火の粉最終回9話『ラストは最悪!でも総評はお気に召した!』みんなの感想

スポンサーリンク

火の粉最終回9話『ラストは最悪!でも総評は最高!』みんなの感想

火の粉変更

ドラマ『火の粉』が9話で最終回を迎えました。

原作では勲が武内を殺して終わるのですがドラマではまさかの自殺エンド。

しかもCMを挟んで何のセリフもなくただソファで動かなくなった武内を一家がじっと見ているというシーンで終了。

『え?これで終わり?』という感じの終わり方でした。

もちろん原作ファンは不満が爆発。

しかしドラマの総評やキャスト、演技に関しては◎という意見がほとんどでした。

最終回を迎えた火の粉のみんなの感想をまとめていきます。

主に原作ファンの批判的なみんなの感想

やはり原作ファンからするとあの胸糞悪いラストをご所望だったようでドラマのラストシーンは不満だったようです。

なんだか武内が可哀想な感じで終わってましたので…

ちょっとニュアンスが違い過ぎた気がします。

ドラマとしての出来は最高!肯定的な意見

総評としてはかなりの高評価でした。

あのドキドキ感、怖さ、切なさ、ユースケサンタマリアさん演じる武内には負の感情が渦巻いていました。

そして梶間家は信頼と不信で混乱し恐怖へ変わる…このサイコな怖さは下手なホラーでは味わえませんよね。

キャスト、話の面白さ、引き込まれ方、どれを取っても良いドラマだったと思います。

次回同枠の番組は『2016夏ドラマ一覧』でチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

フォローはこちらから