ラストコップ7話に沢村一樹が出演?レンタル救世主コラボ!ゲストも豪華!

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%83%e3%83%97

スポンサーリンク

ラストコップ7話に沢村一樹が出演?レンタル救世主コラボ!ゲストも豪華!

土曜21時から放送中のTHE LAST COP(ラストコップ)の第7話に明辺悠五(沢村一樹)が出演するコラボ企画が決定!明辺悠五は日曜22時30分から同じ日テレ系にて放送中の【レンタル救世主】の主人公。

明辺悠五とは…妻と娘と幸せな家庭を築いていたが会社の同僚に騙されて1億円の借金を背負う。そして無実の罪で会社もクビに。そんな時、偶然レンタル救世主の求人を見つけ応募し即合格。1億円の借金も会社が肩代わりしてくれた。しかしレンタル救世主は普通の仕事ではなかった。仕事もプライベートも一生懸命。命がけで人の為に尽くす超お人よし、それが明辺悠五。

7話で登場する明辺悠五の役柄は明かされていませんがメイド喫茶で働いているようなシーンが予告にあったので、おそらくレンタル救世主の仕事でメイドをやらされているという設定だと思われます。

唐沢寿明と沢村一樹、二人の年齢と芸歴は?

唐沢寿明さんが1963年生まれ、沢村一樹1967年生まれなので年齢は4歳差しかありません。

しかもお二人とも明るいイメージの俳優さんなのでお茶の間としては近いものを感じる方も多いはず。

しかしデビューの年は唐沢→1980年、沢村→1996年と大きな差があります。

沢村一樹さんにとっては同世代というより大先輩という気持ちを持っていることでしょう。

コラボは誰もが予想していたので驚きはゼロ。

ドラマの舞台となっているのはラストコップ、レンタル救世主、共に横浜。そこで10月3日に横浜市長の林文子市長の元を表敬訪問しています。

そこでの会話の中にあったのですが…

「THE LAST COP/ラストコップ」と「レンタル救世主」のコラボレーションについて、唐沢は「そういうのがあったら面白い。僕らは刑事なんで、(共演の窪田正孝と)2人でパトロールしてて、やつ(沢村)が捕まってたら面白い。見て見ぬフリして行く」と想像を膨らませると、沢村も「実現したらいいなぁ」と乗り気に。唐沢は「まぁ実現しないと思いますけど(笑)。言うだけタダですから」とアピール。

同じ日テレ系でどちらもコメディ色の強いドラマなのでコラボの可能性は誰もが感じていたと思います。

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』も同じ日テレ系なのですが『職業×恋愛』系で少し系統が違うのでこちらはコラボの可能性が低そうです。

7話ゲスト

%e5%ae%85%e9%96%93%e4%bc%b8

宅間伸…警視庁組織犯罪対策部部長。

%e5%89%8d%e5%b7%9d%e6%b3%b0%e4%b9%8b

前川泰之…警視庁組織犯罪対策部 組織犯罪対策5課管理官。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e2%98%86%e3%83%a6%e3%82%ab%e3%82%a4

ダイヤモンド☆ユカイ…犯罪組織リーダー。

%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a8%e5%81%a5%e4%bb%8b

佐々木健介…クラブ「リアルマンティス」リングアナ

7話あらすじ

神野(小日向文世)が清美(マギー)といちゃいちゃしている現場を覗き見た若山(竹内涼真)。彼は、上司の秘密を知ったために出世できなくなるのではないかと心配になり、亮太(窪田正孝)に相談する。若山と亮太が話していると、京極(唐沢寿明)が現れる。
京極は悩んでいる若山に、自分が何とかすると言い出す。若山は、藁にもすがる思いで京極に頼る。京極は若山に交換条件として、この問題が解決するまでは自分の言うことを何でも聞くと約束させる。

この機会に、神野の正体を暴くと意気込む京極。彼は亮太と若山を連れて、仕事を終えた神野を尾行。神野が向かったのは横浜市内の自宅ではなく、六本木だった。神野は、裏路地にある建物の地下へ姿を消す。京極たちが神野の後を追うと、そこにはクラブとメイド喫茶が並んでいた。神野がどちらの店に入ったのか分からなくなった京極たちは、刑事の勘でメイド喫茶に踏み込む。しかし、そこに神野の姿はなかった。メイド喫茶の雰囲気にまったくついていけない京極は混乱し、またしても大騒ぎを起こしてしまう。

神野が行ったと思われるクラブ「リアルマンティス」は、会員制の店だった。しかし、それは表向きで、裏では格闘家を戦わせて賭博を行う、違法の“ファイトクラブ”を開催する場所と分かる。神野は、賭博に関わっている可能性があった。神野への疑惑は、ますます深まるばかり。
京極たちは、リアルマンティスに潜入して神野を待ち伏せすることに。しかし店に入ると、亮太と若山がファイトクラブの参加者としてリングに上げられ、二人は戦うハメに。そこに警視庁の刑事たちが踏みこんできて…。

7話では神野本部長(小日向文世)の正体を追います。本部長室ではあらゆる場所の監視カメラが設置されており、警察官たちを監視している。そして京極を妙に寵愛する人物。直属の部下である松浦(藤木直人)でさえ、『あの人には関わらない方が良い』と言っており、このシリーズ最大の謎の人物。恐らく今回では正体が明らかになることはないでしょう。前シリーズでの遠藤(佐野史朗)も同じように序盤から明らかに怪しいキャラでしたが結局黒幕で逮捕、今回も神野が黒幕である可能性が非常に高いので最終回まで素性が明らかにならないと思われます。

スポンサーリンク

フォローはこちらから