世界一難しい恋『遂に恋愛モードに突入!遂に告白!』4話動画と感想&5話あらすじ

スポンサーリンク

世界一難しい恋『遂に恋愛モードに突入!遂に告白!』4話動画と感想&5話あらすじ

泣く

世界一難しい恋4話動画はこちら

世界一難しい恋4話の公式動画と感想。

以下はネタバレを多く含みますので動画をご覧になってから見て下さい。

仕事ができないお父さんとデキる息子

零冶の父(小堺一機)は情の人間。

零冶がクビにしたベテラン社員たちにも頭を下げ、不倫で辞表を提出した舞子にも何もしてあげられなくてごめんと謝っています。

零冶の冷酷にも見えるクビ宣告は海外で学んだ経営学でもあり、父という反面教師から学んだ部分でもあるのかもしれません。

『鮫島旅館の危機を救う』とか『鮫島旅館で1からやり直す』といった展開も…無さそうですね。

田中シェフのヘッドハンティングで元に戻った和田との関係

一度はステイゴールドホテルに行くことを決めていた田中シェフを口説き落とした零冶ですが、これにより和田社長との関係は師匠と弟子からライバル関係に戻ってしまいました。

和田が舞子を口説きますが明らかに脈アリな様子。

一度不倫を経験している女性だからこそ、ライバル会社の社長と付き合うというあってはならない関係も受け入れられてしまうのかもしれません。

2話でも和田に褒められてデレデレな様子だった舞子、きっとこの二人は付き合うことになるでしょう。

そして最終回近くで大きな波乱を巻き起こすと予想しています。

零冶はずっとできなかった告白ができた理由

零冶の『お前が好きだ』というストレートすぎる告白は思わず出てしまったんでしょうね。

自分の好きなメダカを美咲も『可愛い』と愛でる様子や思わず近づいて見てしまった純な横顔、素直な零冶には一番言いやすい状況だったのかもしれません。

和田の夕日の見える砂浜でのミッション『子供になれ。感じたことは口にしろ。』というのも効いているのだと思います。

思ったことをそのまま言った結果の告白でした。

ただ美咲が告白されたことに驚くより先に、零冶が告白できたことに驚いている方が先というのはちょっと笑えました。

恋愛に対して恥ずかしいという気持ちで過敏になっている零冶とマイペースな美咲、この二人ならではの順序だったのかもしれません。

5話あらすじネタバレ!いよいよ美咲の答えが聞ける?

次回予告では零冶が『俺は待つのが嫌いだ』と言っているシーンがありました。

いよいよ美咲の答えが聞けます。

公式サイトのあらすじはこんな感じ。

ついに、美咲(波瑠)に「好きだ」と告白した零治(大野智)。

美咲からの答えは「考えさせてください」だった。

なぜ美咲がそんなことを言ったのか、零治には理解できない。

その話を聞いた舞子(小池栄子)は、美咲が零治との未来を真剣に考えた上での発言だと励ます。

しかし、零治は前向きにとらえられない。

数日後、零治は、美咲とエレベーターで二人きりになる。

答えが欲しくて仕方ない零治に美咲は「もう少し時間が欲しい」という。

零治は、ますます不安に。

そんな中、零治は石神(杉本哲太)から、結婚の報告を受ける。

石神は、零治と舞子を差し置いて自分だけ幸せになることを申し訳なく思っていた。

零治は会議で、鮫島ホテルズ金沢で利用頻度の低い託児スペースをなくしてシルバー層向けのサービスに活用するというアイデアを出す。

社員が次々と賛成しているにもかかわらず、美咲だけが託児スペースの廃止に反対。

自分にたてつくような美咲の態度に、「あの堂々たる反対ぶり、美咲は断るつもりでは」といら立つ零治。

彼は、空気を読まない正義感を持つ美咲が小学校の頃の学級委員に似ているから懐かしく思っただけで、恋ではなかったと言い出す。

待たされるのが嫌いな零治の困惑は深まるばかり。

舞子は、現実から逃げてはいけないと零治を諭し、和田(北村一輝)に相談するよう勧める。

零治は、和田に相談することに。

美咲の返事を待つのが辛いという零治に和田は「待っている間に何をするかで恋が成功するかどうかが決まる」とアドバイス。

零治は、今まで学んだ恋愛のスキルを総動員すれば、OKの返事が来る可能性が高くなると考える。
自分のイメージアップのために、美咲たち社員を招いて石神の結婚パーティーを開くが…。

これ、まさかの展開ですね。

零冶でも舞子でもなく石神さんがゴールインとは思ってもみませんでしたw

相手は誰なんでしょう。

出てくる女性キャラと言えば美咲と舞子とまひろくらいなので全く知らない人か鮫島旅館の人でしょうね。

そして最後の『結婚パーティーを開くが…』ということは何か波乱があるんでしょうね。

零冶のフラストレーションが溜まる感じ、気になっているはずの美咲が何で悩んでいるのか。

その辺りが次回の見どころになってくると思います。

次回も楽しみに待ちましょう。