ドラマ【家政婦のミタゾノ】のキャストやあらすじ!パロディと思いきや反響が凄いことに…

%e5%ae%b6%e6%94%bf%e5%a9%a6%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%82%bf%e3%82%be%e3%83%8eドラマ【家政婦のミタゾノ】のキャストやあらすじ!

10月21日に1話が放送された【家政婦のミタゾノ】。

そのタイトルと松岡さんの女装で早くもネット上では話題となっています。

しかし放送終了後の感想は意外なものでした。

面白い!

パロディでよくある『笑えるシーンはあるけどストーリーが…』と言うパターンではなく、純粋にドラマとしても面白いというのです。

そしてキャストがガチ!

ゴールデンの連ドラで活躍するキャストが普通に揃っています。

3話ではなんと夏木マリさんが出演するそうです。

【家政婦は見た】や【家政婦のミタ】のパロディだと高を括って面白半分で見た方が大半を占めていたと思うのですがこのドラマ、相当高評価ですね。

視聴率も1話は8.2%と深夜とは思えない高水準でした。

23時台のドラマで10%という高視聴率を叩き出す日も遠くない気がします。

今回はこの【家政婦のミタゾノ】のキャストやあらすじについて書いていきます。

スポンサーリンク

【家政婦のミタゾノ】のキャスト

松岡昌宏(役:三田園 薫)

%e6%9d%be%e5%b2%a1%e6%98%8c%e5%ae%8f

三田園 薫……松岡昌宏

家政婦紹介所に所属する派遣家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているかわからない不気味な面もあるが、家事のスキルはプロ級。掃除・洗濯・料理すべてにおいて卓越した能力を見せ、そのスキルの高さゆえ、派遣先の家でも信頼を得るのが早い。しかしひとたび、派遣先の家庭が隠している“秘密”に気付いてしまうと、それを暴きたくなってしまい、誰にも気付かれないうちに周到に罠を張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく。

まず家事スキルの高さ。松岡さんが料理が得意なのは皆さんご存知かと思いますがそのイメージ通り、家事スキルが尋常ではありません。主婦の豆知識的な部分も楽しめるので見て損はないでしょう。そして彼女(彼)を雇ってはいけないという逆転の発想。1話でもミタゾノさんを雇ってしまった都知事(板尾創路)は汚職を暴かれて失脚しました。しかし、そこには家族の抱える根本的な問題を打ち崩すという一面もありました。お金はあるけど冷たい家庭→お金はないけど暖かい家庭へと変え、結果幸せになっちゃったパターン…恐るべし家政婦です。

清水富美加(役:花田えみり)

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%8c%e7%be%8e%e5%8a%a0

花田えみり……清水富美加

家政婦紹介所に所属する派遣家政婦。三田園とペアで依頼人の家に派遣されることが多いため、三田園の神出鬼没さや不気味さ、家事スキルの高さを一番近くで目の当たりにしている。なぜ彼が女性の格好をしているのか、そして他人の家の事情に首を突っ込みたがるのかが不思議でたまらない。

仕事は出来る方ではなくミタゾノさんに家事を教わる事も多いえみり。一緒に派遣されて振り回されます。セカムズで見せた顔と近く、イメージピッタリのハマり役だと感じます。ミタゾノさんの秘密を暴くのはえみりなのか?

余 貴美子(役:結 頼子)

%e4%bd%99-%e8%b2%b4%e7%be%8e%e5%ad%90

結 頼子……余 貴美子

三田園たちが所属する家政婦紹介所の所長。三田園が毎度毎度依頼人の秘密を暴いてくることにハラハラしながらも、その秘密を聞くのを楽しみにしている部分も…。三田園が女装している事情も知っている…?

家政婦紹介所の所長。家政婦のミタでいうところの晴海所長(白川由美)の立場であり、ミタの時と同じく主人公の秘密を知る唯一の人物。基本的に放任であり、ミタゾノが暴いてくる顧客の秘密を面白がりながら見ている。

柴本 幸(役:藤川 蘭)

藤川 蘭……柴本 幸

家政婦紹介所に所属する派遣家政婦。不幸な人生から逃げ出して頼子のもとに辿り着いた。他人の不幸話、有名人のゴシップネタが大好物である。

『ドクター調査班』の琴塚七海役や『Nのために』の宮本由妃役で知られる柴本 幸さん。チョコラBBのCMなどにも出演されています。家政婦のミタゾノではまだ出番が少ないですがこれからちょこちょこ出てくる役です。

堀田 茜(役:有沢春希)

有沢春希……堀田 茜

家政婦紹介所に所属する派遣家政婦。若手ながらにお金に苦労し、いくつも修羅場を重ねた末に、頼子に拾われた。紹介所での噂話や悪口が大好物である。

前回クールの『ノンママ白書』にて山田月役で出演していました。全日本国民的美少女コンテスト出身で朝の情報番組『ZIP!』のZIP!ファミリーとしても知られています。去年立教大学を卒業し、本格的に女優デビューとなります。

平田敦子(役:阿部真理亜)

阿部真理亜……平田敦子

家政婦紹介所に所属する派遣家政婦。紹介所唯一の既婚者であり、長年の家政婦経験により、膨大な情報量と幅広い人脈を持っている。あらゆるジャンルの最新のトレンド情報にも長けている。

見た目のインパクトが強いので気付いた方も多いと思いますが前回クールの『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』にて織田課長(遠藤憲一)の奥様として出演されていました。

【家政婦のミタゾノ】のあらすじ

【家政婦のミタゾノ】は基本的に1話完結のストーリーとなります。三田園が家政婦として派遣された先で起こった事件を痛快に解決していくという気持ちの良い話ですが、しかしミタゾノさんは依頼者からすると正体が暴かれてしまう危険な存在なので”絶対に呼んではいけない家政婦”です。

1話では…

とある住宅街にある豪奢な一軒家――そこは現職都知事・小津鮫洋一郎(板尾創路)が家族とともに暮らす自宅。ある日そこに新しい家政婦がふたりやってくる。
花田えみり(清水富美加)、そして思わず凝視してしまうほど大柄な女、三田園薫(松岡昌宏)。実は、三田園にはある秘密があった――そう、彼女は家政婦ではなく“家政夫”…。男性なのだ。

小津鮫には妻の清美(赤間麻里子)、息子の直太朗(柾木玲弥)、娘の美帆(畑芽育)という家族が。彼らは一様にプライドが高く、そして三田園たちをバカにするような態度をとっていた。
しかし三田園たちがまさに家事を開始しようとしたそのとき、小津鮫の運転手が誤って小津鮫のシャツにコーヒーをこぼしてしまう!「今日はどうしてもこのシャツでなくてはいけない」と怒り狂う小津鮫を横目に、三田園は救急箱と食器用洗剤であっと言う間にコーヒーのシミを消してしまう!それが結果的に、三田園の評価を上昇させることに…。

その直前、実は小津鮫の元に「都知事選出馬を取り止めろ」という内容が書かれた脅迫状が届いていた。しかもどうやらこれが初めてではない様子。それを知った三田園はゴミ置き場に置かれたゴミ袋を漁り、小津鮫家の内情を探り始める…。

ある日、清美から小津鮫への届け物を頼まれた三田園は、その中身をこっそり覗き見。すると、そこには30億円を超える不正献金と思しき裏帳簿が記されていた…。さらに、清美の衝撃的な秘密も知る三田園。次々明らかになる小津鮫家の闇を知り、三田園はある罠を仕掛け…。

結果、ミタゾノさんは小津鮫知事の悪事をリークして失脚に導き、家族は一度は崩壊したものの、出て行った奥さんや子供達が帰ってきてこれから貧しいながらも幸せになりそうなラストとなりました。

そして1話に隠されていた真実として『小津鮫』と『舛添』がアナグラムになっていました。気付いた方も多いかもしれませんね。今回のクールは家政婦のミタゾノにしてもドクターXにしても舛添批判が多いですね。それだけ注目を浴びて使いやすいネタなんでしょうけどちょっと古いところが…後半あたりで小池都知事も出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローはこちらから