お迎えデス。第2話『福士蒼汰と土屋太鳳が付き合う?』あらすじと感想

スポンサーリンク

お迎えデス。第2話『福士蒼汰と土屋太鳳が付き合う?』あらすじと感想

ナベシマさん

お迎えデス。第2話のあらすじと感想です。

1話では円(福士蒼汰)が幸(土屋太鳳)と出会い、円は幸の元、初めて死神のバイトを経験しました。

ラストシーンでは円が幸にまさかの告白!

死神のナベシマはお似合いだと冷やかしますが、今回更なる急展開。

二人はカップルになるのか、そして円は死神のバイトを続けるのか。

2話あらすじ、ご覧ください。

お迎えデス。2話あらすじ

どういう関係

円は友達の加藤に『あの子とどういう関係?』と聞かれ、『聞いてくる』と幸の元へ。

すると逆に幸は『(前回の告白のこと)どういう意味?』と聞き返される。

円『人生経験が足りない事もわかったし、ここは一つステップアップを目指すのも良いんじゃないかと。』。

幸は開いた口がふさがらない。

こうして口論している元へナベシマとゆずこが現れる。

2つ目の依頼、それは心臓病で闘病の末に亡くなった男の子、和弥を成仏させる事。

14歳の可愛い男の子と舐めて掛かるがこの子が意外に曲者だった。

曲者

優しく接しようとする幸に対して『同情なんかすんなよ。大人はみんな安っぽいんだよ。』と舐めた口のきき方。

幸は早々に『選手交代』と言ってまどかに会話を任せる。

和弥は成仏できない理由はあの人だと看護師の瑞江(比嘉愛未)を指さす。

面倒見の良い瑞江をに減らず口ばかり叩いていた和弥、病院のすぐそばの観覧車に一緒に乗ろうと約束したことが心残りだと話す。

円の憑依を使おうと提案する幸。

更に和弥は大きい垂れ幕にメッセージを用意したいと言う。

こうなると円は瑞江とのデートをすることが必要となるが、円は乗り気ではない。

幸の『もしやってくれたら交際の件考えるから。』という言葉で仕方なく動き出す。

比嘉愛未

まず円は休みを聞き出すことにした。

しかし回りくどい言い方をした結果、看護師になりたいのだと勘違いされ失敗。

本屋に行き、恋愛マニュアル本を買い漁る。

一方、死神会議では一課のシノザキが緒川千里の情報をキャッチ。

二課のナベシマの評価を下げる為に千里の捜索を開始する。

幸が家に帰ると千里は『堤君との事、話そうか』と円との出会いについて語る。

円と千里が知り合ったのは高校の天文部。

千里は星が好きでオリオン座流星群を見る話をしていると円に『もっと条件の良い場所で見ないと。』と二人で流星観察をすることに。

こうして一緒に星を見に行くようになり仲良くなっていったと言う。

幸が円に女の人を誘うミッションをやらせていると知った千里はポルターガイストを起こし外に出て行ってしまう。

幸は後を追うが見失ってしまう…とそこには電話で言い争っている様子の瑞江の姿が。

瑞江は興奮して話しているうちにヒールのかかとが壊れてしまう。

幸は自分の家からスニーカーを取ってきて瑞江に貸してあげた。

次の日、円は新たな作戦として瑞江に採血をしてもらいに行く。

恋愛マニュアルで学んだ褒めちぎる作戦だ。

しかしそこにいた和弥が面白半分で憑依。

憑依しちゃった

『君は僕の血液だけじゃなく、心まで吸い取るつもりなんだね。』など気障なセリフを吐き暴走する。

まどかはそれを阻止しようと抵抗、部屋の外に出てちょうど居合わせた幸にお尻を蹴ってもらい、なんとか憑依を解除した。

そこに瑞江が登場、幸は今がチャンスと見て『あなたとどうしても話したいことがあるみたいなんです、聞いてあげて下さい』となんとか二人で話す機会を得た。

円は『ここでは離せない。観覧車、閉鎖空間の方が落ち着いて話せるんじゃないかと。』と訳の分からない理論を言うが『それだとデートになってしまう。お付き合いしている人に悪いから。』と瑞江に断られてしまう。

その夜、円と幸は作戦会議。

その中で『君にも憑依能力があれば…』という円の言葉に幸は過剰反応。

幸の涙

『出来ればやってるよ!しょうがないでしょ!』と泣き始めてしまう。

幸はもう降りると宣言し、家を出て行ってしまった。

それを見た円の家族はザワザワする。

次の日からまどかは単独で作戦を続行する。

そこで急展開。

瑞江が観覧車に一緒に乗ると言い出したのだ。

『彼氏とは別れたから、それに私もあの観覧車に乗りたかった。』と次の日曜日に約束する。

円は早速幸の元へ行き、デートできることを報告。

幸に昨日のことを謝り一緒に垂れ幕の準備を頼む。

幸は瑞江の元に行き、話を聞くと瑞江の彼氏は海外への転勤が決まり一緒に来てほしいと言われたが看護師の仕事は辞めたくない、そこから喧嘩をしたのだと言う。

その彼氏の海外赴任へ出発する日は次の日曜日、予定を入れて気を紛らわせたいと少し悲しそうな顔をした。

垂れ幕を制作中、幸はどうすべきか悩んでいたがナベシマの説得でなんとか納得した。

デート当日、円は風邪を引いて高熱が出ていた。

予定通り和弥を憑依させた。

和弥は瑞江の携帯を奪い、彼氏に『あんたの彼女はもう俺の物だ。これから観覧車デートだ。』と電話した。

その直後、円は高熱の為、倒れ込んでしまい瑞江が膝枕で看病をしていると瑞江の彼氏が現れた。

まどかは二人の手を引き、観覧者に押し込んだ。

和弥は円に本当の気持ちを離した。

病気が長引き、治る見込みもなかった和弥に瑞江はいつも笑顔で傍にいてくれた。

観覧車の約束をした時も強がって『偽善者。最低の看護師だな。』と言ってしまい、病室の外で泣いている瑞江を見ていた。

和弥はその言葉を後悔していたのだった。

病院の屋上で垂れ幕を待機していた幸から電話が来て状況を説明した。

垂れ幕の内容は二人には邪魔だからもう使えないと幸と和弥は思っていた。

しかし円は『やるよ。やると決めたらやる。邪魔かどうかなんて彼女が決める事だ。どうしても伝えたかった事なんでしょ?』と言い決行。

円はふらふらになりながらも観覧車の放送を使い、瑞江に病院の方を見るように指示。

円『和弥くんからのメッセージです。』

あなたは最高の看護師です

そこには『あなたは最高の看護師です』と書かれていた。

瑞江感動

瑞江は彼氏に『私、その子に何もしてあげられなかった。その子の気持ちを少しも救ってあげられなかった。看護師としてまだまだ、このままじゃ辞められないの。』と言った。

見守る二人

観覧車を降りると円たちの姿は無かった。

瑞江の彼氏は決心した。

『何年先になるかわからない。けど、俺が帰ってくるまで待ってて欲しい。』

二人は強く抱き締めあった。

和弥はナベシマ達に連れられ、ありがとうと去って行った。

円は約束を果たしたが、幸に君への告白を一回取り下げる、まずこのバイトを続けてみようと言うが…

『悪いけど検討の余地はないから。私ナベシマさんが好きなの。』と行ってしまう幸であった。

お迎えデス2話感想

今回のお話も感動を誘いました。

比嘉愛未さんの演技力って本当にすごいですね。

あの人に泣かれるとこっちまでウルウルします。

円は何故恋愛マニュアルを1冊だけ家族の部屋に置いていったのか不思議です。

それを読むお父さんを見てお母さんがちょっと腕を抓るシーンが可愛かったですね。

幸が何故憑依できないことを悔やんでいるのか、それは今後のお話で登場するでしょう。

しかし土屋太鳳さんの泣くまでの早さが凄かった…目薬?

次回はスペシャリストでも好評だった野波麻帆さんのお話です。

そしてストーカー役ではあの騒動を起こした方じゃない元キングオブコメディの今野浩喜さんも出演。

恋愛系なので福士蒼汰さんと土屋太鳳さんの進展があるのか、楽しみです。

スポンサーリンク

フォローはこちらから