動に行き詰まる光に声をかけ塾に勧誘する。「就活に必要なテクニックはすべて教える」「志望企業に送り込んでやる」と言葉巧みに誘い、入塾料の30万円を払わせるなど、就活に苦しむ学生に付け込む悪徳就活塾の塾長。

就活に悩む大学生ならば普段なら乗らなそうな話にも耳が傾いてしまいますよね。詐欺ダメ絶対!秋ドラマの『拝啓、民泊様。』で悪徳ビジネスに引っ掛かった男を演じたばかりの新井浩文、今度は騙す役です。

新井浩文…1979年生まれ。2001年に映画『GO』でデビューし翌年の『青い春』では松田龍平さんとのW主演で話題となった。『ジョゼと虎と魚たち』や『闇金ウシジマくん』でもチンピラ役を演じ不良映画に欠かせない存在となった。2015年に『百円の恋』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞している。前田敦子さんとは『毒島ゆり子のせきらら日記』で共演。

山本未來(役:中原綾子)

中原綾子…栞が勤めるジュエルDの外商部一課のやり手の課長。以前、真壁と付き合っていたため、栞が異動してきて複雑な関係に…?

栞ちゃんとあの大物二世俳優を取り合うわけですね。元恋人に再アタックです。山本未來さんって怖いけどデキる上司役がハマり過ぎ。松本清張の黒い樹海でもかっこいいデザイナー役でしたね。

山本未來…1974年生まれ。世界的デザイナー山本寛斎さんの娘さんで椎名桔平さんの奥さん。1992年『喜多郎の十五少女漂流記』のオーディションで36000人から選ばれ女優デビュー。ドラマ初出演の『BLACK OUT』で椎名桔平さんと出会った。『三毛猫ホームズの推理』や『相棒』『ドクターX』などにゲスト出演しつつNHKスペシャルドラマでは主演も演じた。『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』では前田敦子さんと共演。最近では2サスなどにも良く出演している。連ドラのレギュラー出演は2014年の『Nのために』以来となる。

中川知香(役:戸川加奈)

戸川加奈…就職活動をしている大学生。富川光と共に、悪徳就活塾で就活について学んでいる。真面目な性格で何事に対しても一生懸命なのだが、面接など肝心なところで失敗してしまうことも多く、なかなか内定を獲得できずにいる。光が就活に一生懸命取り組む姿に素直に影響を受けながら、前向きに就活に取り組んでいく。

光君のシナリオで出てくる不遇な女の子。中の人はミスワールドの日本代表ですからね。きっと美人大学生となってお目見えすることでしょう。

中川知香…1993年生まれ。ミス・ワールド2015の日本代表として選ばれたオスカープロモーション所属のモデル。2016年にオスカーが10年ぶりの”女優宣言”として発表した4人のうちの最後の一人です。他の3人は『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』で桜井あすか役を演じた松尾幸実さん、『ドクターX4』で白水里果役を演じた田中道子さん、『せいせいするほど、愛してる』で遠藤多佳子役を演じた和田安佳莉さん、共に2016年の連続ドラマに出演しました。

キムラ緑子(役:夏野久美)

夏野久美…洋輔の高校の同級生で、自分の夢だった小さな洋菓子店を経営している。同窓会で久しぶりに洋輔と再会し…。

洋輔パパのシナリオで登場。不倫?それとも…『僕のヤバイ妻』以来キムラ緑子さんが怖くて仕方ありません。静かな役でもいつ豹変するかビクビクしています。あの演技はスゴ過ぎました…。同クールで同じテレ朝の『奪い愛、冬』にも出演します。

キムラ緑子…1961年生まれ。連続テレビ小説にも4作出演、特に2013年の『ごちそうさん』では東出昌大さんの姉役で注目を浴びた。『僕のヤバイ妻』では狂気に満ちた演技がネット上でも大きな話題となった。

渡辺大(役:真壁雄斗)

真壁雄斗…ジュエルD外商部一課の社員。商品管理部でセクハラに悩む栞の相談に乗り、外商部一課への異動を取り計らう。以前は、上司の中原綾子と付き合っていたが、栞の積極的なアピールで、三角関係に…?

栞ちゃんと中原課長と三角関係となる男性です。セクハラで困っている女性社員を引き抜いて助けるなんてもう気があるとしか思えませんよね。それによって自分も苦しむことになるんですが…。

渡辺大…1984年生まれ。杏さんのお兄さん、渡辺謙さんの息子さん。2002年の『壬生義士伝〜新撰組でいちばん強かった男〜』で主演の渡辺謙さんの青年期役としてデビューし注目を浴びた。その後NHK大河『武蔵 MUSASHI』や『忠臣蔵』、『水戸黄門』などの時代劇作品で活躍。最近では『遺産争族』や『科捜研の女』にも出演していた。

木村多江(役:川村優子)

川村優子…日本鉄鋼金属のリストラ対象社員。洋輔に会社に残りたいと伝えてくる。もともとは、洋輔の部下で洋輔を密かに慕っている。その思いが叶わない中で、親身になってくれる洋輔を窮地に追い込むような行為を…。

木村多江さんはカッコイイ役も似合うんですが悲壮感のある役では更に真価を発揮しますよね。この木村多江さん(45)と石田ゆり子さん(47)はサイボーグなのでは?と思っています。これで45歳とか…もしかして未来人?

木村多江…1971年生まれ。1996年に『炎の消防隊』でドラマデビュー。初代の『GTO』や『リング』の貞子役、『救命病棟24時』で注目を浴び『大奥』でブレイク。『白い巨塔』では黒木瞳さんと共演している。映画でも大活躍。『ぐるりのこと。』では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『ゼロの焦点』では日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞している。最近では『とと姉ちゃん』の主演高畑充希さんの母親役で好評を得た。2017年1月11日には篠原涼子さん主演のSPドラマ『愛を乞うひと』に出演する。

段田安則(役:天谷五郎)

天谷五郎…会社にリストラされたことを家族に言えず、通勤しているフリをして公園で途方に暮れる洋輔に声をかけてきた男。実はこの男も同じ境遇の公園仲間…。

洋輔パパも平日の公園に通ってしまうわけですね。考えただけで怖いシチュエーションです。誰にも見られちゃいけないわけですからリアルガチかくれんぼですよね。

段田安則…1957年生まれ。青年座研究所を卒業し夢の遊眠社に所属して舞台で活躍。1987年に新春ドラマスペシャル『女たちの森』でドラマデビュー。黒木瞳さんとは『GOODLUCK!』で共演。連続テレビ小説や大河ドラマへの出演が多いため、NHKに強い俳優さんと言える。2016年に大ヒットとなった『真田丸』にも出演していた。民放の連ドラは2013年の『救命病棟24時』の5期以来となる。

【就活家族~きっと、うまくいく~】の主題歌

林部智史「晴れた日に、空を見上げて」

【就活家族~きっと、うまくいく~】のあらすじ

父は大手企業の人事部長、母は私立中学の国語教師、宝飾メーカーに就職した娘と就職活動中の息子。平穏に見えていた家族がふとしたきっかけで崩壊し始める――いったん狂い始めた歯車は歯止めが効くことなく、次第にあらぬ方向へと向かっていく…。

ニュースで毎月話題となる有効求人倍率。この数字に注目が集まっているということは日本の経済は停滞もしくは衰退しているということ。昔は求人倍率ではなく競争率という言葉の方がある意味重要でした。入りたくて仕方がない会社、行きたい大学、そういう意識はどこかへ消えてしまったのでしょうか。

安定を求める傾向が強い日本人、しかし、いざその安定が崩壊した時のことを想像できますか?そして今の安定は絶対に崩壊しないと言えますか?

就活家族では家族の全てが”職”の部分から崩れていきます。怖くて見たくない、しかしこんな今の日本だからこそ、このドラマは見るべきだと思います。

就活家族テレ朝公式HP

スポンサーリンク