ラヴソングが遂に打ち切り決定?7話で発見した不自然な展開

スポンサーリンク

ラヴソングが遂に打ち切り決定?7話で発見した不自然な展開

ライヴ

月9『ラヴソング』遂に打ち切りフラグが!

日曜9時からの『OURHOUSE』と木曜10時からの『早子先生』の打ち切り報道があったその週放送の『ラヴソング』で打ち切り決定とも取れる不自然な展開を発見してしまった。

ラヴソングは初回から視聴率が落ち続けている。

  • 1話→10.6%
  • 2話→9.1%
  • 3話→9.4%
  • 4話→8.5%
  • 5話→8.4%
  • 6話→6.8%

6話までの平均視聴率は8.95%。

これは歴代の月9の中でもワースト。(これまでのワーストは前回の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の9.71%)

既に月9とは思えない視聴率となっている。

そんな中迎えた7話で打ち切りフラグとも取れる不自然な展開を発見してしまった。

7話で見つけた不自然な展開

それはライヴハウスSでの新曲お披露目会でさくらと増村がすれ違いざまに話すシーン。

何の脈絡もなく突如告げられた。

増村

増村『ねぇ、さくらちゃん、喉調子悪いでしょ。少しかすれてたでしょ高音。痛みは?今度病院おいで。俺一応耳鼻科医だからさ。』

このシーンで悟った。

あ、これ病気で歌えなくなるやつだ…多分打ち切りだ…

これは私のツイート。

9時12分につぶやいたものなので予告なども当然まだ見ていない段階だが、この展開は9話で番組終了のフラグだと読んだ。

視聴率の悪いドラマで『生きるか歌うか』という究極の2択を迫られる展開が見えた時点で引き延ばすということはあり得ない。

次回8話放送で宣告をされ、9話で最後のライブという展開だろう。

ここまで視聴率の悪い月9は例を見ないのでどうなるかははっきり言ってわからない。

このいきなりの打ち切りフラグも福山夫婦の家宅侵入のニュースも相まって視聴率が急上昇することもあり得る。

フジテレビは何話まで放送という発表はしない局なので打ち切りという発表はしない。

しかし、9話で終わるような事があれば実質打ち切りということになる。

そのあたりも注目してラヴソングを最後まで見守っていきたいと思う

スポンサーリンク

フォローはこちらから