ドラマ【99.9】感想!最終回に納得できた?不満噴出な理由は松潤が弄ったシナリオ?

99.9第1話

ドラマ99.9に不満噴出?理由はやはり松潤が個人的に弄ったシナリオか?

先日、『松潤の台本書き換え問題』で称賛する者と批判する者に真っ二つに分かれた。

それ以外のツイートは数千ふぁぼなのにこの二つだけ圧倒的な数字となっています。

ファンとしては『ドラマの為にここまでしてるんだ』という想いがあるのでしょうが制作側としての意見は正反対。

『なぜ素人が脚本に手直ししてそれがまかり通るのか』『テレビ局がジャニーズの下請け状態』と批判が殺到。

このあたりにも注目しながら最終回を観てみた。

スポンサーリンク

99.9最終回の感想

まずはツイートがガチすぎると話題になった金爆の歌広場さんのツイートから。

確かに99.9%有罪の日本の刑事裁判で10回連続で無罪にしてしまったら確率も変わりますよね。

セカムズの大野くんも9話で『絶賛収録中』って言ってましたね。

ドラマの撮影ってそんなに押すもんなんでしょうか。

これよく発見しましたよね。

みんな嵐のドラマのキャラだったなんて…

唐辛子以外気付きませんでした。

ドラマ中にいろんなところに集中して観ている方はすごいですね。

まさかの逆転裁判ネタまで!

でも今回のクールのアニメは日テレだったはずじゃ…

普通に『グッドパートナーのつくもさんと同じ名前だー』と思って観てましたがまさかの下の段に『.9』が隠されてたんですね。

小ネタが随所に散りばめられており、ファンとしては面白みがありました。

しかし結局ストーリー的には箇条書きのような、追記だらけのメモ書きを見せられたような、パッとしない終わり方でした。

結局深山の父の事件については暗い過去という話で終わってしまいました。

15分延長したならもうちょっとエピソード性を強くして欲しかったです。

スイーツ真壁とか後ろに映ってるくらいで良かったんじゃ…

映画化が熱望される99.9ですが最終的に視聴率は20%には届きませんでしたし希望は薄いかなと。

嵐の松本潤を観たいという目的なら良かったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローはこちらから