家売るオンナ【万智の身の上と二人の女単が落ちたあの話】5話あらすじと感想まとめ

家売るオンナ

家売るオンナ5話のあらすじと感想まとめ

今回は『家売るオンナ』の5話あらすじと感想について。

家売るオンナ4話までのお話

北川景子さん演じる三軒屋万智が卓越した思考で家を売りまくる中、周りの社員たちは振り回されっぱなし。

4話では実は万智には結婚願望があったことが判明。

婚活パーティの帰りに一緒に参加していた課長の屋代(仲村トオル)が酔っぱらって万智にキスしてしまいました。

しかもそれを万智への想いに悩む庭野(工藤阿須加)に目撃されます。

上司二人がデキていると勘違いしたまま気まずい職場環境の庭野。

彼の想いは万智に届くのか。

そして家を売る事に全てを掛ける万智の結婚という夢は叶うのか、その辺も今後注目です。

家売るオンナの視聴率は…

  • 1話…12.4%
  • 2話…10.1%
  • 3話…12.8%
  • 4話…12.4%

民放トップを独走態勢の水曜ドラマ『家売るオンナ』。

2位の『仰げば尊し』との差は1%以上開いています。

しかし、仰げば尊しはラストに感動の演出が待っている事が既に判明しており、最終回は突出した高視聴率が見込まれていますので、そこまでに差が詰まると2位陥落も十分にあり得ます。

『GO!』などキャッチーなセリフも演出的に単調になる要因になるので視聴者に飽きさせない圧倒的なストーリーと演出が期待されます。

家売るオンナ5話動画

5話動画はこちら(放送から1週間配信)

スポンサーリンク

『家売るオンナ』5話あらすじ

庭野(工藤阿須加)は勝ち気なフリージャーナリストの独身女性・日向詩文(ともさかりえ)を担当。一方万智(北川景子)は出版社の校閲部で働く地味な独身OL・草壁歩子(山田真歩)を担当する。

女単(=女性単身客)の相次ぐ来店に「まだ若いのに何が悲しくて一人で家を買うのか」と噂する営業課メンバーたちを、万智は「独身者を結婚というゴールに向かう道半ばの中途半端な人間だとするのは間違っている!」と一蹴。

その頃庭野は、万智そっくりの強気な詩文に振り回され、家探しは難航する。詩文がようやく気に入った物件は、万智の客・歩子が申し込みを進めようとしていた物件で…。しかも2人は同じ会社に務めており、犬猿の仲だと発覚。タイプの違う独身女2人が同じ部屋を巡って対立する!万智に仕切られっぱなしの庭野は、万智に勝ちたいと立ち上がり、詩文と歩子2人に自分が家を売ろうと決意するが…。果たして、独身女の家探しに出口は見えるのか!?

2人の女単が希望するマンションで退去予定のある人を探し出した。

これで二人分の契約が取れると思った庭野だったが…

詩文は貯金もなく70歳までローンが続くと不安、歩子は貯金を全て頭金に使ってしまうと不安、という理由で二人とも契約を破棄してしまった。

せっかく自分で考えて万智のお客さんまで取る覚悟で臨んだのに…と落ち込む庭野。

そんな庭野を万智はそれぞれの職場に連れて行き、アリとキリギリスの話をさせた。

校閲の歩子はアリ。

『今こそ自分の勤勉さを誇りに思う時です。』

ジャーナリストの詩文はキリギリス(コオロギ)。

『人生を桜花して下さい。苦しくなったら売ればいいのです。』

こうして万智は両方の契約を取った。

全てがまとまった後、雨の軒下で万智はホームレス時代のことを庭野に語った。

『雨をしのぎ、風を防ぐことができることは素晴らしいことよ。』

万智は高校二年で両親を亡くし、身寄りもなく、父の借金だけが遺った。梅雨の時期、肺炎で保護されるまでの一週間を公園で暮らした。

3年にも感じるほどに長かったという。

あの時ほど辛いと思うことはなかった。

こういった心の痛みが今の万智のルーツとなっているのかもしれない。

万智は去年借金を返し切った。

『家売るオンナ』5話みんなの感想まとめ

オタクに目覚めた可能性もありますよね。アリのように働いて家を買って花開いたとか…

このタイミングで校閲ってすごい仕事だなーと思わせる演出。絶対秋クールへの誘導狙ってますよね。同じ日テレですし。

ここ2話で女性らしさの部分が見えて来ましたね。実際の職場に白洲美加がいたらウザすぎてキツイですが。

二人のストーリーをまさかアリとキリギリスでまとめ上げるとは思いませんでした。

女単ってあまり言いませんよね。

見やすさがダントツですよね。GOGO言い過ぎな気もしましたがポケモンGOでも意識してるんでしょうか。

『家売るオンナ』6話ネタバレ

万智(北川景子)の登場で新宿営業所トップの座を奪われ、人知れず苛立ちを感じていた足立(千葉雄大)は保険会社からヘッドハンティングを持ちかけられる。そんな時、かつて家を売った幸せな一家の主で老舗和菓子屋の頭首・宮澤和之(東根作寿英)が再び足立の元を訪れる。

再会を喜ぶ足立だったが、宮澤からなんと愛人の礼央奈(小野ゆり子)のためのマンションを買いたいと相談されショックを受ける。一方、万智は殺人事件のあった事故物件を担当し、嫌がる美加(イモトアヤコ)を引き連れて泊りがけで現地販売会をする。

事故物件の家なんて欲しい客はいないと言う美加だったが、万智には秘策が…。庭野(工藤阿須加)は、「お隣さんが普通の人なら家を買いたい」という客を担当し、ついに家が売れそうだと張り切るが、なんとその隣人は女装癖のあるおじいさんで…。客の幸せを壊すような家探しに疑問を感じる足立は、ヘッドハンティングに心が傾く。そんな時、足立の元に宮澤の本妻・昌代(田中美奈子)が押しかけて来て会社は修羅場に…!!。さらに「愛人に家を売るな」と言う本妻に万智が物申す!?台風が近づく中、営業課も大荒れの予感!

6話のゲストは東根作寿英、田中美奈子、小野ゆり子。

ブラック足立王子(千葉雄大)の動きに注目です。