ドラマ【そして、誰もいなくなった】黒幕は伊野尾慧演じる日下瑛治で決まり?

そして誰もいなくなった

ドラマ【そして、誰もいなくなった】の真犯人!黒幕は日下瑛治で決まり??

5話で衝撃の展開を迎えたそし誰。

6話からは第二章に突入し、藤堂新一(藤原竜也)が変貌を遂げます。

大学時代の友人、小山内保(玉山鉄二)が『俺は新一に殺されるのか?』と言っており、今まで怪しい動きをしていた小山内が追い詰められる側に!

そして新一から母の携帯に届いたのコンピューターウィルスとは…

そのウィルスを解析していた職場の後輩、五木は『藤堂ー!!!』と職場で悔しがる。

これらの様子は次回6話のあらすじにも書かれていました。

新一(藤原竜也)が友人や家族の前から姿を消して一か月が経った。株式会社L.E.Dでは、五木(志尊 淳)田嶋(ヒロミ)が役員から激しく叱責されていた。新一が開発した「ミス・イレイズ」のプロテクトを外すことができずプロジェクトが滞ってしまっていたのだ。新一以外にプロテクトを外せる人間がおらず、窮地に立たされた五木はあてもなく「新一を探す」と言い出ていった。

新一が姿を消したのと同じころ、ヘルパーの弥生(おのののか)も行方不明となっており、早苗(二階堂ふみ)は、弥生の代わりに万紀子(黒木瞳)の身の回りの世話をしていた。そこに、小山内(玉山鉄二)が現れる。その日は万紀子の誕生日だと言うのだ。そのとき万紀子の携帯に新一からメールが届く。メールにはビデオメッセージが添付されておりそこには「ミス・イレイズ」の文字が書かれていて――。

万紀子と別れ2人きりになった小山内と早苗の元に、新一を探して五木がやってくる。万紀子に届いた新一からの「ミス・イレイズ」メールのことを聞いた五木は、プロテクト解除のヒントがあるのではないかと考え、早苗からそのメールを転送してもらう。会社に戻った五木は早速プロテクトを解除するために作業に取り掛かるが、解除成功かと思われたその時、見たこともない光景が五木を襲うのだった。

バー「KING」が1カ月ぶりに店を開け、そこに小山内が日下(伊野尾慧)を訪ねてくる。小山内は日下から新一の居場所を聞きだそうとするが、日下は知らないと言う。小山内は店が閉まるのを待って日下の後をつけようとするが、突然背後から襲われて気を失ってしまう。意識を取り戻した小山内は、手足を縛られ真っ暗な空間に閉じ込められているのだった…。果たして、小山内の運命は!?

小山内を後ろから襲い、監禁したのは馬場。

それを指示したのもウィルスを送ったのも恐らく新一でしょう。

1か月の間に一体何が起こったのでしょう。

日下はこの1か月のことを『思い出したくもありません。』と言っています。

日下が言う通り完全に人格が変わってしまったのか、それとも何かの狙いがあるのか。

というわけで本題なのですが、『黒幕は日下瑛治?』と思える状況があまりに多いのでその辺を詳しく紐解いていきます。

スポンサーリンク

ドラマ【そして、誰もいなくなった】の真犯人!黒幕は日下瑛治で決まり??

5話で日下が人質になったのは自作自演?

このドラマは1話で屋上のシーンが映され、2~4話ではそこまでの経緯が語られるというスタイルです。

その1話と5話で出てきた屋上のシーン。

新一が黒幕と思しき犯人と無線で話をします。

その犯人に人質として捕えられた日下が撃たれ、その音を聞いた新一が取り乱すというシーンがありました。

しかし、その後再会した日下は『犯人はお面をしていたからの顔は見ていない。』『撃たれたのは手だけ。』

これって怪しいところですよね。

自分の手を自分で撃って何食わぬ顔で帰ってくるという推理系で良くある自作自演なんじゃないでしょうか。

音声を変えた犯人の声も喋り方が伊野尾くんとしか思えない素人感ある話し方なんですよね。

拘束の瞬間が怪しい…

二人が拘束された時、日下の部屋のガラスが割れる音と共に煙幕のようなものが投げ込まれました。

そして新一が気付くとあの白い部屋に監禁されていたわけです。

その煙幕が投げ込まれた時、日下はちょうどタイミング良く新一のいた場所から離れていました。

あの位置関係なら自分で窓際へ行き、ガラスを割って睡眠導入系のガスを噴射するのも可能です。

犯人が走ってくるような音や声などの描写が一切なかったのも怪しいポイントです。

新一の指紋を採取した話って…

4話で新一の飲み終えたグラスをビニール袋で回収して斉藤に送りました。

このグラスについてはまだ謎なんですが新一を助けて匿ったりしている時とは違う顔でした。

小山内が日下に頼んで指紋を採取したというような流れでしたがそもそも新一への裏切りであることは間違いなさそうです。

小山内の目的が見えてこないのでそれ次第なのかもしれませんが…

優しいマスクは仮の顔?

日下

『俺は藤堂さんを信じます。僕も藤堂さんと同じなんです。持ってないんです、パーソナルナンバー。だから法律的には僕も世の中に存在してないはずの人間なんです。』

『売っちゃいました。サクッと。高校を卒業する前に家を出たんです。やっべー。滅茶苦茶金がねーなー。っていう時に悪魔に耳元で囁かれたみたいな。』

『生まれた時とは違う名前です。でも気に入ってますよ、日下瑛冶。他人に押し付けられる物より自分が決めた名前の方が気持ち良いんだなーって気が付きました。二人で考えてみます?藤堂さんの新しい名前。』

このあたりの台詞に違和感を憶えました。

まず『他人に押し付けられる物より自分が決めた名前の方が気持ち良いんだなーって気が付きました。』という台詞。

名前を付けるのは基本的に親ですよね、それを『他人』と言っている部分が引っ掛かります。

高校時代に家を出ていることからわかるように、日下の少年時代には何かが隠されていると思われます。

そんな彼が何故現在のように温厚で優しい性格になったのか…これは仮面を被っていてもおかしくないなと思います。

まとめ

  • 俺は藤堂さんを信じます
  • 藤堂さんのお蔭なんです

まるで全幅の信頼を置いているかのような台詞の多い日下瑛冶。

ですが裏では新一を裏切るような行為もしています。

新一の前では仮面を被っているわけです。

そして状況的にパーソナルナンバーを失った4人の中に犯人がいる可能性が高いですよね。

犯人役ならばジャニーズも納得の配役でしょう。

伊野尾慧演じる日下瑛冶が犯人説、信じるか信じないかは…