グッドパートナー3話あらすじ『ヒトコブラクダとフタコブラクダの子供は1.5コブ?』

スポンサーリンク

グッドパートナー3話あらすじ『ヒトコブラクダとフタコブラクダの子供は1.5コブ?』

グッドパートナー

『グッドパートナー無敵の弁護士』3話あらすじです。

前回、娘のみずきを通して夏目(松雪泰子)から咲坂(竹野内豊)の間にちょっとした変化が生まれました。

しかしまだまだ復縁には程遠い2人。

今回は更に元夫婦にとって最大の危機ともいえる事態が起こります。

全ては猫田の案件のせいで…

3話あらすじ

咲坂は焦っていた。

みずきの『ママを選んだらパパとは一生それっきりになっちゃうかもしれないでしょ。』という言葉を気にしている。

咲坂と夏目はみずきの小学校卒業を機にの親権の協議をすることになっていたからだ。

猫田は元家庭裁判所の調査官をしていたカウンセラーを紹介することを条件に咲坂に仕事の手伝いをしてもらうことに。

こうして猫田のヒューガクラウドの案件を手助けすることになった咲坂。

ヒューガ日向クラウドを上場させるというミッションだが、ある問題が発生する。

それは取引先のサンデーメディアサービスが暴力団とのつながりがあるということだ。

その事が知れれば上場はできなくなる。

そもそも何故そんな企業と取引することになったかというと日向社長が通っていたクラブの女の子に手を出し、その旦那に強引に紹介されたのだった。

日向の妻は激怒、物を投げ泣き出す始末。

神宮寺所長に上場は無理だと報告するが、大物からの頼みだから必ず上場させろと言われてしまう。

猫田と咲坂はサンデーメディアサービスとの取引解消に向け動き出す。

契約書には暴力団との関係がわかった時点で契約を解除できるという事項があるが認めさせるのは難しい。

直接出向く猫田、咲坂、熱海の3人。

契約解除の話を持ち出すとかなり威圧的な滑志田(ほっしゃん)とその部下。

突っぱねられてしまった。

一方、夏目は仕事先の岸田法務部長に誘われ食事に行くことに。

辛い物が好きという共通点もあり、良い感じの二人。

咲坂たちは再度サンデーメディアサービスに出向き、契約解除に掛かる清算金は支払うと歩み寄る。

しかし滑志田は高額な機材も購入し人材も雇ったから数億円の賠償金も求めると言う。

咲坂は10年前の雑誌の記事を見せ、滑志田と暴力団のつながりを指摘するがしらばっくれる。

暴力団と関わっている事が分れば賠償金どころではなくなる、清算金で手を打たなければ徹底的に調べると咲坂は強気の姿勢を見せるが滑志田は折れなかった。

咲坂は日向の妻に迫られる。

離婚して慰謝料を取れないかと相談される。

グイグイくる奥さんに咲坂は逃げ出した。

夏目と咲坂は言い争いを始める。

夏目は岸田の体つきが良い事、咲坂は日向の奥さんに迫られて困るとお互い牽制しあった。

夏目が部屋を出ていくと咲坂は腕立てを始めた。

咲坂たちはサンデーメディアサービスについて警察に問い合わせるが証拠が見つからない。

ネットの情報にもブラックリストにも見当たらない。

そこに匿名の封筒が届く。

その中にはみずきを盗撮した写真が入っていた。

咲坂と夏目は誘拐されたのではと心配しみずきに電話するが無事な様子。

写真は『サンデーメディアサービスから手を引け』というメッセージ、咲坂は手を引くと言うが、ボスはただの脅しだと認めない。

夏目は急いで家に帰り夕食を作りみずきと楽しく過ごした。

咲坂が家に帰ると夏目は帰っていく。

『みずき守ってね。』と言い残して。

みんなで協力して不動産登記、車両の登録証明、雑誌の記事を書いた出版社、全て証拠は見つからなかった。

全く手掛かりが出て来ず諦めかけた一同にボスからアドバイス。

『こっちだけ無傷のまま切り抜けようというのは無理だ。』

サンデーメディアサービスとの契約はスタジオ業務の契約、その事業から撤退すれば手を切れる、と日向に進言した。

しかし日向はその事業は主力事業だからやめられない、もう弁護士には頼らないと言われてしまう。

ここで咲坂は弁護士バッジを外した。

『じゃあ日向さん、弁護士としてではなく、一人の人間として話しますね。あなたは商社を辞めて27でこのヒューガクラウドを創られたんですよね。27って言ったらちょうどここにいる熱海君と対して変わらない年ですよ。一番イラつく世代だな。若いくせに覇気のない奴が多すぎる。指示を待ってるだけで自分から動こうとはしない。上下関係もわかっちゃいない。仕事よりも趣味が大切なんですとか言いながら例えば私みたいにオシャレにお金を使ったりもしない。良く思うんですよ。そこにたった一人野心満々なやつがいたらそいつはぶっちぎりで行けるんじゃないかなって。だから僕は日向さんのような人に会うとワクワクするんですよ。毎日20時間も働いたんですって言い切れるところはホントすごい。その年で上場企業の社長になろうとするあなたを僕はホントに尊敬します。でもね、日向さん、上場がゴールじゃないですよね。そこからずーっと走り続けてくんでしょ、あなたは。ネットショッピングを辞めたら会社は終わりますか?あなたの頭の中にはまだ幾らでもアイディアがあるはずだ。守りに入るなんてまだ早すぎますよ。苦しい時こそ攻めて下さい。』

社長、役員たちは立ち上がり、ネットショッピング事業を辞める事を決めた。

サンデーメディアサービスに向かう3人。

ネットショッピング事業から撤退するからこちらに委託する業務は無くなると宣言する。

滑志田は仕方なく清算金を受け取ることにした。

奥さんも日向をもう一度信じることにする…というか上場企業の社長夫人という響きに惹かれた様子。

こうしてめでたく上場を果たすことができたヒューガクラウド。

機嫌の良いボスは雑学を披露する。

『ヒトコブラクダとフタコブラクダの子供は…1.5コブラクダ!』

(実際にはヒトコブかフタコブのどちらかが生まれる)

スポンサーリンク

フォローはこちらから